葵わかな&M!LK・佐野勇斗W主演映画『青夏 Ao-Natsu』特報&インタビュー映像解禁

2013年から2017年にかけ講談社『別冊フレンド』で連載された、南波あつこによる人気コミック『青夏 Ao-Natsu』。夏休みの間、田舎で過ごすことになった都会育ちのイマドキ女子高生・理緒と、そこで出会った地元のクール系イケメン男子高生・吟蔵(ぎんぞう)との“夏限定の恋”を描いたラブストーリーが実写映画化。8月1日より全国公開される。

主人公・理緒役を演じるのは、『陽だまりの彼女』(2015年)、『サバイバルファミリー』(2017年)など数々の映画に出演、現在放送中の連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)でヒロインを務める、今最も勢いに乗っている若手女優・葵わかな。

『わろてんか』後初の主演作となる本作では、明治時代の女性起業家から一転、現代のイマドキ女子高生に扮する。

そして、吟蔵役には2016年にドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』(TBS)の主人公の息子役で注目を集め、ボーカルダンスユニット“M!LK”のメンバーとしても活躍しながら、今年出演したドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ)でブレイク、『3D彼女 リアルガール』でヒロインの恋の相手役を演じるほか、『ちはやふる ―結び―』『羊と鋼の森』など2018年度は5本の映画公開が控える、今最注目の俳優・佐野勇斗。佐野は、本作が映画初主演となる。

そしてこのたび、先日のキャスト情報解禁で反響が大きかった本作の特報映像が解禁。特報は、東京に暮らす理緒と、彼女の前に突然現れる田舎育ちの吟蔵との“運命の恋”を思わせる内容となっている。

さらに、撮影を控えたふたりのインタビュー映像も到着! 映画『くちびるに歌を』(2015年)以来、3年ぶり2度目の共演となるふたりの息のあった(!?)仲の良い関係性が伝わるインタビューになっている。

<特報のポイント>
■イマドキ女子高生の前に現れた“運命の恋”にドキドキが止まらない!
「運命の恋を信じますか?」という問いから始まるこの特報。
東京に暮らすイマドキの高校生・理緒(葵わかな)は、周りにバカにされながらもそれを信じるひとり。そんな彼女が、家族の理由で突然夏休みの間だけ田舎で暮らすことに。そして目の前に現れたのはクールに微笑むイケメン・吟蔵(佐野勇斗)。これは“運命の恋”なのか!?

■葵わかなの制服姿がフレッシュ!
葵のフレッシュな制服姿が! イマドキ高校生を演じる彼女に注目だ!!

■佐野勇斗の笑顔に見とれてしまう!
葵演じる理緒が、夏休みに田舎で出会った吟蔵を演じる佐野のクールな笑顔! 今年5本の映画に出演し、様々な役をこなす佐野の主演作にして正統派イケメン役に注目が集まる。


映画情報

『青夏 Ao-Natsu』
2018年8月1日(水)全国ロードショー
原作:『青夏 Ao-Natsu』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督:古澤健(『今日、恋をはじめます』『クローバー』)
脚本:持地佑季子(『青空エール』『くちびるに歌を』)
配給:松竹
(C)2018映画「青夏」製作委員会


『青夏 Ao-Natsu』作品サイト
http://aonatsu.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人