長崎県の高校に通う18歳・HaiRi、2曲同時配信リリース。自身の高校生活を収めた写真で構成されたMVも公開

2018.02.07

長崎県の高校に通う18歳の女性シンガーソングライター、HaiRi(読み:ハイリ)が、「未来のつぼみ」「スタートライン」の2曲を、音楽制作プロダクション・オフィスオーガスタ内のインディーズレーベル、アツガレコードより、iTunesほか各ダウンロード配信・音楽サブスクリプションサイトにて本日2月7日より同時配信した。

「未来のつぼみ」は、自身の高校卒業を控え、等身大のメッセージが込められたサクラソング。花を咲かせる蕾に自分たちを重ね合わせ、それぞれの未来への旅立ちや、淡い思い出を映し出した歌詞が綴られている。

“卒業=別れ”ではなく、新しい旅立ちとして力強く前を向く決心を歌ったミディアムバラードが完成した。

また、HaiRi自身の高校生活を収めた写真で構成された同曲のミュージックビデオも同時公開。1980年代を感じさせる、懐かしくも新しいサウンドと現役高校生の思い出写真は、観る人が自身の学生生活を重ね合わせ、ノスタルジーを誘う仕上がりとなっている。

もう1曲の「スタートライン」は、新しい自分を見つけ出そうとする心境を歌い、夢に向かってスタートを切る人たちの背中を押す、初々しくも元気と勇気を精いっぱい詰め込んだ応援ソング。レコーディングには、編曲も担当した岡本定義(COIL)、世界的ドラマー、あらきゆうこらが参加し、疾走感溢れる爽やかな演奏で、HaiRiの瑞々しいボーカルを巧みに引き出している。

この「スタートライン」は、NIB長崎国際テレビのキャンペーン“やるバイ!元気宣言”の2017年度テーマソングとして書き下ろされ、長崎では聴きなじみのある楽曲。また、かつて九州電力のCMに楽曲が起用された際にも問合せが殺到するなど、少しハスキーでリスナーの耳をとらえて離さないHaiRiの声は、県内でも話題となっており、今回の配信リリースでその歌声が県を越えて、いよいよ全国に響き渡ることになる。

個性的で印象の強い彼女の声は、心を掴まれるような切なさ、たくましさや強さといった幾つもの表情を持ち、聴く人のそばにそっと寄り添う力がある。その歌声に等身大の歌詞のストーリーが折り重なり、HaiRiというシンガーソングライターの“今”を感じ取れるはずだ。


リリース情報

2018.02.07 ON SALE
DIGITAL SINGLE「未来のつぼみ」

2018.02.07 ON SALE
DIGITAL SINGLE「スタートライン」


アツガレコード内 HaiRiページ
http://www.office-augusta.com/atsugua/artist/hairi.html

HaiRi OFFICIAL Twitter
https://twitter.com/HaiRi_Official_

HaiRi OFFICIAL Facebook
https://www.facebook.com/singer.hairi.official/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人