小沢健二、新曲のジャケットは「破壊的なデザインにしたいと思った」。GW大型ライブ『春の空気に虹をかけ』も決定

小沢健二が、この春、東京国際フォーラム、大阪城ホール、そして日本武道館2daysで行うライブ『春の空気に虹をかけ』を開催することが明らかとなった。

小沢本人が「36人編成ファンク交響楽」と形容する注目の4公演は、2月13日、19時より先着制により一斉発売される。

同時に、映画『リバーズ・エッジ』主題歌「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」が、CD発売日の2月14日に先がけ、本日9日より先行配信がスタート。こちらも要チェックだ。

「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」のカップリングは、満島ひかりと東京湾上でライブ録音された「ラブリー、東京湾屋形船Liveは雨」(※配信・CDとも)。これは、小沢がホストを務めるApple Musicオリジナルコンテンツ『Tokyo, Music & Us 2017-2018』で発表され、YouTubeなどで話題となっていた演奏の待望の音源化となる。

「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」のジャケットは小沢自身のデザインによる、独創的な仕様。小沢は「昨年日本で長い時間をすごして、破壊的なデザインにしたいと思った」と、昨日8日に生出演したFM802で発言している。

『リバーズ・エッジ』原作者の漫画家・岡崎京子と小沢健二は27年来の友人。その岡崎の代表的名作『リバーズ・エッジ』の映画版のための主題歌として小沢健二が書き下ろした「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」は、昨年12月1日、映画公開の2ヵ月半前に歌詞が公開されるという異例の形で、主題歌となることが発表された。

小沢のサイトhihumiyo.netで公開されている歌詞は、岡崎京子と小沢健二自身について言及しているとも読むことができる内容。1990年代から日本の文化に強い影響を与え続けるふたりのアーティストの心情を読み解こうとするファンも多く、その全貌が待ち望まれていた。

さらに「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」には、主役・若草ハルナを演じる二階堂ふみと、相手役・山田一郎を演じる吉沢亮が参加しており、“Voice”としてクレジットされている。

昨年2月に19年ぶりに発売されたシングル「流動体について」、そしてSEKAI NO OWARIとのコラボシングル「フクロウの声が聞こえる」と2017年を賑わせたなかで、つねに新しいサウンドを生み出している小沢。この最新録音のサウンド傾向も気になるところだ。

あの胸を打つ歌詞がどのようなメロディに乗って世に放たれるのか。Apple Music, iTunesでの先行配信にて、ついにその全貌が明らかになる。


ライブ情報

小沢健二『春の空気に虹をかけ』
04/23(月) 東京・東京国際フォーラム ホールA
04/29(日) 大阪・大阪城ホール
05/02(水) 東京・日本武道館
05/03(木・祝) 東京・日本武道館


リリース情報

2017.09.06 ON SALE
小沢健二とSEKAI NO OWARI
SINGLE「フクロウの声が聞こえる」

2018.02.02 ON SALE
小沢健二
DIGITAL SINGLE「ある光」

2018.02.14 ON SALE
小沢健二
SINGLE「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」


『小沢健二「春の空気に虹をかけ」』主催者先行予約サイト ※2/13(火)19:00〜3/7(水)23:59
http://l-tike.com/ozkn

『Tokyo, Music & Us 2017-2018』配信ページ
https://www.applemusic.com/tokyomusicandus

小沢健二 特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/ozawa-kenji/

小沢健二 OFFICIAL WEBSITE
http://hihumiyo.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人