石川さゆり×SUGIZO×KenKen×DJ RENA×にゃんごすたー。大迫力の「怪物舞踏団」が“ペプシ Jコーラ”TVCMで大暴れ

“PEPSI”の新主力ブランド、“JAPAN & JOY”をコンセプトとした“ペプシ Jコーラ”の発売に伴い、石川さゆり、SUGIZO、KenKenを始めとするあらたなCMキャラクターを起用した、壮大な祭りの世界観をテーマとした新TVCM、ペプシ Jコーラ『怪物舞踏団』篇が、4月17日より全国にてオンエアがスタートする。

新TVCM、ペプシ Jコーラ『怪物舞踏団』篇では、ボーカルに石川さゆり、ギターにLUNA SEA、X JAPANなどのギタリストとして活躍するSUGIZO、RIZEやDragon Ashなどでベースを務めるKenKen、さらに、『DMC World DJ Championship Finals 2016/2017』で2年連続チャンピオンに輝いたDJ RENA、そして青森県黒石市の非公認ゆるキャラで、ドラムの演奏がスゴ過ぎると話題のにゃんごすたーの5名で結成された、異彩を放つ新ユニット、ペプシ Jコーラ“怪物舞踏団”が大迫力の歌と演奏で、“JAPAN & JOY”をコンセプトとした“ペプシ Jコーラ”の世界観を表現する。

“ペプシ Jコーラ”は、葛飾北斎の浮世絵をモチーフにした波柄のパッケージで、コーラシーンにぴったりな躍動感・爽快感のある“JAPAN & JOY”を表現。本CMでは、まさにその世界観が映像化されており、モンスタートラックに組まれた“やぐら”でのバンドパフォーマンスと、約150名のダンサーの演舞が大きな見どころとなっている。

ペプシ Jコーラ“怪物舞踏団”の衣装は山本寛斎によるデザイン。大波の模様があしらわれた石川さゆりの衣装をはじめ、“祭り”を想起させる大漁旗をイメージしたメンバーの衣装、さらに約150名のダンサーは「万祝(まいわい)」という漁師の晴れ着をイメージした衣装を身に纏い、壮大なスケール感でありながらも完成度の高い映像美へといざなう。

CM内で流れる楽曲は、SUGIZOと作曲家の菅野よう子との共作によるもので、 SUGIZOいわく「祭り」「トランス」「サイケデリック」そして「歌舞く(かぶく)」、の4つのポイントにこだわり、あらたに作曲・編曲されたもの。そこに石川さゆりが渾身の魂を込め、命を吹きこんだ躍動感溢れる歌声にも注目だ。

■撮影エピソード
運動場のようにどこまでも平らで広大な敷地の中央には、まるで現実世界ではなく、異空間に紛れ込んでしまったかのような世界感で作られた巨大な「やぐら」が重厚な出で立ちで佇んでいた。それは、夏になると見かける一般的な「やぐら」とはだいぶ違い、人の身長と同じくらいの高さの巨大なタイヤを持つ大迫力のモンスタートラックとトレーラーの上に組み上げられたもの。そのデコレーションも非常に独創的で、例えるならば“お祭り”と“大漁旗を掲げた粋な漁船”が融合したかのようなイメージ。そしてその周りを囲む約150名のダンサーたち。CMで使われる音楽が流れると一糸乱れぬ勢いで踊り進む。

リハーサルも終わり、いよいよ「やぐら」の上に石川さゆり、SUGIZO、KenKen率いるペプシ Jコーラ“怪物舞踏団”のバンドメンバーが乗り込む頃にはすっかり日も落ち、暗闇のなかでライトアップされた「やぐら」は、彼らの存在感や衣装の迫力も手伝ってか“ただならぬ雰囲気”がさらに醸し出される。

撮影が後半に入る頃から冷たい雨が降り、ペプシ Jコーラ“怪物舞踏団”のバンドメンバー、ダンサーたちも雨に濡れながらの撮影となったが、逆に鬼気迫る勢いが現場にも伝わってくるようだった。

打ち上げられる花火(※CGではありません)、青い炎を吹き出しながらゆっくりと進む巨大「やぐら」、流れる大迫力のロックサウンド、そして豪華キャスト陣。どこを取ってもあまりに壮大なスケールで、自ら作り出しているスタッフも思わず圧倒される現場となった。

ちなみに、本来は赤い色をしたキャラクターである“にゃんごすたー”が、今回はペプシ限定の「ブルーVer. 」で登場しているのも見どころのひとつだ。

■ペプシ Jコーラ“怪物舞踏団”スペシャルチーム、団員募集!キャンペーン
“コーラ好き”のための日本オリジナルブランド“ペプシ Jコーラ”誕生にあわせ、ペプシ Jコーラ“怪物舞踏団”スペシャルチームを全国8エリアで結成。その団員(踊り子)が4月17日から募集される(北海道エリアではすでに3月27日から募集中)。

ペプシ Jコーラ“怪物舞踏団”スペシャルチームは、対象エリアに住む人々を中心に構成される特別チームで、エリアごとに計8チームが編成される。チームは各エリアのよさこい祭り(下記に記載)にエントリーし、演舞を披露、各地のお祭りの盛り上がりに貢献していく。

チームごとのスペシャルサポーター(下記に記載)もペプシ Jコーラ“怪物舞踏団”スペシャルチームの一員として参加。一緒にチームを盛り上げていく。詳細はキャンペーンサイトをチェックしよう。

石川さゆり、SUGIZO、KenKen インタビュー
Q.ペプシ JコーラのCMを撮り終えての感想を教えてください。

KenKen(以下、K):いやもう、ダンサーの方たちがいちばん大変だったと思いますね。彼らが風邪をひかないといいなと思っています。けど光栄です。
石川(以下、I):私はあんな高いところで(歌ったので)。外ってやっぱり気持ちがいいなと思ったのと、それからやはり皆さんのすごいエネルギー、そういうものがお伝えできればいいな、というのと、それからひとつのコマーシャルをつくるのにもちろん、SUGIZOさんもKenKenさんもそうなんですけど、踊り手の方たちも150人を超える方たち、それからスタッフの皆さんがそれを上回る人数の方がウワ~っと広いところをね、走り回ってひとつの作品を作ってらして、それが私、とっても高いところで歌っていたので全部見渡せて、それに感動しちゃって。これがお伝えできればいいなって思いました。

Q.下から見るよりも随分高い位置だったと思いますが、恐怖心はありませんでしたか?
I:あまり高いところが怖くなくて(笑)。風の強さとか、自然をそのまま体感できて。またそんなところで歌う機会がないので「うんうん、そうか。こう言うことか!」と思いながらね。楽しかったです。
SUGIZO(以下、S):本当に、ひとつのCMにこの規模というのが、今の日本で可能だったのかと。ハリウッドならまだしも、日本で今2018年にこれができるってことがまず驚愕でした。またそれ以上に石川さんがおっしゃったように、150人のダンサー、そしてそれを超えるような人数のスタッフの皆様の情熱、愛情、これに懸けてる熱意がとてもビシビシ感じられて。恐らく皆さんの情熱、リアクションする僕らのモチベーション、それを悪天候が遮るように、すごいキツい、過酷な状況を僕らに叩きつけてきたので、それに負けじと全力で打ち込んだので、恐らく皆すごい険しい表情を…(笑)。
K:逆に良かったんじゃないかなとはね。迫力に繋がったかと思うしね。
S:いちばん僕らの大切なヨリのシーンで、ふたりとも髪の毛はグッシャグシャでね(笑)。
K:もう前見えてなかったから(笑)。
I:まぁ、いろんな日があるんですよ~(笑)。
S:天候も含めてとてもドラマチックな撮影ができたんじゃないでしょうか。

Q.CMの見どころは?
I:それは逆にテレビからどれくらい飛び出して、皆さんにそれが伝わるかなって言うのが。撮影現場はもう、本当にカメラに収まっている皆さんだけじゃなくて、スタッフの皆さんがウワーって走り回っていて、もうすっごいエネルギーだったので。それを少しでも感じていただければうれしいです。
S:そう。これはね、CGじゃないんですよ。恐らく観た人はCGで作ったと思っちゃう。これをちゃんと生で、実際リアルに撮っているってことが、やっぱりすごい重要な見どころだと思います。
K:実際、多分まだ全貌がわかっていない気がするんですよね!(撮影時は)いちばん前にSUGIZOくんといたので。映像になるのがすごい楽しみです。編集頑張ってほしいなと思ってます。

Q.今年、ペプシは「JAPAN & JOY」をコンセプトに“ペプシ Jコーラ”として生まれ変わりました。印象はいかがでしょうか?
I:やっぱり日本ていうのは海に囲まれた国ですから、そういう意味ではこの「波」っていうのがすごく日本を感じるし、私が今日着させていただいる山本寛斎さんのお衣装も、北斎の波をイメージしていてお作りになっていて。コーラっていうと、日本というより外国のイメージがありますけど、日本から発信するこういうコーラがあってもいいな、そういう時代が来たんだ! って思います。
S:このパッケージが、とっても強く今日の撮影やスタッフ、このチームの意志を現している気がしてとても感慨深いですね。
K:今日は、車もゆっくり動きながらダンサーの方もゆっくり動いていく感じがまた波のようなパワーもあったと思うので、そことリンクしている感じが今すごいします。

Q.今回の衣装は山本寛斎さんのデザインで、伝統的かつ斬新なデザインになっていますが、実際に着用してみていかがですか?
K:最初、画で「大体こんな感じの衣装です」というのを見させていただいたんですけど、ここがこうなっているし(肩が盛り上がっている)どこまで?(と思ったけれど)寛斎さんのことですから、画の時点でもうパワーがすごかったので、それに負けない男でいないといけないなと思ってたんですけど、今日は負けずに着れて良かったなと。ほんと光栄です。このまま帰りたいくらいです(笑)。なんか強くなった気分で。洋服ってそういうパワーがあるんで。着ただけで人が変わったりもできるし。それがすごく寛斎さんのパワーが詰まった服だと思いました。
I:着物を普段歌うとき着てるんですけど、日本のこういう美しさっていうのはすごく大胆なんですよね。日本人て本当はこんな大胆だったりアバンギャルドだったり、すごい面も持っているんだな。奥ゆかしさだけじゃない、そういうものを今回は感じました。
S:僕はもともと寛斎さんの大ファンで。というのもデヴィッド・ボウイが僕の神様なので。ボウイの最も美しい時期の寛斎さんの衣装というのは僕らにとっては伝説なので。その寛斎さんが40年を経た今、なおこういう表現力を持っていて、40年前以上に日本の強さや美しさを世界にアピールできるそのポテンシャルをお持ちなんだと、そのクリエイティビティに感動しました。だから僕としてはいちファンとしてはただただ光栄です。

Q.(SUGIZOへの質問)今回の楽曲を作曲されましたが、こだわった点はありますか?
S:まず「祭り」ですね。キーワードを頂いていて。「祭り」であること。日本の最も強く美しく、そしてハッピーな催し。そこをどう世界に向けてカスタマイズできるかですね。祭りと、そして僕がこだわったのはトランスであること。で、サイケデリックであること。この3つの要素を軸にしながら、この衣装や僕らのメークを見ていただくとわかるように、それをいかにに“粋”に歌舞くことができるか。「祭り」「トランス」「サイケデリック」そして「歌舞く」。その4つのポイントがとても重要で、それを本当に尊敬する石川さゆりさんと、あと旧知の仲であるKenKenと一緒に共演できるっていうことが本当にハッピーで、このメンバーでどうパフォーマンスしたらすごいインパクトを残せるか、ということを軸に作りました。もうひとつ、僕の本当に大好きな尊敬する菅野よう子さんとこの楽曲に関しては共同作業をさせていただいて。僕の中では夢のコラボレーションができて、とてもとても光栄のひと言に尽きるプロジェクトでした。


キャンペーンサイト
https://www.pepsi.co.jp/campaign/j-cola_2018.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人