乃木坂46・高山一実×ピース又吉×中村文則、映画『冬きみ』鼎談が実現!「メンバーと映画の話をしたくて仕方がない」(高山)

岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)が主演を務める、映画『去年の冬、きみと別れ』が3月10日に全国ロードショーとなる。

そしてこのたび、中村文則(原作者)×又吉直樹(ピース/お笑い芸人・小説家)×高山一実(乃木坂46/歌手・タレント)が、映画公開を記念して本作の見どころと魅力を語りつくす豪華鼎談が実現した。

映画を観た感想を「僕は原作のファンで内容も知ってるはずなのに、『このあと、こうなんのかな』と思ったことがひとつも一致しなかった。途中から原作のことはすっかり忘れて(笑)、ただただすごいものを今観ているんだということしかなかったです」と又吉。

原作を読んでいてもダマされる“強者”サスペンスと化した本作を存分に堪能したようで、中村作品のファンであり、又吉同様に原作を読んでいた高山も「冒頭から驚き、すぐ映画の世界に入り込んで感情移入し、目が離せなかったです」と語った。

「この映画は多くの罠や謎を散りばめているわけですが、単なる謎解きものではないので、鑑賞後に残る感情がひとつの成分ではないんです。特に後半から何とも言えない悲しさ、やるせなさもあって……」と驚愕の結末がもたらす感情について語る又吉の話に加えて、高山が「登場人物はみな、深刻な感情や暗い部分を抱えているし、次々大変なことも起こるのですが、観終えたあと、なんかスッキリしたんですよね」と鑑賞後の心境を明かすと、中村も「わかる。なんか不思議な解放感みたいなのがありましたね」と共感を示した。

中村は「僕は脚本を読んでいるから、どうなっていくかわかっているのですが、それでも違うところで映画に引き込まれているから、ダマされているような気になりました。監督の撮り方と役者さんの圧倒的な演技力によるものですね」 とコメント。

そして、「会話だけで伝えようとするとわかりづらい複雑な状況や心境を、ちょっとした目の動きなどの 表情や仕草で伝えてくれる」と原作者ならではの目線で、映画『冬きみ』の魅力を語り、さらには「岩田剛典さんの役作りも見事でした」と大絶賛した。

映像化不可能と言われてきた原作を、徹底したリアリティに裏打ちされた演出で鮮やかに映像化し、すべてのキャストから“新しい顔”を引き出すことに成功した瀧本智行監督のこだわりの“映像美”には3人とも魅了された様子だった。

原作小説を書こうと思ったきっかけを「小説の可能性を追求したかった。テーマは『人間の欲望』。その源は何なのかや、一線を越えると人はどうなってしまうのかなど、書きたいことがたくさんありました。恋愛の要素も含めて」と振り返る中村に続いて、又吉は「人間にはいろんな要素がある。悪者だってただ悪いだけじゃないし。中村さんの小説はそういう一人ひとりの複雑な感情をていねいに描いているので、読みながら自分の内面とすごくシンクロして好きなんです。今回の映画もそう。描かれているのはただの憎しみではなく、そこに愛があるからたまらない。愛を感じるから、どの登場人物も突き放せないんです」​と​原作の世界観をそのままに見事に映像化に成功した本作の魅力を熱く語った。

そして、中村からは「難しい映画ではないのに、深いものが残る。しかも映画の魅力とメジャー性、そして文学性までも成立させています」と、原作者から映画への最高の賛辞が贈られた。

所属する乃木坂46のメンバー内は映画好きが多いそうで、「『ダマされる』に100賭けるぐらい面白いから絶対観て!」って宣伝します。ていうか、私自身が早くメンバーとこの映画の話をしたくて仕方がないんです。一度観ているのに公開が本当に待ち遠しいです」と高山。

原作を読んでいても、読んでいなくても本作に魅了され、映画はもちろん、観たあとまで楽しめる“予測不能!サスペンス”。公開への期待は高まる一方だ。


映画情報

『去年の冬、きみと別れ』
3月10日(土)全国ロードショー
監督:瀧本智行
脚本:大石哲也
音楽:上野耕路
出演:岩田剛典(EXILE / 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
山本美月、斎藤工 ・ 浅見れいな / 北村一輝
原作:中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)
(C)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
(C)中村文則/幻冬舎


書籍情報

『映画 去年の冬、きみと別れ ビジュアルブック』
発売日:3月1日(木)
価格:本体730円+税
文庫判 / ソフトカバー / オールカラー / 208 ページ


映画『去年の冬、きみと別れ』作品サイト
http://fuyu-kimi.jp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人