シシド・カフカ×スカパラ、映画『リメンバー・ミー』日本版エンドソングを初パフォーマンス

本年度アカデミー賞(R)にて、長編アニメーション賞と主題歌賞の2部門を見事受賞し、日本の公開を前に早くもこの春いちばんの話題作となっている映画『リメンバー・ミー』(3月16日公開)。

日本公開を目前に控えた3月8日にジャパンプレミアが盛大に開催され、本作の日本版エンドソングを担当している、シシド・カフカ feat.東京スカパラダイスオーケストラが初パフォーマンスを披露した。

日本版声優を務めた石橋陽彩(主人公ミゲル役)、藤木直人(へクター役)、橋本さとし(デラクルス役)、松雪泰子(イメルダ役)、横山だいすけ(ミゲルのお父さん役)ら豪華キャスト陣が登場し、石橋は「皆さんに観ていただけることをうれしく思います!」といよいよ公開が迫る気持ちを告白。

見事本作がアカデミー賞2部門を受賞した心境を松雪は「世界中70以上の賞を受賞していたので、アカデミー賞を受賞するのは確信していました。日本にも『リメンバー・ミー』ブームが広がってくれたらいいなと思います」と素直に喜びを述べた。

横山は「この作品が日本中をあたためてくれたらいいなと思います」と語り、橋本は「デラクルスは自分にちょっと似ているかなと思っており、今日は衣装も合わせてきましたので生クルスで!」と観客を笑わせた。

世代を超えた家族の繋がりを描く“家族に会いたくなる映画”である本作にちなみ、自身の家族との繋がりを感じたエピソードが質問されると、松雪は「家族の写真をたくさん飾っていますが、元気かなーと思って写真を見ていたらメールが来たり、そんな瞬間に繋がっているなと感じます。家族は深い絆で繋がっていて、いつも見守ってくれる大事な存在です」、藤木は「アフレコ収録は大変な作業でしたが、台本に子供たちの写真を貼って挑み、子供たちが完成を待っているだろうと思って頑張りました」と、それぞれ家族との心あたたまるエピソードを披露した。

そして、本作の日本版エンドソングを務める、シシド・カフカ feat.東京スカパラダイスオーケストラのパフォーマンスがスタート。雨が降りしきる寒さを吹き飛ばすように会場は熱気に包まれた。両者揃ってのパフォーマンスはこの日が初めてとなり、東京スカパラダイスオーケストラが奏でるリズムに、カフカの歌声が場内に響き渡った。歌の最後にはマリーゴールド色の紙吹雪が舞い、会場のボルテージは急上昇し、大きな拍手に包まれた。

横山は「こんなに近くで聴けるなんて! 体があたたまるどころか熱くなりました。歌の力を強く感じることができました!」と興奮した様子でコメント。橋本も「最高でした! ぼくも一緒に歌いたかったです。今度はぜひ一緒にやらせてくたさい!」と生演奏に終始テンションが上がりっぱなしだった。

圧巻のパフォーマンスで、ゲストも観客も大満足のイベントとなったなか、カフカは映画について「心があたたまる物語。音楽って改めて素敵だと感じました」と語り、スカパラの茂木は「家族の絆を教えてくれて、会えなくなった友達のことも思い出させてくれる、前向きになる映画」と本作を絶賛した。

本作の主人公ミゲルとヘクターで日本版バディを務めた石橋は、「家族の想いがたくさん詰まった作品です。ぜひ大切な人と観てほしいです」、藤木は「家族の大切さを思い出させてくれる素晴らしい作品です。遠くに家族がいる人もぜひその感想を伝えてください!」とコメントし、イベントを締めくくった。

アカデミー賞も受賞し、世界中の観客を感動の渦に巻き込んでいる『リメンバー・ミー』からますます目が離せない。


映画情報

『リメンバー・ミー』
3月16日(金)公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


映画『リメンバー・ミー』作品サイト
http://www.disney.co.jp/movie/remember-me.html


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人