SEVENTEEN、横浜アリーナ公演の詳細レポート到着! “どこの席でも楽しめる”伝説がさらに進化

SEVENTEENが2月21日の横浜アリーナを皮切りに、大阪城ホール、日本ガイシホール(名古屋)の3ヵ所で『SEVENTEEN 2018 JAPAN ARENA TOUR ‘SVT’』を開催した。

去年11月6日にリリースした2ndアルバム『TEEN, AGE』の初動販売量が21万枚を突破。さらに『TEEN, AGE』の拡張版として2月5日に発売したスペシャルアルバム『DIRECTOR’S CUT』が韓国の8つの音楽配信チャート上位を記録し、同時に世界29ヵ国のiTunesアルバムチャートで1位を記録するなど、今やSEVENTEENはワールドスターに成長した。

今回は、日本3ヵ所で同時にファンミーティングも開催され、6日間で約10万人の観客を動員。そのうち超満員の観客15,000人で埋め尽くされた、2月22日の横浜アリーナ公演の模様をレポートする。

去年2月の日本ライブではムービングステージ、7月のワールドツアーではセンターを貫く長い花道にメインセンターダイヤモンドステージの3つを設置するなど、“どこの席でも楽しめる”コンセプトがもはや通説になっているSEVENTEENのコンサート。今回はど真ん中に巨大なセンターステージを置き、そこから東西南北に伸びる花道とサブステージを設置して、観客をあっと驚かせた。

オープニングVCRが流れたあと、会場が暗くなると、ステージを360度囲むように設置されていたモニターが幕のように上にあがっていく。無線コントロールされたペンライトで客席が真っ赤に染まり、ステージに炎の火柱があがると、制服風の黒い衣装を身にまとった13人が登場。そのまま「CLAP」を披露すると、おなじみの“チャチャチャチャ”の大合唱で迎える観客たち。するとセンターステージの中央では円形のステージが2段回にせり上がり、メンバーたちがその下段、中段、上段に散らばって立つ。その姿は、まるでケーキに灯されて輝くキャンドルのようだ。

2曲目の「NO F.U.N」は、通常は傘を使うパフォーマンスをステッキに変え、制服との相乗効果で、いっそう凛々しく見える彼らの姿にため息が。ラストでは花火が爆発し、のっけから観客の興奮はマックスに。続く「Chuck」では、正面の方向を北西方面から、真逆の南東向きに変えてのパフォーマンス。このように、一糸乱れぬことで有名な彼らのパフォーマンスを正面、背後、左右から見られるというのも、センターステージならではの醍醐味だ。

VCRを挟むと、一転してスロー曲の「Don’t Wanna Cry」へ。ブルーのライトの中、ブラックのシャツ姿で踊る姿が力強くも幻想的だ。続いては切ないボーカルとラインが整った群舞に惹きこまれる「Without You」へ。ここで、なんと中央の円形ステージが回転。360度を観客に囲まれたステージの中に、さらに360度回転する円形ステージで“どこの席でも楽しめる”伝説をさらに進化させた瞬間だった。

曲が終わると、ホシの「CARATちゃん、会いたかったです~」のおたけびから、前後左右に4回にわたって「SEVENTEEN!! こんばんはSEVENTEENです」と恒例の挨拶を。このとき、右に挨拶というのに左に行ってしまうメンバーもいて、360度観客に囲まれたステージで方向を見失う彼らのお茶目な姿に爆笑が巻き起こった。

自己紹介ではジュンが回転しながら手を振ったり、エスクプスが「皆さんのことを考えながら毎日を過ごしました」と発言するなど、CARATへの愛情を存分に表現。一方、スングァンはアンパンマンキャラからかっこいいキャラ変更をもくろんでいるのか「かっこいいスングァンです~」と自己紹介し、観客は大爆笑。メンバーたちからは「かわいい~」「面白いです~」と冷やかされていた。また、コンサートのたびに会場の熱気を「あちゅい」と表現していたホシは「もちもち気持ちイイ」という新ネタを披露し、トークでも大いに盛りあがった。

そのまま「Still Lonely」のステージへ。メンバーが2名ずつ花道に散らばって観客とコミュニケーションをとると、途中のサビからはメインステージに戻ってキレのあるパフォーマンスを披露。続いては、ジュン、ドギョム、ミンギュの3人による自作曲「Hello」を。回転ステージに腰かけてファンに語りかけるように歌ったり、ハートを飛ばしていると、いつの間にかステージ中央には赤いバラの花が3輪置かれ、手にとった3人はラストに観客にプレゼント。会場は甘い雰囲気に包まれた。

ところで、SEVENTEENは、去年2017年に“17”にちなんでSEVENTEEN PROJECTをスタートさせ、その一環としてチームごとの新曲をリリース。ここからは、そのSEVENTEEN PROJECTの楽曲を立て続けに披露した。ウジ、ジョンハン、ジョシュア、ドギョム、スングァンによるボーカルチームは「Pinwheel」を優しく感性溢れる歌声で歌い上げ、ホシ、ジュン、ディエイト、ディノのパフォーマンスチームは薄手の白いブラウスを身にまとい「Lilili Yabbay」で神秘的かつ幻想的な世界観を表現した。エスクプス、ウォヌ、ミンギュ、バーノンのヒップホップチームは、4つのサブステージに散って「TRAUMA」を。赤と紫の妖艶なライトの中でラップを披露した。最後は各チームのリーダー、エスクプス、ウジ、ホシによる楽しいヒップホップ曲「Change Up」で盛り上がると、そのまま全員が合流して「Crazy in Love」へ。

VCRを挟んで、SEVENTEENコンサート恒例のチームごとのスペシャルステージに突入。一番手のボーカルチームは「Habit」をピアノサウンドにアレンジしてしっとりと。「When I Grow Up」ではドギョムの「皆さんの声が聞きたいです~」の掛け声から、サビを観客と大合唱。メンバーたちは手を左右に揺らしてリズムをとりながら、客席のCARATを愛しそうに見つめた。

2番手はヒップホップチーム。海のように深い青の光を放つペンライトに照らされた、4つのサブステージに腰かけたメンバーたちは「Lean On Me」を日本語バージョンで初披露。サビの韓国語「キデ(頼って)」の歌詞を、日本語に「来て」にアレンジし、エスクプスの手招きで“来て、来て”の大合唱。日本語の歌詞の美しさでもファンを感動させた。「Fronting」では、ラップのリズムで緑色のペンライトが上下に揺れると、緩やかな傾斜が特徴の横浜アリーナの中央にいるメンバーがまるでペンライトの波の中に飲み込まれていくようだった。

3番手はパフォーマンスチーム。「Jam Jam」で中毒性抜群のリズムに乗って軽快なダンスで盛り上げると、ホシの「どうしよう~。CARATちゃんにハマっちゃった~」とのおたけびからの「Swimming Fool」で、愛嬌満点に軽やかなステップのパフォーマンスを披露。サビの“ノエゲパジョソ(君にハマって)~”では韓国語で大合唱が巻き起こり、ラストでホシが全身で大きなハートを作ると黄色い声援が飛び交った。

パフォーマンスチームがステージを終えると、ステージ中央に他のメンバーと、ソファーがせりあがって登場。もちろん曲は「Pretty U」。北西を正面に置かれたソファーを中心にメンバーが散らばったり、まとまったりする、あうんの呼吸のパフォーマンスを展開していたかと思うと、曲の途中でいつの間にかソファーが真逆に回転。合わせてメンバーの立ち位置も反転したのには、観客の誰もが驚きの声を上げた。ラストは“イェップダ(きれいだ)”の大合唱とともに、メンバー全員が観客に向かって大きな円を作って立ち、拍手と大歓声に包まれた。

VCRで、いったん、はけたメンバーが、ブラックのスーツにゴールドのラインやラインストーンの装飾を付けたシックな衣装で再登場すると、ヒット曲を立て続けに披露。ラストに向けて一気に駆け抜けていく。「BOOMBOOM」では北西、「Mansae」では東南、「Adore U」では北東といった具合に1曲ごとに正面を変えていくのも圧巻で、全方向の観客に均等に楽しんでもらおうという気遣いと、360度気を抜けないステージをこなす彼らの実力を改めて実感。まさにSEVENTEENだからこそできる高度なステージ構成だ。

激しいダンス曲の後はひと息ついて、これまでのステージを振り返ってのトークを。「Lean On Me」を日本語バージョンで披露したヒップポップチームのエスクプスが「皆さん(韓国語の)“キデ”ではなく“来て”ですよ」と、ミンギュが「“僕に来て”という意味です」と補足説明すると、スングァンは「濁音がひとつなくなるだけで、また美しい言葉に変わるんですね」と感動的なコメントを。パフォーマンスチームは「Jam Jam」のラップメイキングに参加したディエイトがラップを披露し「ホシお兄さんが手伝ってくれて一緒に作ったんです」とコメントすると、ホシが「いや、ディエイトが頑張ったからできたんだよ」とお互いを称えあった。

ここで、スングァン、ホシ、ディエイト、ディノ、ドギョムの5人が後ろに下がってなにかを準備していたかと思うと「僕たちはバブリーダンス!! スタート!!」の掛け声から、大流行の“バブリーダンス”を披露。約2時間練習しただけとは思えないほどのキレキレのダンスに大歓声が上がった。楽しい時間はあっという間に過ぎ、いよいよラストの曲。ディノが「13人の真心を込めた曲。CARATのために作った曲です」と話し、ホシは「僕らの力を振り絞ってやります」と「THANKS」の曲紹介をすると、その言葉のとおりに熱の入ったパフォーマンスを披露。

メンバーがステージから去ると、モニターには彼らの練習風景とともに、CARATに向けて日本語で書いたメッセージが映し出された。

ドギョム「皆さんがどこにいても関係ないです。僕たちはCARATがいる場所ならどこへでも飛んでいくから」
ホシ「夜空の星のようにSEVENTEENの明日を明るく照らしてくれる存在。僕たちの行く先を教えてくれる道標のような存在」
ウジ「僕たちが音楽を作ってステージに立つ理由はCARATです」

など、それぞれがCARATへの思いや感謝を綴り、感動のあまり泣き出すCARATも。

アンコールでは、白と黒のツアーTシャツに自分の名前が書かれたタオルマフラーを持って「Campfire」を。オフィシャルカメラに向かって愛嬌を振りまいたり、肩を組んだり、ファンのように自分のタオルを広げて振ったりと、リラックスした雰囲気で動き回り、彼ら自身もライブを楽しんでいる様子が伝わった。ペンライトの光が点滅するとホシは「キラキラCARATちゃん、すごい~」と大感激。

続けて、ひとりひとりがライブの感想を語った。

ディノ「(日本語で)うちのCARAT、今日は幸せでしたか? 良かったですね! 僕は今幸せすぎてヤバイです。CARATがいるから僕もいることをいつも考えています。皆さんはいつも感動的で、僕の宝物です。今度日本に来るときまで、日本語をもっともっと頑張って勉強しますから。覚えていてください。僕がCARATを本当に愛していることを。最後に大好き!」
バーノン「実はステージの下の通路の天井がとても低くて、頭を下げて歩かなければいけないし、狭いから熱がこもるんです。暑くて汗をすごくかくのですが、ステージに上がると皆さんの歓声で爽快になります。こんなに大きな愛と声援をくださって、言葉にならないほど感謝しています」
ウジ「ステージの上からCARATの皆さんの目を見ていると、まなざしにとても深い愛がこもっていて、昔から知っている仲のように思えます。昔からの友人のよりももっと深い愛情で一緒にいられたらいいです。これからもずっとお互いのことを大切にしながら、幸せになれるように僕らがもっと努力します」
ジョシュア「いつも僕が辛いときに力になってくれて、悲しいときには幸せにしてくれて、僕の悪いものをすべていいことに変えてくれるCARATの皆さん。皆さんが僕に力をくれるように、僕も皆さんにそんな力を与える存在になりたいです」
ジュン「センターステージから僕らのCARATを見ると海の中にいるみたいです。僕たちは海の中の魚みたいです。海があるから魚も生きていられます。だから、CARATの皆さん、これからもよろしくお願いします」
ウォヌ「今日は皆さんの大切な1日をくださってありがとうございます。今日を僕らが意味のある1日にしたかったのですが、うまくできたかわかりませんね。これからもいい音楽で皆さんによい1日、1日をプレゼントしたいと思います」
ホシ「平日なのに時間を割いて来てくれたCARATの皆さん、心から感謝します。運動靴って靴ひもがきちっと結べているからキレイじゃないですか。僕らとCARATの皆さんも、そのように一つひとつ紡いできていますよね。これからがスタートです。これからもずっと一緒でいましょう」
スングァン「本当に感動しました。昨日は最初とても緊張で震えていましたが、CARATの歓声を聞いたら幸せで、今日は緊張しなかったんです。こうやってステージから見守っていると、友だち同士、カップル、会社員、学生、そして僕らを初めて見るという方々もいるようです。そういう方々が、僕らの歌やステージに傾聴してくれる姿に感動しました(日本語で)CARATの皆さんのおかげで、今日も僕は愛でいっぱいの人になりました」
ミンギュ「横浜アリーナをいっぱいにしてくれてありがとうございます。そして(スタンド立見席を見て)2階と3階の間にも、とても多くの方々が立っていらっしゃるんですね。その姿を見てまた感動しました。(日本語で)今日もいい思い出ができたと思います。これからも、もっともっとかっこいいSEVENTEENになります。そして昨日、僕が初めて作った言葉があるんです。皆さん、わかってますか? 僕がお疲れさまって言ったら言ってくださいね。おやすミンギュ~(笑)」
ジョンハン「できるならば、一人ひとりの方々と目を合わせてみたいと努力しましたが、全部はできなかったようで残念です。遠くにいる方々にちゃんと視線をあげられなくて申し訳ないです。今日このように良い時間を過ごしたように、ずっとずっとCARATと一緒にいられたらうれしいです」
ドギョム「皆さんと出会えたことが大きな幸運だと思います。本当に皆さんは僕らのビタミンだと言っても過言ではないくらい、とても大切な方々です。僕らも、皆さんに力を与えられるカッコいい歌手、そして皆さんのよき友人、家族のような存在になりたいと思うので、応援よろしくお願いします」
ディエイト「いつも言っていますが、本当に皆さんが幸せであればいいなと思っています。皆さんを見るたびに力が出ます。僕もいつも皆さんの力になりたいし、よい影響を与えたいです。そして一緒に成長したいです。一緒にいい人になりたいです。皆さんも一緒にできますよね? これからも頑張りますので、そばで見守っていてください。(日本語で)今日もお疲れさま」
エスクプス「幸せがなにかを教えてくれてありがとうございます。こうして僕らを待ってくれる多くの方々がいるということだけで、僕らはずっと音楽をしていけそうです。皆さんが僕らのどんな姿を見て好きになってくれたのかわかりませんが、たくさんのCARATの皆さんが満足できるように、もっとカッコよくなって、かわいくもなって(笑)、13人でわちゃわちゃできるSEVENTEENでいたいと思います。(日本語で)皆さんが僕たちのそばにいてくれたら、僕もずっと皆さんのそばで歩きます」

最後はアンコール定番の「Love Letter」で甘い雰囲気で締めるかと思いきや、続けて「VERY NICE」へ。花道に散らばって自由にサビのダンスを踊ると、中盤はセンターに集まってキレキレのダンスを、ラストは円陣を組んで「アジュナイス!!」と叫んだかと思うと、花火とともにブルーの銀テープが舞い上がった。大興奮の歓声の中、回転ステージの中に飲み込まれるように退場するメンバーたちは、最後まで「大好きです」「愛してるよ~」「また会いましょう」とCARATへの愛情と感謝の言葉を惜しまなかった。

さらに、ライブのあとには、サプライズで日本デビュー決定を発表。エスクプスが「SEVENTEENの夢についてきてくれますか? 僕たちSEVENTEENは、SEVENTEENらしく、日本デビューします!」との決意を述べると、客席からは拍手と大歓声が上がった。来日のたびに期待を裏切らないパフォーマンスと誠実な言動でファンの心を捉えて離さないSEVENTEEN。日本デビューによってさらなる旋風を巻き起こすことが期待できそうだ。

(C)PLEDIS


リリース情報

2018.02.21 ON SALE
DVD『SEVENTEENのある素敵な日 in JAPAN』DVD(5DVD+ブックレット)

2018.04.18 ON SALE
Blu-ray&DVD『2017 SEVENTEEN 1ST WORLD TOUR ‘DIAMOND EDGE’ in JAPAN』

2018.04.18 ON SALE
Blu-ray『’17 JAPAN CONCERT Say the name #SEVENTEEN』

2018.05.30 ON SALE
SEVENTEEN JAPAN 1ST MINI ALBUM(タイトル未定)
※詳細は後日発表


SEVENTEEN OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/pledis_17jp

SEVENTEEN OFFICIAL WEBSITE
http://seventeen-17.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人