元KARA・知英主演映画『レオン』より、山崎育三郎演じるプレイボーイ税理士の抱腹絶倒シーン公開

元KARAの知英(JY)の劇場長編初主演映画『レオン』が2月24日に公開。このたび、本作で主人公・小鳥遊玲音(知英)の恋心をもてあそぶ、プレイボーイ・日下を演じる山崎育三郎の独特なステップがキラリと光る特別映像が解禁された。

映画『レオン』は、清智英と大倉かおりによる同名マンガをもとにした“空前絶後のスイッチング・エンターテインメント”。ナイスバディだけが取り柄の地味なOL・小鳥遊玲音(知英)と、年商500億の女好きワンマン社長・朝比奈玲男の体が入れ替わったことで起こる騒動が描かれる。

このたび解禁となった映像は、山崎育三郎演じるプレイボーイ税理士・日下の“踊りまくり”でクセが強すぎる特別映像。

日下のテーマ曲ラヴェルの「ボレロ」が鳴り響くなか、凡人には決して真似のできない独特でリズミカルなステップで登場する日下。心と身体が入れ替わった状態の玲音(知英)が働くキャバクラに来る場面では、チャラすぎ・プレイボーイ姿を披露! カバンを預ける仕草や、玲音を呼び止める仕草、口説く仕草、一つひとつをとっても、その“クセ”の強さに思わず2度見したくなるシーンとなっている。

玲音と相対する場面では、バラを武器に日下ならではの優雅にクルクル回る戦闘方法も披露。まさに山崎にしかできない技となっており、「自分にしか出せない色を出したいという気持ちがあったので、体のキレやしなやかな動きなど、ミュージカルの要素を少し取り入れました」と本人も語るとおり、渾身の抱腹絶倒シーンとなっている。

濃すぎるキャラでその“クセ”を惜しむことなく魅せ付ける日下がたっぷり味わえる本映像だが、本編ではまだまだ魅力的で挑発的な日下の登場シーンが盛りだくさんとのこと。こちらもお楽しみに!


映画情報

『レオン』
2月24日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
出演:知英 大政絢 吉沢亮 斉藤慎二(ジャングルポケット)
ミッツ・マングローブ / 原幹恵 河井青葉
山崎育三郎 竹中直人
監督:塚本連平(『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『かずら』)
脚本:吉田恵里香(『ヒロイン失格』)
原作:「レオン」(講談社KCデラックス)
製作:映画『レオン』製作委員会
配給:ファントム・フィルム
(C)清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会


映画『レオン』作品サイト
http://reon-movie.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人