土屋太鳳、“爽健美茶”新CMにて抜群の身体能力にスタッフ驚嘆! 音楽はBeverly

“爽健美茶” “爽健美茶 健康素材の麦茶”の2製品のパッケージデザイン刷新に伴い、土屋太鳳が出演する新CMが、4月9日から全国にて放映開始される。

CMでは、すくすくと育った麦畑の中で、土屋太鳳が軽やかなポーズを披露。麦茶ならではの香ばしいおいしさはもちろん、「おいしく脂肪を減らしたい」という気持ちにぴったりの 特別な麦茶であることを、土屋の柔らかい体だからこそできる、しなやかなポーズとともに描いている。

<新CM撮影エピソード>
■『爽健美茶 カラダが喜ぶ、 わたし整う』篇

撮影が行われたのは、2月のまだ寒さが残る時期。広々とした庭のセットの中で水をまくと、水滴が光を受けて現場全体がキラキラときらめき、そんな様子を土屋が楽しみながら演じているのがとても印象的な撮影となった。

■新CM撮影エピソード『爽健美茶 健康素材の麦茶 麦畑』篇
今回、土屋は広大な麦畑を背景に、トランポリンを用いて様々なポーズに挑戦。 撮影前にトレーニングを受ける中、経験者でも難易度が高いといわれるポーズを、次々と披露する土屋の抜群の身体能力に、スタッフ一同目を奪われた。撮影もスムーズに進行し、とても和やかな現場となった。

<動画コンテンツ『爽健美LIFE』公開>
土屋太鳳の1日の密着を通じて、1日のはじまり、仕事の合間、自分磨きの時間など、毎日の中の様々な時間や場所で「爽健美茶」が「1日を整えてくれるパートナー」であることを紹介する動画コンテンツ『爽健美LIFE』が、“爽健美茶”のブランドサイトにて楽しめる。

<CM楽曲はBeverly>
“爽健美茶”の2018年キャンペーンソングに起用されたのは、2ndアルバム『24』(読み:トゥエンティーフォー)のリリースを発表したばかりのシンガー、Beverlyの新曲「LOVE THERAPY」。

新曲「LOVE THERAPY」は、「1日のリズムを整えてくれるパートナー」という“爽健美茶”ブランドのイメージに合わせて書き下ろされた新曲で、華やかな90年代US R&Bのサウンドをモチーフに、Beverly本人による50トラックに及ぶコーラスワークが際立つ、ソウルフルでピースフルなR&Bチューン。

作詞は、世界的に大ヒットしたルイス・フォンシのデスパシート日本語バージョンも手がけ、独特の世界観を持つカミカオルが担当。女の子の喋り言葉のような、ふわふわした言葉の連続が生むグルーヴ感が心地よい一曲に仕上がった。

今曲は、Beverly、24歳の誕生日である6月20日にリリースされる、彼女の2枚目のアルバム『24』に、先日発表となった江口洋介主演のテレビ東京系 ドラマBiz『ヘッドハンター』(毎週月曜22時放送、初回放送4月16日)主題歌「Baby don’t cry 〜神様に触れる唇〜」と共に収録。

アルバム『24』は、Beverlyのキャッチコピーともなっている「Just Listen..! 」のとおり、「24時間」歌とともに生きる彼女の、決意と愛を込めたニューアルバムとなっているとのことで、こちらにも期待が高まる。


リリース情報

2018.06.20 ON SALE
Beverly
ALBUM『24』


“爽健美茶”ブランドサイト
https://secure.sokenbicha.jp/

Beverly OFFICIAL WEBSITE
http://avex.jp/beverly/


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人