ヘッドフォン推奨! 花澤香菜と谷山紀章が、耳元で「しそしそしそ……」とささやく新感覚ムービー公開

しそ焼酎“鍛高譚”シリーズのリニューアルを記念して、新WEB CM『鍛高譚 香り視覚化プロジェクト』が、4月10日より、YouTube、GYAO!、Twitterにて公開された。

しそ焼酎“鍛高譚”は、北海道・白糠(しらぬか)町で“鍛高譚”のために特別に栽培された、香り高い赤しそを使用した、爽やかな“しそ香るお酒”。このたび、発売25周年を迎え、“鍛高譚”シリーズがリニューアル。シソの香りが約20倍にアップし、より華やかな香りへ刷新された。

リニューアルして香りがアップした“鍛高譚”の、華やかな香りを伝えるために、声優として国内トップクラスの人気を誇る花澤香菜、谷山紀章が「シソの香りボイス」として声で出演するWEB動画を制作。演出は、様々なCMを手がけ、国内外で多数の受賞歴がある町田道雄が担当している。

本動画は、花澤香菜、谷山紀章が「しそしそしそ……」と耳元でささやく「シソの香りボイス」を表現するバージョンと、なぜか、合同酒精の西永社長がささやく別バージョンが楽しめる。

また、バイノーラル録音(※)を行ったことにより、まるで耳元でささやかれているような臨場感のある音声が楽しめる。ヘッドフォンを使用すると、さらにリアルな音声が聴こえる、新感覚ムービーとなった。

※バイノーラル録音……ステレオ録音方式のひとつで、人の頭部の形をした「ダミーヘッドマイク」を用いて録音する方法。声優の話す位置や声量によって、実際にその場で聞いているような臨場感のある音声が楽しめる。今回は、それぞれ演出に応じて、ダミーヘッドマイクに対し16ヵ所の立ち位置で収録が行われた。

花澤香菜&谷山紀章 インタビュー
Q:収録を終えてみていかがでしたか?
花澤:「シソ」をこんなにたくさんささやいたのは初めてでした! でも、以前サ行の発音がぐっとくると褒められたことがあったので、自信を持って収録に臨みました!(笑)
谷山:ホッとしています。

Q:今回の収録で大変だったところを教えてください。
花澤:バイノーラル録音という収録方法だったのですが、映像の“鍛高譚”に合わせて自分も動きながらの収録で、大変というよりは新鮮で面白かったです。
谷山:ダミーヘッドマイクの周りをTakeのたびにぐるぐると回らなきゃならなかったのは、なかなかしんどかったです(笑)

Q:このCMをどんな人に観てほしいですか?
花澤:まだ“鍛高譚”を飲んだことがない方も、なんだか親近感が湧いてくるようなCMになっていると思います。実際に耳元でささやかれているような臨場感のあるものになっているので、ぜひヘッドホンを使ったり、いろんな方法で観て聴いていただきたいです。
谷山:“鍛高譚”をまだ飲んだことがない人がCMを観て、飲んでみようかなと思ってくれたら嬉し過ぎます。

Q:生まれ変わった“鍛高譚”を飲んでみた感想をお願いします。
花澤:“鍛高譚”は、すっきり飲みやすいのに、上品なシソの香りで特別感もあります! まだ半分あるので、このお酒に合う料理を考えるのも楽しみです!
谷山:スッキリと飲みやすいというポイントは“鍛高譚”の変わらぬ魅力だと思いました。なぜか他のお酒に比べて罪悪感も少ないんですよね(笑)。


『鍛高譚 香り視覚化プロジェクト』特設サイト
http://www.oenon.jp/tantakatan/kaoriproject.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人