元AKB48・大和田南那、“たいぞーくん”への想いを綴る。「真実がどうであっても、私は最後まで信じてました」

2017年2月より放送され、女子高生を中心に大きな話題を呼んだAbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミくんには騙されない』のシーズン3『真冬のオオカミくんには騙されない』の最終回が3月25日に放送。

同番組に出演した元AKB48メンバーで女優として活躍する大和田南那が、3月6日、自身のオフィシャルブログを更新。『2015年男子高生ミスターコンテスト』のグランプリに輝き、現在モデルとして活動中の“たいぞー”こと若槇太志郎への想いを綴った。

同番組は、本気で恋愛をしたい女子高生たちが、イケメン男子とデートを繰り返しながら恋に落ちていくまでを追いかける恋愛リアリティーショー番組。ただし、男子の中には嘘をついたり、好きでもないのに好きなフリをして恋を邪魔する「オオカミくん」が最低でもひとり混ざっており、よりリアルな恋愛模様を引き起こすことが見どころのひとつとなっている。

「真冬のオオカミくん終えて」と題して更新したアメブロは、

「オオカミくんに出演して、素敵な恋と、最高の仲間と、優しいスタッフさんと、応援してくれるみんなに出会えました。
メンバーがこの9人で本当に良かった。」

とメンバー全員の集合写真と共に、メンバー一人ひとりへメッセージを送った。

「おとちゃんは、初めて会ったときは大人っぽくて同い年に見えなかったけど、過ごす時間が増えるたびに、明るくて話しやすくて愛しかった」

「りんねはもっと強い子なのかと思ってたのに本当は涙もろくて、いちばん仲間思いで優しかった」

「あやちゃんは人見知りで全然喋れないけど、本当は自分の意見をしっかり持ってて、カッコいいなって思ってたよ」

「たくみくんははじめに話したときの印象から変わらず、天然なところがあって、でも芯が強くてかっこよかった」

「SORAくんは、年下なのに落ち着いていてしっかりしていて、オオカミかなって疑っちゃってたけど、女の子への対応が素敵だったよ」

「あさやくんは、私の相談に乗ってくれたり、たいぞーくんがいなくなっちゃったときに自分も辛いのに、私の心配をしてくれて本当に優しい人なんだなって思った」

「木佐くんは、第一印象からずっと私だけに真っ直ぐきてくれて、思い出がいっぱい。
一緒にたくさん笑った楽しい時間をありがとう。
こんな私を一途に想ってくれてありがとう」

そして最後は、

「たいぞーくんは最初から話しやすくて、気を使ってみんなをまとめてくれて、引っ張ってくれて、いろんな人から愛される人だったね。
だからそこ、脱落が決まったときは本当に悲しかったし、最後にシンデレラタイムで過ごした1時間があっという間に感じたなぁ。
結果的には告白はできなかったけど。。
恋した相手がたいぞーくんで、たいぞーくんのことを好きになってよかった。
2人でいた時間は本当に大切な宝物です」

と、大和田が一途な思いを寄せていた若槇への想いを綴った。

また、最終回で明らかにしなかった若槇が“オオカミくん”だったかどうかについて、

「私がこの選択をした心理は、オオカミくんだったか知るのは、ちゃんと告白をした人に権利があると思ったから。
勇気をだして告白をしたメンバーに申し訳ないし、棄権した私には知っていい資格がないと思ったからです。
そして放送されていたとおり、たいぞーくんがオオカミであっても、そうでなくても、私のこの気持ちは変わらなかったからです」

と理由を明かし、

「真実がどうであっても、私は最後まで信じてました。
皆さん、本当に本当にごめんなさい」

と視聴者に伝えた。

アメブロ最後は、

「この番組に出演して“好き”って気持ちを知って、これから恋愛、仕事
などに役立てていければ良いなと思います。
こんな貴重な経験をさせていただけて感謝です。
本当に濃くて素敵な数ヵ月でした、ありがとうございました!
オオカミくんには騙されない、大好きです! ありがとう!」

と締めくくっている。


大和田南那(真冬のオオカミくんには騙されない)オフィシャルブログPowered by Ameba:記事タイトル「真冬のオオカミくん終えて」
https://ameblo.jp/nana-owada/entry-12363367543.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人