X JAPANの『コーチェラ』でのステージを米メディアが高く評価!「ビヨンセと同時間帯に相対するにふさわしい」

米国のメジャーパブリケーションであるYAHOO.COM(月間52億PV)が、X JAPANの『コーチェラ』フェス初日について、以下のように伝えている。

【YAHOO.COMの記事】
土曜日の『コーチェラ』で、とてつもなく圧倒的なパフォーマンスをして見せたのは、砂漠の女王“クイーン・ビー”だけではない。メインステージから遠く離れた Mojave Tent(モハーヴェ・テント)では、ビヨンセと同時間帯に相対するにふさわしいパフォーマンスが行われていた。

他にロックアーティストがいない中で出演した、唯一のメタルバンド、X JAPANである。

自らのドキュメンタリー映画『WE ARE X』の中でも描かれたように、2014年にマディソン・スクエア・ガーデンでアメリカ初のギグを成功させた彼ら。日本の魅惑的なレジェンドは、『コーチェラ』の舞台でも、バンドリーダーであるYOSHIKIが奏でるクリスタルピアノに加え、リンプ・ビズキットのウェス・ボーランドとガンズ・アンド・ローゼズのリチャード・フォータスをサポートメンバーに迎え、華々しく、かつ圧倒的なステージを見せつけた。

また、HIDEとTAIJIという、バンドがこれまで失ったふたりのメンバーの映像をホログラムで演出するというひと味違った共演を果たしたのだ。

ビヨンセが見せた大規模なプロダクションや観客数には及ばないかもしれないが、X JAPANの激しく、吹き飛ばされるかのような破壊力のショーには、“偉大”という形容詞がふさわしいだろう。
―米ヤフーニュース

初日の『コーチェラ』フェス出演直後に行われたYOSHIKI CHANNELでは、YOSHIKIが米国から生中継で登場。数え切れないくらいの機材トラブルがあったことを証言しているが、「トラブルも含めてそれも自分たちの実力の象徴」と悔しさを隠しきれないようだった。それでも、今週のコーチェラフェスでは最高のショーを見せると意欲的だ。

今回の『コーチェラ』フェスに関しては、他のメンバーの渡航ビザの問題もあり、YOSHIKIの負担は計り知れない。ただ、米国で行われた今回のコーチェラフェスの初日では「ビヨンセの対抗馬としてふさわしいアーティストであった」などと非常に高い評価を受けており、確実に知名度を上げつつある。

また本日、YOSHIKIは自らのインスタグラムにて、今週の『コーチェラ』フェスでサプライズがあることを公言している。

世界に向かって進化し続けるX JAPANがどんなパフォーマンスを見せてくれるのか期待が高まる。


YAHOO.COMの記事はこちら
https://www.yahoo.com/news/2700927-110925766.html

YOSHIKI OFFICIAL WEBSITE
http://www.yoshiki.net/

X JAPAN OFFICIAL WEBSITE
http://www.xjapan.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人