第二の「レット・イット・ゴー」となるか!? 映画『アナと雪の女王/家族の思い出』の新曲4曲に熱い視線

カラフルで美しい“死者の国”を舞台に描くディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』が3月16日より大ヒット公開中。

同時上映となるのは、22分の最新作『アナと雪の女王/家族の思い出』。本作ではアナとエルサが初めてデュエットする「あなたといるだけで」を含む4曲の新曲が登場している。

4つの新曲のうち早くも話題となっているのは、アナとエルサが“家族”として一緒に過ごすことの喜びを歌う新曲「あなたといるだけで」。社会現象を巻き起こした「レット・イット・ゴー」は、エルサが自分の気持ちをひとりで歌っていたが、「あなたといるだけで」はアナとエルサが初めてハモって一緒に歌うデュエット曲として注目を集めている。

「レット・イット・ゴー」を生んだ天才作曲家、クリステン・アンダーソン=ロペスは、妹のケイト・アンダーソンが制作した同曲について「この曲は、みんなが集まって一緒にいられることこそが特別という想いが込められた素晴らしい歌よ。きっとブームを巻き起こすはずね」と太鼓判を押している。

さらに本作ではアナとエルサの曲が、もう1曲登場する。それは「お祝いの鐘」という曲で、姉妹が一緒にクリスマスをお祝いすることを喜ぶ幸せな気持ちに溢れている。これまで、アナとエルサはクリスマスを別々に過ごさなければならなかったが、本作ではふたりが一緒にクリスマスを迎え、幸せいっぱいの姿が描かれている。アナとエルサ姉妹が仲良く一緒に歌う姿は、アナ雪ファンには絶対に見逃せない歌唱シーンとなっている。

さらに本作には、キュートで大人気な雪だるまのオラフが歌う新曲「お祝いしよう」も登場。オラフがアナとエルサのために奮闘する曲で、オラフのかわいらしさが全開の楽しい曲に仕上がっている。

また。4つ目の新曲はクリストフが歌う「伝説のトロール フレミングラード」。少し変わり者のクリストフらしい曲で、尊敬している伝説のトロールを歌う。

これら4つの新曲を手掛けたのは新進気鋭の作曲家エリッサ・サムセルとケイト・アンダーソン。ケイトは4つの新曲の中でもとくに「アナとエルサのキャラクターに忠実な音楽をちゃんと作ることがいちばんのチャレンジだったわ」と明かしている。

そのため彼女は『アナと雪の女王』の作曲家であり、姉のクリステン・アンダーソン=ロペスに相談したという。「私たちは『この歌は「アナと雪の女王」の世界観に合っているかしら?』と相談していたわ。そのたびに彼らは『そうだね、大丈夫だよ』とか『正しい方向性の曲になっているよ』と言ってくれて、私たちの手助けをしてくれたのよ」と語っており、アンダーソン姉妹の絆もあってこそ完成した新曲のようだ。

アナとエルサの初のデュエット曲を含んだ4つの新曲が登場し、家族の絆や愛がたっぷり詰まった22分の最新作 『アナと雪の女王/家族の思い出』。本作では、アナとエルサが初めて一緒に迎えるクリスマスを舞台に“家族の絆”が描かれる。同じく“家族の絆”を描いた『リメンバー・ミー』の同時上映として、“家族の絆の物語”を“最高の音楽”で綴るディズニーとピクサーの新作が同時に楽しめるとあって、感動と興奮も2倍になることは間違いない。


映画情報

『リメンバー・ミー』
同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』
3月16日(金)全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2018 Disney. All Rights Reserved.


映画『リメンバー・ミー』作品サイト
http://www.disney.co.jp/movie/remember-me.html

映画『アナと雪の女王/家族の思い出』作品サイト
http://www.disney.co.jp/movie/remember-me/anayuki.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人