あの人気女優が三浦大知、小沢健二らアーティストたちを繋ぐ?2月の『ミュージックステーション』を定点観測

音楽ブロガーとして活動し、初の著書『夏フェス革命 ー音楽が変わる、社会が変わる』を上梓したばかりのレジーが、『ミュージックステーション』の放送内容を基に最新のJ-POP事情についてお届けする連載「月刊 レジーのMステ定点観測」。

2月のMステは通常の1時間プログラムが2回(2日、16日)、2時間スペシャルが1回(23日)という計3回の放送でした。

特に見ごたえがあったのは23日の2時間スペシャルで、星野 源が新曲「ドラえもん」をELEVENPLAYの面々と披露したり、その星野 源と三浦大知がこの日出演していたPerfumeのダンスの魅力を語ったり、星野 源、三浦大知、松本 潤の3人がマイケル・ジャクソンへの愛を開陳したり、と盛りだくさんでした。

また、今月は48・46関連のグループが一度も登場しないというわりと珍しい感じの1ヵ月でしたね。そんな2月のMステの模様を今回は前後編でお届けします。まずは女優の枠を超えて様々な話題を振りまいているこの方を中心とした話題からどうぞ。

 

満島ひかりが繋ぐ音楽の輪:小沢健二、三浦大知、松たか子/椎名林檎

16日の放送に出演した小沢健二。昨年の復活以来、この人がこんなに「普通にMステに出る人」になるとは思っていませんでしたが、こうやって日常的にJ-POPシーンにいてくれるというのはとてもうれしいことです。

披露したのは90年代の名盤『LIFE』にも収録されている「ラブリー」と、盟友の岡崎京子のマンガを原作とした映画『リバーズ・エッジ』の主題歌にもなっている「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」。

「ラブリー」が始まると聴こえてきたのは女性の歌声……ということで、この日は先日Apple Music上で公開された『Tokyo, Music & Us 2017-2018』でも共演していた満島ひかりが登場(事前に満島の名前はアナウンスされず)。「ラブリー」をデュエットという形でパフォーマンスした後、「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」では曲途中のラップとも朗読とも取れるパートを担当。さすがの表現力! という感じで楽曲に華を添えていました。

そんな満島ひかりの姿に目を細めていたのが、彼女とはFolderでの活動含めて20年来の付き合いとなっている三浦大知。ふたりは2月15日に行われた日本武道館での三浦大知のライブでも共演しています。

番組ラストではお互いについて「武道館に続いて連日会えてうれしい」(三浦)「弟のように見ていました。同じグループだった子がこうやって頑張っていてうれしい」(満島)と語っていましたが、異なるジャンルで切磋琢磨していた仲間と同じフィールドでも交流できることに心底喜んでいる様子でした。

三浦大知はこの日は絢香とのコラボで「ハートアップ」を披露、23日のスペシャルではソロでのキャリアをまとめたベストアルバム『BEST』に収録されている新曲「DIVE!」をパフォーマンス。相変わらずのハイレベルな歌とダンスを見せてくれました。

満島ひかりといえば女優としてたくさんの作品に出演していますが、最近の代表作として昨年TBSにて放送された連続ドラマ『カルテット』があります。このドラマは出演した俳優陣4人(松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生)で歌う「おとなの掟」も話題を呼びましたが、なんと2月23日のMステではその松たか子と「おとなの掟」の作者でもある椎名林檎のコラボが実現。

なぜ今? という感じは若干あるのですが、おそらくこの組み合わせは多くの人たちが待ち望んでいたものではないかと思います。

椎名林檎自身も「おとなの掟」をセルフカバーしていますが、その際はあえて原曲のイメージから離すべく英語で歌っていましたし、松崎ナオとのカバーの際にもよりバンド感の強い音にリアレンジされていました。

弦楽主体の演奏をバックに松たか子の太い歌声と椎名林檎の切実さの感じられるボーカルが重なるこの日の「おとなの掟」は、オリジナルバージョンの良さを残しながらそれが増幅されたかのような素晴らしいものでした。

演奏直後に映った嵐の二宮和也が「いやーやっぱ良いわ」みたいな表情で何事か呟いていたのも印象的でしたが、おそらくたくさんの視聴者があんな顔になっていたのではないかと思います。

期せずして今月のMステのハブ的存在になってしまった満島ひかりですが、昨年の「おとなの掟」や「ラビリンス」(MONDO GROSSOの楽曲にボーカルとしてフィーチャリングされてMステにも出演)を経て、音楽シーンにおいても注目される存在になりつつあります。

この先もコラボ相手としてのスパイス的な役割で存在感を放っていくのか、それとも自身の表現活動の根幹に音楽を取り入れていくのか(それこそ松たか子のように)。どんな舵取りをするのか非常に楽しみです。

[前編]はここまで。[後編]では外国からのお客様やあらたなスター候補についてお届けしたいと思います。3月2日(金)の配信をお待ちください!

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)


【2018年2月2日放送分 出演アーティスト】
Sexy Zone「忘れられない花」
TWICE「Candy Pop」
ゴールデンボンバー「アルバム『キラーチューンしかねえよ』まさかの全曲披露」
カミラ・カベロ「Havana」
GENERATIONS from EXILE TRIBE「Y.M.C.A. 」
星野 源「ドラえもん」

【2018年2月16日放送分 出演アーティスト】
Hey! Say! JUMP「マエヲムケ」
小沢健二「ラブリー」「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」
家入レオ with 清塚信也「ずっと、ふたりで」
あいみょん「君はロックを聴かない」
絢香&三浦大知「ハートアップ」

【2018年2月23日放送分 出演アーティスト】
MUSIC STATION 2時間SP
三浦大知「DIVE!」
Perfume「無限未来」
Sexy Zone「ROCK THA TOWN」「ぎゅっと」
HIKAKIN & SEIKIN「雑草」
和楽器バンド「細雪」「千本桜」
SAMURIZE from EXILE TRIBE「SAMURIZE track 01 〜3 J.S.B. Mix〜」
星野 源「ドラえもん」
E-girls「Pain, pain」
松たか子/椎名林檎「おとなの掟」
嵐「白が舞う」「Find The Answer」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人