Superfly・越智志帆、初のウエディングドレス姿を披露! 「理想のウエディング会場は“自宅”」

2018.02.21

Superflyとして活躍する越智志帆が、『ゼクシィ Premier(プレミア)』SPRING 2018(2月23日発売)の表紙に登場する。

心に染み入る歌声でCMやドラマなどの楽曲に多数起用され、去年デビュー10周年を迎えたSuperflyの越智志帆。今回は自身の結婚観や理想の夫婦像、さらには理想の結婚式の演出など、普段ステージの上ではあまり伺い知ることができない話をたくさん披露する。

これまでアーティストとして様々な素敵な衣装を着用してきた越智だが、ウエディングドレスを着るのは初めてとのこと。「ファンの方からは、歌っている姿のイメージが、“パワフル”とか“雌ライオン”と称されることが多かった」(越智)とのことで、今回『ゼクシィ Premier』から花嫁姿の企画が来たことについては、驚きつつもうれしかったと明かした。

また、ステージ上での華やかな衣装やメイクが「すでに結婚式みたいなレベル」と感じているそうで、ご自身の結婚式を想像したときの理想は対照的にカジュアルな雰囲気だそう。そして理想の会場はなんと自宅! いつもは歌でお客さんを楽しませている越智だが、“自宅ウエディング”では自分で料理を作っておもてなししたい、楽しんでほしいと考えているようだ。

ただしこれではウエディング感が薄れてほぼホームパーティになってしまうかも、とのことで「ケーキ入刀だけはやろうかな(笑)」と茶目っ気たっぷりに話す。

「理想の夫婦像とは?」の質問には「友達のような夫婦。映画や雑貨屋に一緒に行けて、一緒に何でも楽しめて、価値観があまりバラバラじゃない」と答えた越智。同じ目線・同じ歩幅で毎日を楽しめるカップルが素敵だと考えているよう。

さらにパートナーに求めるものについて越智は、「優しさと思いやりですかね。いろいろなことに否定的な人には、優しさとか思いやりをあまり感じないです。ひと言目が否定的な『でもさ…』はNGですが、肯定からの『でもさ』ならOK。いろいろなことに肯定的な人が優しい人だと思いますし、自分もそうありたいですね。自分のことも相手のことも、肯定できる、受け入れられる器が大きい人でありたいです」と、自身もまたポジティブな、パートナーにとって理想の存在でありたいと語った。

『ゼクシィ Premier』編集長 今西裕子 コメント
■越智志帆の起用理由
パワフルな歌声と強いまなざしが印象的な越智志帆さんに、大人の女性だからこそ似合うキュートなブライズルックを着こなしていただきました。ベリーショートを生かし、大好きなヴィンテージの衣裳を 取り入れた、越智さんならではのスタイルに。ナチュラルで自分らしいブライズスタイルを感じてもら えればと思います。


『ゼクシィ Premier』OFFICIAL WEBSITE
http://zexy.net/mar/honshi/premier.html

Superfly OFFICIAL WEBSITE
https://www.superfly-web.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人