たこ焼きを「あーん」。元AKB48・大和田南那、よしもと若手芸人との“大阪デート”が発覚!?

AbemaTVのオリジナル恋愛リアリティショー『オオカミくんには騙されない』のシーズン3『真冬のオオカミくんには騙されない』(毎週日曜22時~)に出演中のお笑いコンビ・いなかのくるまの木佐凌一朗が2月23日、自身のアメブロオフィシャルブログを更新。

元AKB48のメンバーで現在、女優として活躍する大和田南那との“大阪デート”を振り返った。

同番組は、本気で恋愛をしたい女子高生たちが、イケメン男子とデートを繰り返しながら恋に落ちていくまでを追いかける恋愛リアリティショー番組。ただし、男子の中には嘘をついたり、好きでもないのに好きなフリをして恋を邪魔する「オオカミくん」が最低でもひとり混ざっており、よりリアルな恋愛模様を引き起こすところが見どころのひとつとなっている。

「その10.住みます芸人が教える大阪観光・大阪デート」と題して更新したブログで木佐は

「いなかのくるま木佐です。
改め
平野区住みます芸人いなかのくるま木佐です」

とコンビ写真での挨拶からスタート。続けて、同番組の第4話(2月18日放送)で大和田と過ごした“大阪デート”コースを写真と共に紹介。

大和田が「ふたりで撮りたい」と言っていたグリコの看板前では

「普通は看板と同じポーズをするんですけど
この2人はなんなんでしょうか、、、、
よくわかりませんね、、、」

と、不思議なポーズをとりながら自撮りしている様子を公開。次に向かったアメ村については、“住みます芸人”として

「アメ村は心斎橋の辺りの一部のことを言います
アメ村と聞くとスラム街のような危険な
イメージを持たれる方もいるかと思います
しかし
イメージとは異なり
今のアメ村は危なくないのです
ゴロツキにピアスごと耳をちぎられることもありません
アメ村の真ん中に交番もあります」

と、しっかりアメ村を紹介している。

また、アメ村では、木佐に似合いそうな服を大和田に選んでもらってる様子や、甲賀流のたこ焼きを大和田から「あーん」してもらってる様子も公開。

大和田が「かわいい」「すごい」「大好きこういう感じ」と喜んだ不思議の国のアリスをモチーフにした「水曜日のアリス」というお店については、

「不安なるぐらい扉が小さいです
中は非常に素敵」

とつづり、

「そして
不安なるぐらい長いソフトクリームを食べました」

と、ふたりで仲よくアイスクリームを食べている自撮り写真も公開している。

“大阪デート”の最後は、梅田スカイビルの空中庭園。

「この空中庭園では
最上階でカズーを演奏するのが若者の間でブームになっています」

と紹介し、

「大阪でデートするのに参考にしてください」

と呼びかけた。さらに、

「デートするのに1番オススメな場所があります」

とつづると、

「時間の
都合上ななちゃんとは行けませんでしたが
(なんか東京で待っとるやつがおったんで)
難波のよしもと漫才劇場がオススメです!!!!!!
楽しいですよ~~
1000円〜2000円でライブが見れますし
年中無休です
みんな面白いし
道頓堀のZAZAという所もオススメです!
カップルでも友達同士でも楽しいです
気になる人とライブに行って
あのコンビ面白かったよね、とか話してみては?
いつ行けばいいかわからない
そこのあなた!
参考にどうぞ!
さらに迷うというあなた!
あいよ!!!!」

とライブ情報をちゃっかりアピールした。

ブログを読んだファンからは

「このデートコース参考にするわw最後は吉本新喜劇いくw」
「観光の参考にもなりますね!!」
「行くぜ!よしもと漫才劇場」
「次のライブいきますよ~♪」

などや、

「ふたりのデート写真がほっこり&可愛すぎます」
「こんなデートしたいなぁ~」
「ほんと木佐くんのすごいいい人感やばかったです!!!」
「ほんわかしててふたりともかわいかった」
「木佐よ!! こんなかわいい子との大阪デートずるすぎ笑!!!!!」

とふたりのほっこり“大阪デート”に対する様々なコメント寄せられている。

『真冬のオオカミくんには騙されない』第5話は、2月25日22時から放送。


いなかのくるま 木佐凌一朗(真冬のオオカミくんには騙されない)オフィシャルブログ Powered by Ameba:記事タイトル「その10.住みます芸人が教える大阪観光・大阪デート」
https://ameblo.jp/inakanokisa/entry-12355044767.html

『真冬のオオカミくんには騙されない』第5話 放送URL
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8rzxTAubUpNuq


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人