知英(JY)の“エロ”発言に会場騒然!? 竹中直人は知英に伝説のギャグ「笑いながら怒る人」を伝授

映画『レオン』の公開直前イベントが本日2月21日、東京・ブロードメディア・スタジオ試写室にて行われ、キャストの知英と竹中直人が出席した。

JYとして音楽活動も行う知英の劇場長編初主演映画『レオン』は、清智英と大倉かおりによる同名マンガをもとにした“空前絶後のスイッチング・エンターテインメント”。ナイスバディだけが取り柄の地味なOL・小鳥遊玲音(知英)と、年商500億の女好きワンマン社長・朝比奈玲男(竹中直人)の体が入れ替わったことで起こる騒動が描かれる。

コメディ映画に出演してみたいという夢が本作でかなったという知英は、オファーが来たときのことを「うれしかった」と振り返り、今回の役作りについて「オヤジはオヤジでも普通のオヤジではなく、“エロ”オヤジ。はじめは、大丈夫かなと思ったが、“エロ”ということよりも社長としての“威厳”というほうを意識して演じた」とコメント。

知英から“エロ”と言う言葉が出たことに戸惑うMCに、知英は「“エロ”という言葉をマスコミの前でこんなに初めて口にした」と話し、笑いを誘った。

竹中は知英との共演について、「美しい方だというのは知っていたが、人見知りが激しいので、知英さんがどんな人だろうととても緊張した」と告白。しかし、撮影が始まると、すぐに打ち解け、仲良くなったという。撮影の後にも、ドラマに本作のプロモーションにと一緒に駆け抜けてきたふたりは、見事に誰もが認める仲良しコンビとなった。

本作は、玲音の親友に大政絢、玲音の恋心をもてあそぶプレイボーイ・日下に山崎育三郎、中身が入れ替わったレオン恋をしてしまう若手社員に吉沢亮、玲男の甥っ子にジャングルポケット斉藤慎ニ、朝比奈の秘書にミッツ・マングローブと、豪華なメンバーが個性的で強烈すぎるキャラクターを演じていることも見どころのひとつ。

ドラマ『オーファンブラッック』でも共演していた山崎について知英は「山崎さんがプレイボーイ・日下のキャラになりきっている姿に、撮影中も笑ってしまってNGをたくさん出してしまった」と撮影エピソードを披露し、撮影現場がとても和気あいあいとしていたことを明かした。

また、ジャングルポケットの斉藤との絡みが多かった竹中は、「映画初出演なのに魅力的な演技をする人。アドリブをしてもちゃんと返してくれる。いろんな役がこなせる人!」と俳優としての斉藤を大絶賛した。

劇中の好きなシーンとしてふたりが挙げたのは、ふたりが入れ替わった直後に知英が病院で目覚めるシーン。

このシーンは竹中の「目を開けたまま眠る人」を見ることができる本作の注目シーンのひとつで、その技はまるで芸のよう。芸といえば、竹中の伝説のギャグ「笑いながら起こる人」が有名だが、なんとこの日は竹中から知英へ「笑いながら怒る人」を伝授。

まずお手本として、竹中が本物の「笑いながら怒る人」を披露すると、場内は爆笑の渦に。そして、「難しい!」と嘆きつつも、一生懸命に真似をして、知英が「笑いながら怒る人」を完コピすると会場には笑いと拍手が沸き起こった。

そして、最後に知英は「とにかく笑いたいと思ったらこの映画を観てほしい!」、竹中は「知英がとにかくスゴい! そしてほかの役者も個性派揃いで、そのエネルギーを、絶対にスクリーンで堪能してほしい」と作品をPRし、イベントを締めくくった。

映画『レオン』は、2月24日より新宿バルト9ほかにて全国ロードショー。


映画情報

『レオン』
2月24日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
出演:知英 大政絢 吉沢亮 斉藤慎二(ジャングルポケット)
ミッツ・マングローブ / 原幹恵 河井青葉
山崎育三郎 竹中直人
監督:塚本連平(『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『かずら』)
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』)
原作:「レオン」(講談社KCデラックス)
製作:映画『レオン』製作委員会
配給:ファントム・フィルム
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会


リリース情報

2017.12.20 ON SALE
JY(知英)
SINGLE「Secret Crush 〜恋やめられない〜 / MY ID」


映画『レオン』作品サイト
http://reon-movie.com

知英×JY OFFICIAL WEBSITE
https://jiyoung.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人