浜辺美波、LINE MUSIC新CMで「小さな恋のうた」を熱唱!「この楽曲だと知ったときは、運命を感じました」

女優の浜辺美波が出演する「LINE MUSIC」新TVCM「歌う篇」(15秒、30秒)が、本日4月17日から全国で放映がスタートした。

サービス開始時から約3年ぶりとなる今回の新CMでは、「音楽」がイマドキ高校生の自己表現ツールとして重要な存在になってきている背景を受け(※)、LINE MUSICを利用するリアルな高校生の日常を描いている。
※新生活と音楽に関する意識調査(2018年4月12日)より。

高校からのいつもの帰り道、音楽を聴いていた浜辺扮する女子高生の元に、気になっている男の子からLINEメッセージが届く。そのメッセージを読んで、一瞬はにかむ浜辺。思わず、浜辺はイヤホンを通して聴いていたモンゴル800の楽曲「小さな恋のうた」の鼻歌を歌ってしまう。

楽曲がサビに入ると、気持ちの高まりにあわせて、音楽もボリュームアップ。カバンを振りかざす勢いで、高まる彼への想いを歌にのせ、気持ちよく歌う浜辺に注目だ。

CMでは、コミュニケーションアプリ「LINE」メッセージと「LINE MUSIC」を通して、気になる彼を想う、リアルな女子高校生の青春の1コマを再現。「音楽」で、日常の小さな出来事がより楽しく、前向きになる瞬間を表現している。

なお、5月上旬から浜辺に加え、俳優・甲斐翔真を起用した新TVCMも予定。こちらでは、胸がキュンとしてしまう高校生の恋愛模様が描かれる。

■撮影エピソード
桜の花びらが時折舞う、暖かく春ならではの雰囲気の中、撮影を実施。「歌う編」では、浜辺はNGもほとんどなく、スムーズに撮影が進んだ。 歌詞を間違えてしまったテイクでは、はにかみながら「間違えちゃった」と照れ笑いを浮かべる姿が印象的だった。また、恋する様子を体全体で表現し熱唱する姿は、普段の凛とした姿とは対照的な本CM ならではの姿となった。

出演者コメント
■浜辺美波
歌うことは、どちらかというと苦手だったんですけど、今回は大きな声で歌ってみて、想像以上に気持ちが良かったです。
CMで歌っている「小さな恋のうた」は、中学生の吹奏楽部時代にずっと吹いていたので、すごく思い入れのある曲で、この楽曲だと知ったときは、運命を感じました。この曲を歌えて良かったです。
同じ高校生だったり、卒業された大学生、社会人の方だったりも、高校時代を思い出して、思わず見入ってくれるんじゃないかなと思います。

■甲斐翔真(次回TVCMに出演)
「LINE」と「音楽」は誰にとってもすごく身近なもので、僕の友達でもたくさんの人が「LINE」のプロフィールに「いまのきもち」をのせています。
それがこのCMではリアルに描かれていて、人と人との距離を縮める音楽の魅力がつまった、少し甘酸っぱい素敵なCMに仕上がっていると思います。

 


新TVCM「歌う篇」(30秒)
https://youtu.be/CIY-2UjvVKg

新TVCM「歌う篇」(15秒)
https://youtu.be/PzV18ncQaR4

新生活と音楽に関する意識調査はこちら
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2018/2148

LINE MUSIC 公式サイト
https://music.line.me/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人