元KARA・知英(JY)が、映画『レオン』でキャバ嬢に! まさかの「おっぱい触る?」発言に客ドン引き

元KARA、知英(JY)の劇場長編初主演映画『レオン』(2月24日公開)より、知英演じる小鳥遊玲音のキャバクラ初入店シーンおよび初接客シーンの特別映像が公開された。

映画『レオン』は、清智英と大倉かおりによる同名マンガをもとにした“空前絶後のスイッチング・エンターテインメント”。ナイスバディだけが取り柄の地味なOL・小鳥遊玲音(知英)と、年商500億の女好きワンマン社長・朝比奈玲男(竹中直人)の体が入れ替わったことで起こる騒動が描かれる。

このたび、解禁となった映像は、主人公の小鳥遊玲音が、会社をクビになり、あらたなる職場として選んだキャバクラへ初入店する場面。親友・サリナ(大政絢)のアドバイスで、“女”に磨きをかけるためにファッション・美容にたっぷりお金をかけた玲音。お金を稼ぐために選んだ仕事はなんとキャバ嬢!

解禁映像では、内気なOLの玲音が派手なドレスに身を包み、ゴージャスキャバ嬢に変身。自慢のナイスバディを披露し、「男の相手なんてちょちょいのちょいよ、使わねーとな、女の武器は」と、内気なOLだった玲音には似つかない発言を口にする。

玲音は入店1日目にして早速、指名を受け、初めてお客さんにつくが、「よいしょっと」と両足を椅子の上に乗せ、「で、何飲むんだお前ら」と華麗なるキャバ嬢には到底似つかわしくない台詞を放つ。

それもそのはず、キャバ嬢・玲音の“心”は、朝比奈玲男と事故で入れ替わった状態で、中身はワンマン女大好き社長だったのだ!

華麗なるキャバ嬢へ外見が変わっても性格は、大胆で強気な元のワンマン社長のまま。様子がおかしい玲音を見て、固まっているお客さんに、追い打ちをかかけるように「おっぱい触る?」と隠しきれないおっさん感満載の台詞を放ち、あえなくバックヤードへ退場。初接客は即刻バックヤード行きの悲しい結末となり、「あれー?」といぶかしがるシーンで特別映像は終了。

初のキャバ嬢役を演じた知英は「初めての役だったので、接客の仕方などがわからないときもあったんですけど、“自分はオヤジになったんだ”と思ったら楽に演じられました(笑)」と振り返る。

ナイスバディなゴージャスキャバ嬢のはずが、おっさん感が溢れ出してしまっている玲音の笑撃のキャバクラシーンをチラ見せする本映像だが、本編にはまだまだ爆笑シーンが盛りだくさん。ぜひ劇場の大スクリーンで楽しもう。


映画情報

『レオン』
2月24日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
出演:知英 大政絢 吉沢亮 斉藤慎二(ジャングルポケット)
ミッツ・マングローブ / 原幹恵 河井青葉
山崎育三郎 竹中直人
監督:塚本連平(『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『かずら』)
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』)
原作:「レオン」(講談社KCデラックス)
製作:映画『レオン』製作委員会
配給:ファントム・フィルム
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会


リリース情報

2017.12.20 ON SALE
JY(知英)
SINGLE「Secret Crush 〜恋やめられない〜 / MY ID」


映画『レオン』作品サイト
http://reon-movie.com

知英×JY OFFICIAL WEBSITE
https://jiyoung.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人