MIYAVIが、犯罪営利組織のトップとしてただならぬ存在感を発揮! 映画『ギャングース』追加キャスト一挙解禁

高杉真宙、加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)がトリプル主演し、2018年秋に全国公開となる映画『ギャングース』(監督:入江悠)。このたび、個性的な俳優陣が集結した追加キャスト陣が発表された。

ヤクザ組織などに属さない“半グレ”系アウトローで構成される犯罪営利組織“六龍天”のトップに君臨する安達役を、世界的な活躍で知られるギタリスト、MIYAVIが演じ、暴力的で不気味さに満ちた役柄さながらにただならぬ存在感を放っている。

さらに、詐欺組織の番頭として、安達の下で複数の店舗を統括する加藤役に、アーティストの枠を超え俳優としても数々の作品に出演している、金子ノブアキ。劣悪な環境から拾ってくれた安達に従順ながらも、反抗心を併せ持つ複雑な役を見事に演じている。

加藤の部下であり恋人でもあるアゲハ役には、入江監督作品『ビジランテ』での熱演も記憶に新しい篠田麻里子。

また、サイケ(高杉真宙)たちが頼りにしている情報屋の高田役をクールに演じるのは、林遣都。サイケたちの味方になるキャバクラ嬢ユキ役を山本舞香、住む家のない少女ヒカリ役に伊東蒼、詐欺組織の用心棒的存在である海老名兄弟役には斉藤祥太と斉藤慶太、そして詐欺店舗店長の班目役に『ビジランテ』に続く入江監督作品の出演となる般若、安達への復讐に燃える川合役に勝矢が起用されている。

サイケたちの窃盗団(高杉真宙、加藤諒、渡辺大知が演じる)と半グレ組織の頂点である六龍天との激突は、原作漫画の中でもファンに大きなインパクトを残した。この映画化では一部キャラクターの設定が再構築され、さらに、映画オリジナルのキャラクターも多数登場。原作の緊張感はそのままに、サイケたちそれぞれの決意とその泥臭い生きざまを鮮烈に描き出している。

本作は、少年院で共に過ごしたサイケ・カズキ・タケオの3人が犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す“タタキ”稼業を開始し、裏社会で生き抜くことにひたすらにポジティブな3人の友情を描く、新時代のアウトローによる、かつてない青春エンターテインメント。

原作は、2013年の連載開始以降、読者アンケートでつねに上位人気をキープし続けた『モーニング』の人気作品。2017年新春に完結し、同年4月23日に最終巻である第16巻が発売され、冒頭に毎回付されている「この漫画は実話を基にしたフィクションです。ただし犯罪の手口はすべて実在しますので、ぜひ防犯に役立てて下さい」という注意書きが象徴的なように、ストーリー共同制作の気鋭のルポライターである鈴木大介による未成年の犯罪者への取材をもとに、裏社会の実態をリアルに描いた“超実証主義漫画”として知られている。

メガホンをとったのは『SR サイタマノラッパー』シリーズ、『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』の入江悠。社会に見放され最底辺の生き方をする少年たちの生き様を、原作に劣らずリアルに描く。


映画情報

『ギャングース』
2018年秋 全国公開
監督:入江悠(『22年目の告白―私が殺人犯です―』『ビジランテ』)
脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載)
出演:高杉真宙 加藤諒 渡辺大知
林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢 / 般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太 金子ノブアキ 篠田麻里子 / MIYAVI
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ+パイプライン
(C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社


映画『ギャングース』作品サイト
http://gangoose-movie.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人