S・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー 1』。森崎ウィン演じる“トシロウ”のアバターは、あの大物俳優だった!

PrizmaXのメンバー、森崎ウィンが出演することでも話題の、スティーブン・スピルバーグ監督最新作『レディ・プレイヤー 1』(4月20日公開)。

このたび、主人公ウェイド・ワッツのアバターをはじめ、三船敏郎をモチーフにした日本人役トシロウのアバターなど、 本作で壮絶な宝探しのアドベンチャーを繰り広げるトレジャーハンターたちのキャラクターアートが解禁された。

今回公開されたキャラクターアートの注目ポイントは、一枚の絵柄にふたりのキャラクターが描かれていること。このポスターには現実世界の彼らと、VRワールド<OASIS>での彼らのアバターが描かれているのだ。

注目は【右上】の日本人役のトシロウ。赤い兜と赤い鎧姿が勇ましい彼のアバター“ダイトウ”は日本の侍がモチーフ。トシロウ役を演じるのは、本作でスピルバーグ監督に見出されたことでも大きな話題となっている森崎ウィン。ダイトウのアバターの顔が、“世界のミフネ”こと三船敏郎をモチーフにしていることを原作者のアーネスト・クラインが明かしており、さらなる話題を呼んでいる。

スピルバーグは三船の大ファン、そして原作者アーネストも日本のポップカルチャーを愛していることを公言しているが、“パーシヴァル”といい“ダイトウ”といい、これほどまでに日本をリスペクトしてくれているのは映画ファンでなくてもうれしいところだ。

そして【左下中央】が主人公のウェイドのアバター“パーシヴァル”。青い髪を なびかせ、左の頬に印象的なマーキングを施した、爽やかながらもワイルドな イケメン風。実際のウェイドより少しだけカッコよくもみえるが、それはどんなことも実現できる<OASIS>の世界だから問題なし! このアバターに関しても原作者のアーネスト・クラインは「パーシヴァルのイメージは、かなり日本のアニメなどから影響を受けているんだ」と、日本キャラクターを意識したことを語っている。

【右下中央】の本作のヒロイン、サマンサは大きな瞳がたまらなくキュートなアバター“アルテミス”。先に解禁された予告編では、 <OASIS>内のバーと思われる場所で大胆にウェイドに迫り、現実の世界では陰謀を企む強大な敵にひるむことなく、ウェイドに「や るしかないよね!」と発破をかける。その可愛らしい容姿とは裏腹に血気盛んなサマンサだが、ウェイドの手をそっと握るその眼差しは優しさに満ち溢れており、どうやらただのハンター仲間では終わらなそうな気配をひしひしと感じさせる。

そして【左端】の見るからに素早そうな忍者風の“ショウ”や、【右下】の怪力を活かしたバトルが得意そうな“エイチ”など、5人のトレジャーハンターたちは、みな個性的だ。

大冒険を期待させる個性豊かなキャラクターたち、そしてキャラクターアートからにじみ出る日本への愛情。映画の枠を超えた超ド級エンターテイメント大作は、一体どんなあらたな体験を我々に与えてくれるのか? 2018年のGW、劇場が想像を超えるテーマパークになる!


映画情報

『レディ・プレイヤー 1』
4月20日(金)全国ロードショー
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:ザック・ペン
原作:アーネスト・クライン著「ゲームウォーズ」(SB文庫)
キャスト:タイ・シェリダン、オリビア・クック、マーク・ライランス、サイモン・ペッグ、T・J・ミラー、ベン・メンデルソーン、森崎ウィン
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED


映画『レディ・プレイヤー 1』作品サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/

PrizmaX OFFICIAL WEBSITE
http://www.prizmax.tokyo/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人