きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「きみのみかた」MVで初のワンカット撮影に挑戦!「緊張感がやばかったです」

先日、2018年の活動として、1年ぶりの新曲「きみのみかた」を4月11日にデジタルリリースすることや、4度目のワールドツアーのスケジュールを発表し、これまで以上の活躍が期待されるきゃりーぱみゅぱみゅ。

新曲「きみのみかた」は、中田ヤスタカがきゃりーの誕生日プレゼントとして書き下ろした楽曲。過去作同様ポップさを残しつつも、メランコリックさと、きゃりーらしいメッセージ性の強い歌詞が話題になっている。

そして本日、「きみのみかた」のミュージックビデオが解禁となった。

これまでのミュージックビデオの総再生数が4億回を超え、国内問わずつねに話題になっているきゃりー。今作は、デビュー作「PONPONPON」をはじめ、「ファッションモンスター」「もんだいガール」など、きゃりーのほぼすべての作品を監督する田向潤監督と3年ぶりにタッグ。監督の演出コンセプトは、CGをまったく使用せず、きゃりーと黒子扮するダンサーと12台のタブレットを駆使し、歌詞の世界観を、最後までカット割りを行わないワンカットで表現するという内容。

撮影は、タブレット内の事前の素材撮影と、本番撮影という、2日間にわたり行われた。事前の素材撮りの撮影は、「ふむふむでもね」「息苦しい」など、歌詞に合わせたシチュエーションを撮影。水の中でリップシンクするなど、一風変わった現場に。

そして本番当日は、ワンカットという撮影上、ミスがあれば、すべて撮り直しとなり、演者だけでなく、カメラマンやスタッフなどの撮影側も、一瞬たりとも気を抜けない、緊張感のある撮影となった。

特に、黒子扮するダンサー6名は、本番撮影の数週間前から何度も入念なリハーサルを行ったが、本番当日は、想定以上のダブレットの重さや、映像同期の不具合に何度も困惑し、非常に苦労したという。

撮影は、きゃりーを筆頭にチームワークが必要なため、テイク数を必要最低限に抑え集中力を優先しようと試みるが、何度も失敗を重ね、予定していた終了時刻よりも6時間も後ろ倒しに。そして、深夜2時にやっと成功。その成功にスタッフ一同歓喜し、撮影は無事に終了した。

毎回、注目される衣装は、衣装デザイナーの飯嶋久美子が担当、これまでの奇抜なきゃりーらしさも取り入れつつ、少し大人っぽいヌーディーなワンカラーに上質なシルクを使用し、ラグジュアリーなショートパンツスタイルに仕上がった。衣装にあわせて、何度もコレオグラファーのKANNAと相談し、女性らしくきれいに見せる脚の動きや、手の振りにこだわった渾身の振り付けにも注目だ。

田向監督が、これまででいちばん大変な撮影だったという今作。まさしく最高傑作に仕上がっている。

■きゃりーぱみゅぱみゅ コメント
今回のMVは、初めてのワンカット撮影で、少しでも間違えるとやり直しという緊張感がやばかったです。
チームワークが大切な撮影でしたが、みんなで頑張って乗り越えられてよかったです!
タブレットの中の映像が意外と細かい内容がたくさん詰まっているので、何回も観て楽しんでもらえると思います!
振り付けもカワイイので、皆さん真似して踊ってみてください。

■田向潤 コメント
きゃりーちゃんにとって初めてのワンカットMVです。
撮影本番、みんなが緊張する中、あるテイクで間違えてしまったダンサーさんにきゃりーちゃんが「そういえば私も1サビの振り間違えてたかも!」と大げさに言っていたのが印象的でした。優しいなーと思ったらほんとに間違えてました。
そんな優しさに溢れたMVです(もちろん成功したテイクを使っています)。最初から最後まで楽しいギミックをぎゅうぎゅうに詰め込んだので、見逃さないようにじっくり観てください!


リリース情報

2018.04.11 ON SALE
DIGITAL SINGLE「きみのみかた」


きゃりーぱみゅぱみゅ OFFICIAL WEBSITE
http://kyary.asobisystem.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人