【今週のオリコン】AKB48、岡田奈々初センター曲が38作目の首位!アルバムは斉藤和義の新作が1位に

【シングル】
AKB48による51作目のシングル「ジャーバージャ」(3月14日発売)が、発売初週に111.6万枚を売り上げ、今週発表の最新3月26日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:3月12日~3月18日)で初登場1位を獲得した。

これでAKB48の首位獲得数は、「RIVER」(2009年10月発売)から通算&連続38作目となり、「シングル通算1位獲得作品数」の「女性グループ歴代最多記録」を更新。前作「11月のアンクレット」(2017年11月発売)で浜崎あゆみと並んでいた「シングル通算1位獲得作品数」での「女性アーティスト歴代1位タイ記録」が、今作で「女性アーティスト歴代単独1位」となった。

また、すでに歴代1位記録を持つ「シングルミリオン通算達成作品数」は今作で通算33作目、「同・連続達成作品数」は「桜の木になろう」(2011年2月発売)から32作連続となり、共に自己記録を更新。さらに、歴代3位および女性アーティスト歴代1位記録の「音楽CD(シングル・アルバム)総売上枚数」は、今週付で合計5416.6万枚(シングル:4755.1万枚/アルバム:661.5万枚)とし自己記録を更新した。

本作は、「AKB流ソウル・トレイン」といえるホーンセクションが印象的ファンキーなダンスナンバー。ミュージックビデオは“AKB48史上ナンバーワン”という超ド派手な衣装も話題の華やかな仕上がりとなっている。STU48のキャプテンでもある岡田奈々が初センターを担当している。

なお、今週付シングルランキングでは、先行配信シングルが「デジタルシングル(単曲)ランキング」で歴代記録の更新相次ぐ米津玄師の最新シングル「Lemon」(3月14日発売)が、シングル・アルバムを通じ自己最高の初週売上記録となる週間19.5万枚を売り上げ、AKB48に次ぐ2位初登場を果たした。

AKB48・岡田奈々 喜びのコメント
Q1:今回の1位獲得と歴代記録達成を受けてのご感想をお聞かせください。
岡田:今回、初のセンターを務めさせていただき、喜びもありましたが、特に渡辺麻友さんが卒業されたあとのシングルということで、個人的にはプレッシャーを感じていました。
発売初日にミリオンセールスを達成でき、そのお知らせを聞いたのがちょうどイベント中だったので、ファンの皆さんと喜びを共有できたことがうれしかったです。女性アーティスト歴代1位という記録ですが、AKB48グループとして大変光栄に思います。これからのAKB48を引っ張っていけるように私もさらに気合いを入れて頑張りたいですし、「ジャーバージャ」を多くの方に聴いていただいて、皆さんから愛される楽曲になったらうれしいです。皆さんの応援に支えられた1位だと思います。本当にありがとうございました。

Q2:今作の聴きどころ(ここを聴いてほしい)をお聞かせください。
岡田:「ジャーバージャ」は聴いていくうちにだんだん好きになってしまう曲です。ちょっと懐かしい雰囲気やメロディーなど幅広い年齢の方に愛される曲だと思います。

Q3:ミュージックビデオの見どころをお聞かせください。
岡田:色使いや衣装がここまで派手な曲やMVだとは予想もしていませんでした。今回で私のことを初めて知っていただいた方も多いと思いますし、ファンの方には新しい岡⽥奈々をお⾒せでききたのでは? と思います。春らしい色味とわちゃわちゃしてるメンバーの笑顔に元気をもらえるMVになっていると思います。カメラが回っていると思っていなくて、変な顔をカメラによくしていたのですが……。その表情がMVに使われているので観てみてください!(笑) エンドロールの最後の最後まで楽しめると思います !

Q4:今後の活動予定は?
岡田:3月31日・4月1日にさいたまスーパーアリーナで48グループによるコンサートがあります。3月31日はSKE48、HKT48のそれぞれの単独コンサート。4月1日は久しぶりにAKB48単独コンサートがあります。昼と夜の2回公演ですが、それぞれ趣向をこらしたこれまでのAKB48、そしてこれからのAKB48を皆さんにお見せできると思います。

【アルバム】
今年8月にデビュー25周年を迎える斉藤和義の19作目のオリジナルアルバム『Toys Blood Music』(3月14日発売)が、初週売上2.0万枚で今週発表の3月26日付オリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得した。

1993年8月にシングル「僕の⾒たビートルズはTVの中」でデビューした斉藤和義にとって、これまでのアルバム獲得最高位は、前作オリジナルアルバム『風の果てまで』(2015年10月発売)などが記録した最高2位。シングルでは「やさしくなりたい」(2011年11月発売)の最高6位で、シングル・アルバムを通じて首位獲得は自身初となった。

本作は、先行配信シングル「始まりのサンセット」、藤原さくらがゲストコーラスとして参加した「Good Luck Baby」や「問題ない」、2015年に鈴木雅之へ提供し、斉藤が作詞・作曲・プロデュースした「純愛」のセルフカバーなどを含む全11曲が収録されている。

また本作を携え、3月30日から4ヵ月間にわたり全国41都市47公演を行う『KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2018 “Toys Blood Music”』、さらに8月24日の大阪城ホール公演を皮切りに⾏われる『KAZUYOSHI SAITO 25th ANNIVERSARY TOUR』の開催が決定している。

【デジタルシングル(単曲)】
今週発表の最新3月26日付オリコン週間デジタルシングル(単曲)ランキング(集計期間3月12日~3月18日)では、米津玄師の先⾏配信シングル「Lemon」(2月12日配信開始)が週間10.8万(108,181)ダウンロードを売り上げ、2月26日付、3月5日付、3月12日付、3月19日付に続きまたも1位を獲得し、5週連続の1位に。また、累積ダウンロード数は今週で68.6万(685,934)ダウンロードとなり、発表開始から14週目を迎える同ランキングの歴代1位記録である「連続1位獲得週数」「累積ダウンロード売上記録」を今週も更新した。
※「週間デジタルシングル(単曲)ランキング」は今年度の集計開始となる2017月12月25日付よりスタート

本作は、先週最終回を迎えた石原さとみ主演のTBS系金曜ドラマ『アンナチュラル』の主題歌。ドラマの盛り上がりと共に本作への注目も高まり、2月12日付同ランキングに初登場以降、毎週歴代記録を次々と更新している。

さらに、今週付シングルランキングでは、先週3月14日発売となった同作のシングルCD「Lemon」(3月14日発売)が、シングル・アルバムを通じ自己最高の初週売上記録となる週間19.5万枚を売り上げ、AKB48に次ぐ2位に初登場となっている。

【デジタルアルバム】
ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画サウンドトラック『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』(2017年12月8日配信開始)が、週間売上0.8万(8,052)ダウンロードで今週発表の3月26日付オリコン週間デジタルアルバムランキングで映画公開初週にあたる2月26日付から5週連続の1位を獲得した。

デジタルアルバムおよび映画サウンドトラックアルバムの5週連続1位獲得は、『ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック)』(2016年12月配信開始、2017月3月6日付~4月3日付の5週連続)と並び、最多タイ史上2作目となる。また、同CDサントラ盤(1月17日発売)は週間1.7万枚で今週日付週間アルバムランキング3位にランクイン。発売以来の累積売上枚数は10.3万枚に到達した。
【※】週間デジタルアルバムランキングは2016年11月14日日付より発表開始。

本作は、主人公・P.T.バーナム役を務めたヒュー・ジャックマンをはじめ、本年度アカデミー賞主題歌賞ノミネートの「This Is Me」を熱唱したパフォーマー役のキアラ・セトルら実力派俳優たちが劇中で披露した楽曲の数々を収録。


オリコンランキングはこちら
https://www.oricon.co.jp/rank/


AKB48「ジャーバージャ」

斉藤和義

斉藤和義『Toys Blood Music』

米津玄師

米津玄師「Lemon」

『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人