ももクロ・百田夏菜子、リーダー論を語る。「お弁当など選ぶときは先に選ばず、少し待ちます」

マーベル・スタジオ最新作『ブラックパンサー』が3月1日に公開。日本公開に先駆けた2月16日に、全米公開された本作は、なんと映画史上歴代5番目の数字を叩き出すという、驚異的なオープニング週末興収を記録しての超特大ヒットスタートを記録。

2月16日〜18日までの週末3日間で、約1億9202万ドル(約204億円)を記録し、初登場第1位。そしてこの数字は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『ジェラシック・ワールド』、そして『アベンジャーズ』に次ぐ、歴代第5位の数字となっている。

そんな全世界が盛り上がる中、ついに吹替え版が完成し、本日2月19日に完成披露試写会が開催。日本で一般招待者に向けての初のお披露目の場になるということで、会場には、映画を楽しみにしていた幅広い世代の観客約500名が詰めかけた。

この記念すべき日を盛大に祝うため、主人公ブラックパンサーの妹にして、ワカンダの天才科学者:シュリの日本語吹替版声優を担当した“ももいろクローバーZ”の百田夏菜子が登場。自身が声優を務めたシュリをイメージに、アップにしたヘアと白いレースの可愛らしいワンピース姿で壇上に上がると、会場は歓声に包まれた。

先日韓国プレミアへ参加した百田は「現地のプレミア会場は、物すごい盛り上がりで、たくさんの方がこの作品を待ち望んでいたんだなという思いが伝わってきたので、日本の公開が間近ということでとてもワクワクしています」とコメント。ファンの熱量の高さを肌で感じ、大変驚いた様子だった。

また、今回洋画吹替え初挑戦となった百田は、「今回演じている女優さんがいる中での吹替えだったので、その役者さんにどれだけテンションを近づけて、演じて行けばいいのかが難しく、やりながら学ばせてもらいました。」とアフレコ時の苦労を明かした。

自身が演じたシュリについては「お兄ちゃん思いで、天真爛漫ですごく元気、チャレンジ精神を持っている子なんです。だけど普段は普通の女の子、とてもオシャレで髪型も服もシーンによって違うので彼女を見ているだけで楽しかったです。演じている女優さんが私と年齢が近いので、お会いできたら今どきのお話しできそうだな。って勝手に思っています(笑)」と親近感の持てる魅力的なキャラクターであることをアピールした。

さらに、劇中ではシュリの兄にあたるティ・チャラ/ブラックパンサーについては「国王なんですが、人間味が溢れる親しみやすいキャラクターなんです。シュリが彼のスーツや道具など作っていたりするので、シュリとティ・チャラ二人三脚で一緒に戦っているように感じましたね」とコメントした。

すると、ここで突然会場が暗転し、藤岡弘、が登場! サプライズ演出に会場は、騒然! 藤岡は「ヴィブラニウムはどこにあるんだぁ?」と映画の重要なアイテムとなる鉱石<ヴィブラニウム>の調査でワカンダ王国を探している途中、この会場に迷いこんでしまったとのこと。思いがけないゲストの登場に会場からは歓声が上がった。なおワカンダ王国はまだ見つかっておらず、近日探検の模様を記録した映像がメディア解禁となる予定とのこと。乞うご期待!

今回舞台となる、超文明国ワカンダはまだ謎の多い国。この秘密について聞かれた百田は「超文明国ワカンダのカギを握るのが、鉱石<ヴィブラニウム>なんです。世界を破壊してしまうほどの力を持ったもので、シュリが作っているブラックパンサーのスーツなどにも使われているんですよ」と、映画をこれから鑑賞する観客を前に少しだけ説明。それを聞いた藤岡は「謎だね。すべて謎で、わからんなぁ」と謎はさらに深まってしまった様子だった。

ちなみに藤岡は、すでに本作を鑑賞しており、「ニューヒーロー誕生の物語ですね。アクションはもちろん素晴らしいんだけど、壮大なるロマンが、メッセージがあるんだ。本当に素晴らしい! このメッセージはずしんと胸に響きますよ」とお墨付き。百田は「ヒーローに認められたヒーローは、ヒーローの中のヒーローということですよね!?」と喜びをみせた。

本作は、主人公のブラックパンサーが“真のヒーロー”になるまでのドラマが描かれた作品ということで、ヒーローレジェンドの藤岡が「ヒーローに必要な心得」をトーク。<愛>と書かれたフリップを手にし、「大いなる愛、家族を守る愛、国を守る愛、世界を救う愛、愛こそすべてだと思っています」と自身のヒーロー論を熱弁した。

一方、“ももいろクローバーZ”のリーダーでもある百田は<一旦、待つ>とフリップに書き、「藤岡さんの“愛”の後で恥ずかしいのですが・・・」とひと言話してから、「グループのリーダーなので、例えばメンバーと一緒のとき、お弁当など選ぶときに先に選ばず、少し待ちます。グループで上手くやっていく秘訣ですかね(笑)。取材のときも他のメンバーが話すのを一呼吸待って話し出したりしますね」と知られざるマイリーダー論を明かした。

最後に藤岡は「今までのヒーロー映画とこれは、ひと味違う。登場人物が一人ひとり魅力的なんですね。映画が発信するメッセージが胸打って、心響く、今の時代にピタってきます。胸がアツくなりました。ぜひご覧になってください」とコメント。

そして百田は「それぞれのキャラクターがいろんな気持ちを抱いてるんだなと、いろいろなシーンに気持ちが溢れていて、楽しませてもらいました。本当に心つかまれる素敵な映画になっています」とこれから鑑賞するファンへメッセージを送った。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(4月27日日本公開)へと繋がるハイスピードアクションエンターテインメント『ブラックパンサー』は、3月1日日本公開。


映画情報

『ブラックパンサー』
3月1日(木)全国ロードショー
監督:ライアン・クーグラー(『クリード チャンプを継ぐ男』)
出演:チャドウィック・ボーズマン、ルピタ・ニョンゴ、マイケル・Bジョーダン、マーティン・フリーマン、アンディ・サーキス、フォレスト・ウィテカー
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)Marvel Studios 2018


リリース情報

2018.05.23 ON SALE
ももいろクローバーZ
ALBUM『ももいろクローバーZ 10周年記念BEST ALBUM(仮) 』


映画『ブラックパンサー』作品サイト
http://marvel.disney.co.jp/movie/blackpanther.html

ももいろクローバーZ OFFICIAL WEBSITE
http://www.momoclo.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人