ブルエンのライブアンセム「もっと光を」が、住野よるの新刊『青くて脆くて痛い』のテーマソングに抜擢

BLUE ENCOUNTの「もっと光を」が、住野よるの3月2日発売の新刊『青くて脆くて痛い』のテーマソングに決定した。

また、今回「もっと光を」を使用した『青くて脆くて痛い』のイメージムービーが解禁。このイメージムービーは、『青くて脆くて痛い』特設サイトにて公開中となっており、書籍の発売以降は一部書店にて公開される予定だ。イメージムービーには、ふすいのイメージボードが使用されている。

「もっと光を」はBLUE ENCOUNTのメジャー1stシングルで、現在YouTube再生回数が約400万回を記録しているライブでもアンセム化している楽曲。

住野よるは、デビュー作『君の膵臓を食べたい』が200万部を突破し、映画化もされている人気作家。その住野よるが「自身最高傑作」と豪語する今作『青くて痛くて脆い』は、誰にも見せることのできなかった自分の小さな心の穴や、誰にも言えなかった思春期のモヤモヤとした感情をていねいにすくいあげ、表現した作品。その感情を乗り越えた上での前向きな各キャラクターの姿勢は「もっと光を」の歌詞とリンクするような世界観となっている。

BLUE ENCOUNTは、 3月21日3rd Album「VECTOR」をリリースし、6月からツアー『BLUE ENCOUNT TOUR 2018 Choice Your 「→」』を開催。ツアーのチケットは3月4日23時59分までLINE先行を受け付けている(LINE ID:@blueencount)。

住野よる コメント
『青くて痛くて脆い』に、「もっと光を」の力を貸していただけないだろうか。そんなことを思ったのは、「この本のPVにかっこいい曲を使いたい」という話が出たときでした。
作者がBLUE ENCOUNTのファンであるということがまず大前提にありました。そこから、歌詞が物語の趣旨にぴったり合っていることや、江口さんが以前から拙作を読んでくださっていること、自身の作品で初めて色が題名に入っていることなどたくさんの理由があがり、その中でも「もっと光を」を使わせていただけないかと考えた最も大きな理由は、作者がライブで聴くたびに読者さんたちのことを思い出す曲だからでした。
「もっと光を」は、ブルエンから光を貰う曲であるのと同時に、聴いた人それぞれがほかの誰かに光を届けようとすることのできる曲なのだと、一人のファンとして感じています。
『青くて痛くて脆い』にも、そんな物語であってほしい。読んだ人が光を感じられるように、その光をまたほかの誰かに各々の形で届けられるように。“もっと光を君に届けたくなったよ”という歌詞は、読者の皆さんに『青くて痛くて脆い』を読んでもらう上で、作者が込めた想いそのものです。
BLUE ENCOUNTの皆さんにとって、そしてBLUE ENCOUNTのファンの皆さんにとっても特別な「もっと光を」という曲の力をお借りして、『青くて痛くて脆い』が多くの方たちの心まで届くように願っています。


リリース情報

2018.03.21 ON SALE
ALBUM『VECTOR』


BLUE ENCOUNT OFFICIAL WEBSITE
http://blueencount.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人