元KARA・知英主演映画『レオン』より、“自販機と会話”するド天然キャラ・一条徹(吉沢亮)紹介映像公開

元KARA、知英(JY)の劇場長編初主演映画『レオン』(2月24日公開)より、同作の“濃すぎるキャラクター”を紹介する特別映像の第2弾が公開された。

映画『レオン』は、清智英と大倉かおりによる同名マンガをもとにした“空前絶後のスイッチング・エンターテインメント”。ナイスバディだけが取り柄の地味なOL・小鳥遊玲音(知英)と、年商500億の女好きワンマン社長・朝比奈玲男(竹中直人)の体が入れ替わったことで起こる騒動が描かれる。

今回、公開されたのは、知英演じる主人公の小鳥遊玲音に恋するあまり、ピュアすぎて考えられないほど唐突な行動をとってしまうド天然社員・一条徹を演じる吉沢亮の、天然具合が可愛すぎる特別映像。

映像は、玲音(中身は入れ替わった朝比奈玲男)が、お金を入れても反応しない自販機に八つ当たりしているところに、「まぁまぁまぁ」と一条(吉沢亮)が止めに現れ、突然自販機と会話。「よしよし」と声をかけると、ガチャンとジュースが出てくるという、自販機を愛でる天然すぎる姿がかわいらしいシーンからスタート。

玲音(※中身は玲男)が作ってきた手作り弁当を一条が食べる場面では、食材をていねいに味わいながら、玲音の得意料理のトマトの味噌汁に口をつけた瞬間、あまりのおいしさに感動して空中に浮いてしまう。ひと口の味噌汁であわや昇天する姿は、まさに天使のようなかわいらしさだ。

玲音が玲男と入れ替わってしまっていることにまったく気づかず、一途に玲音(※中身は玲男)を思い続ける一条の純粋さが垣間見える映像となっているが、本編にはまだまだ魅力的な一条の登場シーンが盛りだくさんとのこと。

玲音(※中身は玲男)を一途に思い続ける一条の恋は成就するのか!? 心配すぎて目が離せない一条の恋の結末は、ぜひ劇場の大スクリーンで確認しよう。


映画情報

『レオン』
2月24日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
出演:知英 大政絢 吉沢亮 斉藤慎二(ジャングルポケット)
ミッツ・マングローブ / 原幹恵 河井青葉
山崎育三郎 竹中直人
監督:塚本連平(『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『かずら』)
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』)
原作:「レオン」(講談社KCデラックス)
製作:映画『レオン』製作委員会
配給:ファントム・フィルム
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会


リリース情報

2017.12.20 ON SALE
JY(知英)
SINGLE「Secret Crush 〜恋やめられない〜 / MY ID」


映画『レオン』作品サイト
http://reon-movie.com

知英×JY OFFICIAL WEBSITE
https://jiyoung.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人