熱量は10代のまま、言葉は等身大なファンキー加藤という男。今年40歳になる、ひとりの男の物語

さらけ出すことで、通じ合えることを彼は知っている。ニューアルバム『今日の詩』を完成させた、ファンキー加藤。今までで、いちばん生々しく、ファンキー加藤という男の人生、生き様が色濃く映し出された楽曲がずらりと並んだ。

【インタビュー】
ファンキー加藤

『今日の詩』というタイトルにすごくハマる楽曲たちが揃った

──コンセプトよりも、今作りたい曲を作っていくのが、ファンキー加藤のやり方。

ファンキー加藤 そうですね。今回も相変わらず、一枚通してのコンセプトというよりは、一曲一曲にその瞬間のパワーを込めていきましたね。

だから、前後しちゃいますけど、最後にアルバムタイトルを決めるのがすごく大変でした。ほら、ファンモンの時なんて、いっさい考えてないじゃないですか。

──数字ですからね(笑)。

ファンキー加藤 ソロとしての1stアルバム『ONE』はスタッフさんからの提案。2ndアルバム『Decoration Tracks』はジャケット写真先行で。今回は事務所の社長のひと言がきっかけでした。

僕が何気なく書いていた“今日の詩”という、曲のコンセプトのようなメモ書きを見た社長が「これ、良いんじゃない?」って。結果的に、『今日の詩』というタイトルにすごくハマる楽曲たちが揃ったなという気はしてますね。

良い意味で荒々しく、ライブっぽく歌えるというのはあるかも

──音の話をすると、バンドサウンドがこれまで以上に前面にグッと出てきたのが、今までといちばん違うところだと思うんですよね。

ファンキー加藤 そこは、ナチュラルですね。バンドサウンド中心のアルバムにしたいって、特に言ったわけではないんですけど。

元々バンドをやっていた僕の中の源流みたいなものを、プロデューサーの皆さんがキャッチしてくれたというか。一緒に作っているうちに“ここにギターが欲しいね”“ドラムは打ち込みより生っぽい音が良いね”みたいなことには、なっていたかな。

──歌詞を乗せる時や歌う時、やっぱり気持ちが違う?

ファンキー加藤 特に、歌う時が変わってくるかな。良い意味で荒々しく、ライブっぽく歌えるというのはあるかも。

「ダイジョウブルース」なんて、終始楽しかった。自由だなーという感じ

──「冷めた牛丼をほおばって」なんてまさにそう。ああいうサウンドじゃなければ、しないような歌い方。

ファンキー加藤 そうですね。結構、僕は細かい人なんで、打ち込みとかシンセとか機械っぽい音に対して、ちょっとのズレも合わせたがっちゃう人なんですけど。

バンドサウンドになると、良い意味で楽になれるというか。生々しい、もっと人間味あるボーカルにしたいから、多少タイミングが悪かろうが、感情がこもっていればOKってなる。そこがちょっと、今までとは違いますかね。

──それは新しい感覚? それとも懐かしい?

ファンキー加藤 懐かしい……のほうがあるかもしれない。高校生の時の学園祭じゃないですけど、テクニックはまったく追いついてないけど、でもステージに立って歌う自分たちは楽しいし、熱くなれる感じ。

だから今回、楽しかったですよ。特に「ダイジョウブルース」なんて、終始楽しかった。自由だなーという感じがしました。

これは本当に、僕自身にグッと近くなった曲

──そして歌詞。今歌いたいと思ったことは?

ファンキー加藤 やっぱり今回も、自分自身をすりおろしてダシにして出した感じはあるかな。俯瞰で物語を見ずに、すごく近いところにあったと思います。「おーい友よ」の始まりの、酔っぱらっていきなり電話してくる友達というのも、本当にあったことなんですよ。

まさに八王子の仲間たちと過ごした日々と、今現在の俺の日々とを切り取って作った曲だし、「ラストナンバー」に関して言えば、ツアー中に見ている風景を描いていて。

こういう曲はいつかやりたいなと思ってたんですよね。

──ある種の定番ですよね。ツアーソング。

ファンキー加藤 そうそう! 例えば、RHYMESTERさんにもツアーの歌があったし、さらに言っちゃえば、爆風スランプの「THE BLUE BUS BLUES」という、すごい好きな歌があるんですよ。

まだ売れてない頃、車に乗って全国を旅していた時のことを歌った、すごく泣ける良い曲なんですよ。いつか僕もツアーの歌を作りたいなと思っていたので、これは本当に、僕自身にグッと近くなった曲かな。

──「冷めた牛丼をほおばって」の時にも思ったけれど、具体的なワードが多く使われることで、身近に感じるんですよ。

ファンキー加藤 それはあるかもしれない。あの時も“牛丼”というワードにみんなが引っかかってくれて、先行配信した「失恋の詩」も、“パンケーキ”“コーヒーはブラックで”とか、そういうワードは面白いなというか、引っかかってくれるんじゃないかと。

秋の桜というワードを入れれば、みんながハッとするんじゃないかな?

──「風物詩」の、“洗車した次の日は必ず雨が降る”とかも。あるあるみたいな。

ファンキー加藤 それも「冷めた牛丼をほおばって」からの流れだと思います。リアルなワードを使うことで、みんなが物語に入ってきやすいようにしているのは。

「風物詩」は、自分で言うのもなんですけど、夏の花火と真冬の雪に加えて、“秋の桜”を入れられたのが面白いなと思いましたね。

元々「失恋の詩」を書いている時に、そっちは春の桜の風景なんですけど、その時からなんとなくあったんですよ。

春じゃない季節の桜って、冷遇されてるよなって。だから秋の桜というワードを入れれば、みんながハッとするんじゃないかな? ということで、意図的にやってみました。

とにかく現場で歌って歌って、歌っていきますよ

──個人的に、「You are the Light」が好きなんです。この“You”って?

ファンキー加藤 これは、ファンの方ですかね。これはSPICY CHOCOLATEのチームが持ってきてくれたメロディやサウンドがすごく強くて。でも、ちょっとはかなさや切なさがあり。

歌詞も、“僕”と“君”じゃ足りないなと思って、“俺”と“おまえ”になった。これは自分の中では、ラブソングの位置に置いてある曲ですね。

ファンの人やスタッフさん、家族、そういう人たちへ歌ってます。これも本当に今の素直な気持ちですよ。

──さあ、ファンキー加藤の2018年はどうなりますか。

ファンキー加藤 フリーライブツアーを全国でやっていきます。ソロになったタイミングで、“原点回帰”と銘打って、23カ所の全国インストアライブツアーをやったんですけど、今回はそれを上回ってみようと思って、“超原点回帰”ということで。

プラス、10月からはホールツアーをやらせてもらって、来年のデビュー5周年に繋げたいと思ってます。今年は40歳になる節目の年でもあるから、やってやろうと思っているし、とにかく現場で歌って歌って、歌っていきますよ。

INTERVIEW & TEXT BY 宮本英夫


ライブ情報

全日本フリーライブツアー~超原点回帰~

詳細はこちら

★2018年 全国3rdホールツアー決定!
10/13(土)埼玉・戸田市文化会館
10/25(木)東京・中野サンプラザホール
11/01(木)大阪・オリックス劇場
11/10(土)岡山・岡山市民会館
11/17(土)福井・鯖江市文化センター
11/28(水)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
12/07(金)北海道・札幌市教育文化会館(大ホール)
12/21(金)福岡・福岡市民会館(大ホール)
12/23(日)香川・サンポートホール高松(大ホール)
12/29(土)宮城・仙台サンプラザホール

詳細はこちら


プロフィール

ファンキーカトウ/1978年12月18日、東京都八王子市生まれ。2004年1月に地元・八王子にてFUNKY MONKEY BABYSを結成。2006年にシングル「そのまんま東へ」でメジャーデビュー。2014年2月にソロ第1弾シングル「My VOICE」をリリースした。

ファンキー加藤 OFFICIAL WEBSITE


リリース情報

2018.03.21 ON SALE
ALBUM『今日の詩』
ドリーミュージック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人