SKE48、『47都道府県全国ツアー』新潟公演開催!NGT48のカバー披露やSSA単独公演決定などサプライズも連発

2月10日、SKE48の全国ツアー『SKE48 47都道府県全国ツアー~機は熟した。全国へ行こう!~』の新潟公演が新潟テレサにて昼夜2部制で行われた。

2014年11月18日に地元・愛知県の豊橋市でスタートを切った本ツアーは今回の新潟公演で28ヵ所目を数える。

ステージの幕が上がり、メンバーがひとりずつステージに登場し、スポットライトを浴びながら得意のダンスを披露。出演メンバー18人全員が勢揃いし、「パレオはエメラルド」で新潟公演はスタートした。

「恋を語る詩人になれなくて」「バンザイVenus」と披露し、キャプテンの斉藤真木子が「こんな雪で寒い新潟の地を(私たちが)日本一、いや地球一熱い場所にしていきたいと思います!」と宣言。

須田亜香里は「今日のこの公演は後日、TBSチャンネル1で放送されることが決定してます。今日来た方も来られなかった方にも楽しんでいただける、そして行けばよかったって(放送を観た)みんなに言わせちゃうような楽しい時間を一緒に作ってもらえればうれしいです!」と挨拶した。

MCコーナーでは、『SKE48 ZERO POSITION~チームスパルタ!能力別アンダーバトル~』の出張版として、TBSの安東弘樹アナウンサーが登場し、メンバーに新潟にまつわるクイズを出題。3月末でTBSを退社することを発表したばかりの安東アナがSKE48のメンバーから質問攻めにあい、タジタジになる場面も。

昼公演に全員で披露した「Escape」では、SKE48ならではの難易度の高いダンス力を魅せ、チームS、チームKII、チームEと各チームに分かれたチーム曲でも観客を楽しませた彼女たち。

ライブ終盤では新潟への表敬の意を込めて「I love NIIGATA」や、新潟を活動拠点とする姉妹グループ・NGT48の代表曲「Maxとき315号」を披露するなど、会場に集まったファンを盛り上げた。

ここからラストスパートに突入。「コケティッシュ渋滞中」「12月のカンガルー」とシングル曲を畳みかけ、最後は今年1月に発売し、1月度のプラチナディスクにも認定された「無意識の色」で本編を終えた。

また、夜公演のアンコールでは、3月31日に埼玉・さいたまスーパーアリーナでSKE48単独コンサートを行うことがサプライズ発表された。

小畑優奈が「皆さんの笑顔を近くで観れてうれしかったので、これからももっともっと皆さんを笑顔にできるように頑張りたいと思います」と意気込むと、高柳明音は「SKE48は今がいちばん楽しい! これからも上がることだけを信じて頑張っていきましょう」とコメント。

そして、斉藤が「初めて(このサプライズ発表の)文を読めなくなるくらい感動したので、皆さんぜひさいたまスーパーアリーナに遊びにきてください」とファンに呼びかけ、最後は「意外にマンゴー」「愛の数」を届け、新潟公演の幕を閉じた。

■『SKE48 47都道府県全国ツアー ~機は熟した。全国へ行こう!~』新潟公演(昼・夜)
2018年2月10日(土)新潟・新潟テルサ

<出演メンバー>
【チームS】北川愛乃、北川綾巴、野島樺乃、野村実代
【チームKII】荒井優希、大場美奈、小畑優奈、北野瑠華、高柳明音、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和
【チームE】市野成美、鎌田菜月、斉藤真木子、末永桜花、菅原茉椰、須田亜香里

<セットリスト>
-overture-
01. パレオはエメラルド
02. 恋を語る詩人になれなくて
03. バンザイ(昼公演) / オキドキ(夜公演)
04. 始まりの雪
05. 寡黙な月
06. ハートの独占権
07. Blue rose
08. フィンランド・ミラクル
09. 強がり時計
10. 君のことが好きだもんで
11. 奇跡は間に合わない
12. チョコの奴隷
13. メドレー(ウイニングボール~賛成カワイイ!~アイシテラブル!
14. Escape(昼公演) / 世界が泣いてるなら(夜公演)
15. チキンLINE
16. オレトク
17. 焦燥がこの僕をだめにする
18. パーティーには行きたくない
19. I love NIIGATA
20. Maxとき315号
21. 未来とは?(昼公演) / 前のめり(夜公演)
22. コケティッシュ渋滞中
23. 12月のカンガルー
24. 無意識の色
[ENCORE]
25. 僕らの風(昼公演) / チャイムはLOVE SONG(夜公演)
26. 意外にマンゴー
27. 愛の数

(c)AKS


リリース情報

2018.01.10 ON SALE
SINGLE「無意識の色」


SKE48 OFFICIAL WEBSITE
http://www.ske48.co.jp


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人