綾野剛×宮藤官九郎×石井岳龍。映画『パンク侍、斬られて候』超パンクな特報解禁

かつて“町田町蔵”として音楽活動を行っていたことでも知られる、町田康原作の傑作小説『パンク侍、斬られて候』が、主演:綾野剛×脚本:宮藤官九郎×監督:石井岳龍により実写映画化(6月30日公開)。

主演の綾野剛を筆頭に、北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、村上淳、 若葉竜也、近藤公園、渋川清彦、國村隼、豊川悦司と超豪華キャストが名を連ね ており、はやくもこの夏いちばんの注目作となっている。

キャストたちからは、

「宣伝不可能な映画が生まれようとしています」(綾野)
「きっと、観たこともない映画になっていると思います」(東出)
「世界が跳ね上がる日がたまらなく楽しみです」(染谷)

と、人々の想像を上回る映画になっていることを期待させるコメントなどもあり、ネット上で も盛り上がりを見せている。

そして、ついに待望の特報が完成した。

メイン写真と共に解禁された特報で描かれるのは、走りながら次々と敵を倒していく殺陣を披露する綾野ら【十人の男】と、神妙な面持ちで妖艶とも言い難い謎のダンスを踊る北川の【ひとりの女】、そして将軍の格好をして采配を振る謎の【一匹の猿】というとんでもない12人のキャラクターたち。もう2度と集まれないかもしれない豪華すぎるキャストたちが、宮藤官九郎の脚本と石井岳龍監督による爆裂ワールドで極限の個性を爆発させている。

なかでも思わず目を疑ってしまう姿で登場するのは、“顔と腹にうずまき模様があり、両手を広げた長髪の男”を演じる浅野忠信。たった1秒ほどの映像で衝撃が走る強烈なキャラクターの役どころは、まだ明かされていない。

また、特報の中で異様な存在感を放っているのが“猿”。猿の大群がまるで忍者のように暗闇の中屋根の上を走る、不穏な空気が漂う映像から始まり、猿たちが一斉に挙手をする映像で特報が締めくくられていることからも、この作品で猿が重要なキーポイントになっていることは間違いない。

4月3日には、石井岳龍監督が自身の Twitterで「『パンク侍、斬られて候』仕上げ作業は絶賛佳境中。宇宙が砕けてきました」というコメントからも映画は鋭意製作中だと伺えるが、その全貌は“パンク”な仕上がりになっていることを予感させる特報映像だ。

■映画『パンク侍、斬られて候』、“パンク”な特報の注目ポイント
一、あのキャストがそんなことを…! これまで見せたことのない超豪華キャスト陣の演技に注目!
一から十二まで描かれている個性豊かすぎるキャラクターを演じているのは、日本を代表する超豪華実力派俳優陣。 これまで観たことのない姿を見せているキャスト陣に注目だ。

二、猿に始まり猿に終わる、【猿特報】!? 「人間vs人間vs猿」が意味するものとは!?
暗闇の中、まるで忍者のように屋根をつたっていく猿の大群の映像から始まり、猿たちが一斉に挙手をする映像で終わ る特報。合戦らしきシーンもあることから、人間と猿の戦いを予感させる映像になっている。そして、今回の特報解禁でもその情報が一切明らかにされていない、武将の格好をした猿は何者なのか!?

三、宙浮く豆、謎の踊り、うずまき模様…? まだまだ謎に包まれている“パンク”な世界観に注目!
冒頭の宙に浮かぶ豆や、北川の踊り、そして浅野演じるキャラクターの体に刻まれているうずまき模様。まだ明かされていない物語のキーワードが、特報の中にも見え隠れする。


映画情報

『パンク侍、斬られて候』
6月30日(土)全国ロードショー
配給:東映
(C)エイベックス通信放送


映画『パンク侍、斬られて候』OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/punksamuraifilm

映画『パンク侍、斬られて候』作品サイト
http://www.punksamurai.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人