GReeeeN、謎の外国人“うれD・マーキュリー”が暑苦しく熱唱する『うれD』プロモムービー公開

GReeeeNが、4月11日にニューアルバム『うれD』をリリース。

メンバー全員が歯科医師免許を持ち、医療との両立のため顔を伏せて活動をしているGReeeeNのために、この『うれD』を世に広めるべく、海外から(という設定)ある男がやってきた。

その名は、うれD・マーキュリー (ウレディー・マーキュリー)。

うれD・マーキュリーに扮するのは、その濃い顔立ちと、口ひげでおなじみの、お笑いコンビ・デニスの植野行雄。

そして本日4月11日、うれD・マーキュリーによる『うれD』プロモーションムービーが、YouTubeで公開された。

「ハロー カゲロウ」(フジテレビ系 平昌五輪中継テーマ曲)では、外国人と一緒にカープールカラオケを楽しみ、映画『ママレード・ボーイ』主題歌となっている「恋」では、映画の印象的なシーンのパロディとして、眠っている女性にキスをするシーンに挑戦。

そして昨年、NEWSに楽曲提供し、今作ではGReeeeNがセルフカバーをした「U R not alone」では、圧倒的な(!?)暑苦しさで躍動する。うれD・マーキュリー、話題沸騰必至だ。


リリース情報

2018.04.11 ON SALE
ALBUM『うれD』


映画『ママレード・ボーイ』作品サイト
http://marmaladeboy.jp

GReeeeN OFFICIAL WEBSITE
http://greeeen.co.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人