板野友美、LAで撮影した新曲「Just as I am」MV解禁!「自然体な私が映像の中に収まっていると思います」

板野友美の新曲「Just as I am」のミュージックビデオが公開された。

「Just as I am」は2月28日に発売となる板野の10枚目のシングルの表題曲で、アコースティックな質感溢れる壮大なバラード曲。作詞は板野自身が手がけており、「失うことではじめて気付けた事があるよ 遠回りしたから優しくなれたんだね」など、これまで語らなかった自身の心の内が刻まれている。

ミュージックビデオは、板野のお気に入り場所だというアメリカ・ロサンゼルスで撮影。見渡す限りの荒野や水面煌めく海岸といった大自然で、ナチュラルメイクにワンピースやジーンズなどのシンプルな衣装に身を包み、のびのびと歌い上げる板野の姿が捉えられている。

レトロなダイナーやルート66など、映画のワンシーンのようなロサンゼルスを象徴するロケーションや、健康的な美ボディも必見。ソロデューから7年間を振り返り、前向きで大人な姿勢を見せる板野の、よりアーティスティックな一面が見られる映像となっている。

監督は、“おねだりダンス”で話題になった板野の「OMG」のほか、AAA、三浦大知などのダンス系アーティストから、植村花菜「トイレの神様」まで、幅広いジャンルの作品を手がけてきた実力派・tatsuakiが担当した。

なお、今作「Just as I am」と2月19日に発売となる写真集『Wanderer』は、「自分らしさ」というコンセプトを共有した連動プロジェクトとなっており、写真集とシングルのジャケット写真、ミュージックビデオはアメリカ・ロサンゼルスにて同じロケーションで撮影された。

板野友美 コメント
写真集撮影との並行でハードなスケジュールの中でしたが、
大好きなロスの空の下、開放的で、広大な大自然の中、
太陽の光が強くてパワーをもらえ、とても気持ちがよく撮影ができました。
そのような中で撮影ができたこともあり、自然体な私が映像の中に収まっていると思います。

今回は写真集と楽曲の制作連動ということで、
写真、楽曲、映像と、多角的に表現することに挑戦させていただきましたが、
MVは、その中でも、楽曲と映像がワンセットで体感いただくことができます。
自分で書いた歌詞の世界観を、自分自身で映像表現することで、
よりいっそう、メッセージ性が出せたのではないかと思います。
映像の中では、自然体な私も存在していますが、
楽曲のテーマが「自分らしさを追い求める旅」ですので、
実際に自分探しの旅をしている気持ちで演じた私との二面性にもご注目いただきたいです。
そうすることで、今の自分自身と真っ向から向き合えたように思います。

「自分らしさ」を意味する楽曲タイトル『Just as I am』。
その歌詞は「今の自分を超え、さらなる高みを目指す自分になる」というポジティブな気持ちで書きました。
いちばん思いを込めた歌詞は、“失うことではじめて気付けた事があるよ”、
“遠回りしたから優しくなれたんだね”という強いメッセージ。
10代や20代前半だったら気付けなかったこともあります。今だから書ける歌詞だと思います。
それはきれいごとでなく、私の本心が詰まっています。
いつも夢があって、ワクワクドキドキを追いかけていきたい。
夢を持つだけでなく叶えるために努力し、自分自身と闘いながら全力で自身の人生を走っていきたいです。


リリース情報

2018.02.28 ON SALE
SINGLE「Just as I am」


書籍情報

板野友美 4th写真集『Wanderer』
発売元:講談社
発売日:2月19日(月)
価格:¥2,700+税
撮影:ND CHOW


イベント情報

シングル発売記念イベント
02/10(土)東京・ららぽーと豊洲
03/03(土)東京・ららぽーと豊洲
03/02(金)大阪 ※会場調整中
03/04(日)愛知・名古屋 ※会場調整中

写真集発売記念イベント
02/24(土)東京・HMV&BOOKS SHIBUYA
02/25(日)大阪・紀伊國屋書店グランフロント大阪店
※イベント情報詳細は各書店サイトをご確認ください。


「Just as I am」MVはこちら
https://youtu.be/yiaALlMpUJY

シングル発売記念イベントの詳細はこちら
http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t10656/

板野友美 OFFICIAL WEBSITE
http://tomomiitano.jp/


写真集『Wanderer』

[初回限定盤/CD+DVD]

[通常盤/CD]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人