BIGBANG、メンバー入隊前の“LAST DANCE”が映像化!ファンイベントの模様も収録

2018.02.08

BIGBANGのライブDVD&Blu-ray『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』が3月14日に発売されることが決定した。

昨年11月から12月にかけて“海外アーティスト史上初の5年連続ドームツアー”『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』を開催した、アジアが世界に誇るモンスターグループ、BIGBANG。

2017年2月に最年長メンバーであるT.O.Pが入隊、残りの4人のメンバーも2018年に入隊するため、グループは2018年より約2年間活動を休止することを発表しているが、入隊前最後となったこの日本ドームツアーは、福岡・ヤフオク!ドーム、大阪・京セラドーム大阪、愛知・ナゴヤドーム、東京・東京ドームの全4都市14公演で69万6,000人を動員。熱狂と感動が渦巻くなか、日本のファンにしばしのお別れと再会を約束し、彼ららしくBIGBANGの第1章を締めくくったことは記憶に新しい。

今回、発売となるライブDVD&Blu-rayには、この日本ドームツアーの中から12月13日に行われた東京ドーム公演の模様を収録。ファンとBIGBANGが積み重ねてきた数々の歴史を振り返るかのごとく披露された、新旧を代表するヒット曲全25曲2時間50分が完全収録される。

さらに、同日に行われたファンイベント『BIGBANG SPECIAL EVENT』(1時間43分)の映像も収められる。メンバー4人の爆笑トークセッション、ゲームコーナー、そして「BLUE」「GIRLFRIEND」のパフォーマンスまで、ツアーのステージとは違った彼らの素顔が垣間見えるこちらの映像も必見だ。

また、初回生産限定となる豪華100ページフォトブック付きオリジナルボアクラッチバッグ仕様のDELUXE EDITIONには、上記コンテンツのほか、ツアー各公演の爆笑MC集「SPECIAL FEATURES」(1時間)、マルチアングル映像(7曲、1時間38分)を収録したDVD/Blu-ray、全27曲の音源を収めた2枚組ライブCDが同梱される。

BIGBANGは、2012年11月23日、アリーナ&ドームツアー『BIGBANG ALIVE TOUR 2012 IN JAPAN』の京セラドーム大阪公演で初のドーム公演を敢行。

翌2013年からは単体のドームツアーとして、『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2013~2014』(全6都市16公演 77万1,000人動員)、『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014~2015 “X”』(全5都市15公演 74万1,000人動員)、『BIGBANG WORLD TOUR 2015~2016 [MADE] IN JAPAN』(全4都市18公演 91万1,000人動員)、『BIGBANG10 THE CONCERT : 0.TO.10 -THE FINAL-』(全4都市16公演 78万1,500人動員)を開催。今回の『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』を加えた、全85回の日本ドーム公演でのトータル動員数は420万5,500人を記録している。


リリース情報

2017.12.13 ON SALE
G-DRAGON(from BIGBANG)
MINI ALBUM『KWON JI YONG』

2018.01.17 ON SALE
BIGBANG
DVD&Blu-ray『BIGBANG SPECIAL EVENT 2017』

2018.02.07 ON SALE
G-DRAGON(from BIGBANG)
DVD&Blu-ray『G-DRAGON 2017 WORLD TOUR <ACT III, M.O.T.T.E> IN JAPAN』

2018.03.14 ON SALE
BIGBANG
DVD&Blu-ray『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』


『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』ティザー映像はこちら
https://youtu.be/YIjcz8xlYjg

『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE-』ファイナル公演のライブレポートはこちら
https://www.m-on-music.jp/0000245404/

BIGBANG OFFICIAL WEBSITE
http://ygex.jp/bigbang/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人