『素敵なダイナマイトスキャンダル』初日舞台挨拶開催。“伝説のエロ雑誌編集長”から柄本佑が受けた驚きの助言とは!?

映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』の初日舞台挨拶が本日3月17日、東京・テアトル新宿にて行われ、主人公の末井昭を演じた柄本佑、妻・牧子役の前田敦子、愛人・笛子役の三浦透子、母・富子役の尾野真千子、末井の心の友・近松役の峯田和伸、写真家・荒木さん役としてスクリーンデビューを果たした音楽監督の菊地成孔、原作者の末井昭、そして冨永昌敬監督が登壇。柄本以外は共演シーンがなかったものの同世代のキャスト同士、息のあった舞台挨拶となった。

『素敵なダイナマイトスキャンダル』は、『写真時代』『ニューセルフ』など、伝説的なカルチャーエロ雑誌を世に送り出した編集長・末井昭の自伝的エッセイを映画化した青春グラフィティ。

7歳のときに母親が隣家の若い息子とダイナマイト心中するという壮絶な体験をした末井青年が、工員、キャバレーの看板描きと職を転々としながら、1970~80年代のサブカルチャーを牽引する伝説の雑誌編集長となっていくまでが描かれる。

“知る人ぞ知る伝説の編集長・末井昭”を演じた柄本は「原作エッセイの表紙で女装姿の末井さんを見て、“昔、夜中にパチンコ雑誌のCMに出てた人だ!”と一致しました。僕と全体的に似てると思いました。女装のシーンでは末井さんから“パンティーとブラジャーは見えなくてもスイッチだからつけるといいよ”とアドバイスをいただきました」と撮影秘話を披露。

先月のプレミア上映の際に末井本人と初対面した前田は「プレミアのときは出演者の方だと思っていて、舞台に立って気づきました。ちゃんとご挨拶できなくて……。はじめまして(笑)」と演じた“天然な妻”そのものの挨拶をし、会場を和ませた。

作品に関わる前に唯一、末井を知っていたという峯田は「原作も読んでいて、末井さんと交流はあったのでどんな形でもいいので出たいと思いました」と、一緒に仕事ができた喜びを語った。

さらに、柄本が「ストリーキングとか……やったことあったら、今ここにいないですよね(笑)」、前田が「冨永監督とご一緒するのが初めて」、三浦が「ベッドシーンと20~30代と幅のある役」、尾野が「着物の帯にダイナマイトを差したこと。まさかそこに差すと思ってなかった」、菊地が「俳優ではないので決まったセリフで動くということが初めて。当時の荒木先生の体型に近づけるよう役づくりしました。デ・ニーロメソッドです(笑)」と、登壇者それぞれが“初めての試み”に挑戦したことを明かした。

“母がダイナマイト心中”“伝説のエロ雑誌編集長”“ストリーキング”と何かとスキャンダルな原作者・末井の半生を描かれている本作の内容にちなみ、「エロ雑誌編集長とストリーキング。やるならどっち!?」という究極の質問が投げかけられると、全員が“エロ雑誌編集長”を選ぶ中、尾野のみがまさかの“ストリーキング”を選択。

どよめく登壇者と会場に尾野は「究極だから! 究極の選択だからやるの。究極じゃなかったらもちろんやりたくない!」と弁解。それに対し三浦は「極論ですが、ストリーキングはやろうと思えば明日できるじゃないですか」と答え、「それもそうだね」と柄本はじめ全員が納得しかけたところ、尾野が「みんなおかしいよ!」とツッコミ。

そこに冷静に峯田が「ストリーキングみたいなことは、ずっとやってきたんで……」と呟くと、ライブパファーマンスで裸になる峯田を思い浮かべ、全員が納得の表情。原作者の末井が「もぞもぞしちゃダメなんですよ。一瞬でね(笑)」と被せて会場は大爆笑となった。

そして、最後に冨永監督が「当時を知っている人にはもちろんですが、若い人に観ていただきたいです。平成生まれの人にとっては絵空事みたいなものかも知れませんが、末井さんの半生はすごくヒントがある。若い人が観て、末井さんより自分のほうが面白いと思ってほしい」と語り、舞台挨拶を締めくくった。

映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』は、テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほかにて全国公開中。

映画情報

『素敵なダイナマイトスキャンダル』
テアトル新宿、池袋シネマ・ロサほかにて全国公開中
出演:柄本 佑 前田敦子 三浦透子 峯田和伸 松重 豊 村上 淳 尾野真千子 中島 歩 落合モトキ 木嶋のりこ 瑞乃サリー 政岡泰志 菊地成孔 島本 慶 若葉竜也 嶋田久作
監督・脚本:冨永昌敬
原作:末井 昭『素敵なダイナマイトスキャンダル』(ちくま文庫刊)
音楽:菊地成孔 小田朋美
主題歌:尾野真千子と末井昭「山の音」(TABOO/Sony Music Artists Inc.)
配給・宣伝:東京テアトル
(C)2018「素敵なダイナマイトスキャンダル」製作委員会


リリース情報

2018.03.07 ON SALE
ALBUM『「素敵なダイナマイトスキャンダル」オリジナル・サウンドトラック』


映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』作品サイト
dynamitemovie.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人