絶好調のWANIMA、乃木坂46らが登場した1月のミュージックステーションを定点観測

音楽ブロガーとして活動し、初の著書『夏フェス革命 -音楽が変わる、社会が変わる』を上梓したばかりのレジーが、「ミュージックステーション」の放送内容を基に最新のJ-POP事情についてお届けする連載「月刊 レジーのMステ定点観測」。

1月のMステは通常の1時間プログラムが1回(26日)、2時間スペシャルが1回(12日)という計2回の放送でした。まずは今の時代の若者にとってのスターたちの話題からどうぞ。

今の若者に支持される音楽:清水翔太、WANIMA

26日の放送の最後に登場した清水翔太。ここ数年ではそこまで派手なメディア露出はありませんでしたが、最近では海外のR&Bと共振する彼のサウンドメイクに再び注目が集まりつつあります。

ただ、今回彼がMステに出演したのはそれとはまた別の切り口。2016年にリリースした楽曲「My Boo」が若年層から脚光を浴びているということで、ひさしぶりのMステ出演と相成りました。

歌唱前にはこの楽曲について「ずっと結果が出なくて迷っているときに、自分のやりたいことを思いっきりやってみようと思って作ったのがこの曲。これが支持されて救われた」と心境を吐露。なかなか評価されない葛藤、それでも自分を信じてやり続けることで多くの人に耳を傾けてもらえた喜びなど、いろいろな感情が短い言葉の中からひしひしと伝わってきて、観ていてかなりグッと来てしまいました。

2017年には三浦大知やSKY-HIといった男性のソロパフォーマーがひときわ大きな注目を集めましたが、そんな波に彼も続いていくことになるか引き続きウォッチしていきたいと思います。

清水翔太が若年層のあらたなファンに支持されているのと同様、今の若者にとってどんどん大きな存在になりつつあるのが12日に出演したWANIMA。年末には紅白歌合戦に出演し、年明けにリリースされたアルバム『Everybody!!』もチャート1位となるなどヒット街道をひた走っています。

Hi-STANDARD直系のパンクサウンドに日本語のわかりやすい歌詞が乗った彼らの音楽は、多くの10〜20代にとっての心の支えになっているのだと思われます。その証拠に、この日の企画「部活に青春を捧げる高校生に聞いたアガるJ-POPランキング」では「ともに」が13位にランクイン。この曲で部活のモチベーションを上げている学生の声が紹介されていました。

また、それと合わせて、埼玉県の山村国際高校のダンス部が「ともに」をオリジナルの振り付けで踊る企画も。これにはWANIMAの3人も「あのままミュージックビデオにしたい」と大興奮。

その後パフォーマンスされたのは、『Everybody!!』のリード曲でもある「シグナル」。今年のさらなる躍進を期待させてくれる派手なステージでした。

 

新機軸を模索中:乃木坂46

12日の2時間スペシャルに出演したのが乃木坂46。「部活に青春を捧げる高校生に聞いたアガるJ-POPランキング」で「いつかできるから今日できる」が5位にランクインすると、齋藤飛鳥が「ほんとですか? こんなに上位ですか?」とコメント。先日放送された『セブンルール』(フジテレビ)の密着ドキュメンタリーでもフォーカスされていたネガティブ思考を開陳していました。

この日の企画に絡めてトークではメンバーの部活に関する会話がなされていましたが、特にタモリの興味を引いていたのが生田絵梨花が所属していたという日本文化部。「百人一首や水墨画などをやっていた」「活動は週に1回くらい」「人数が少ないので、集まらないときは活動しない」という緩い活動スタイルがタモリのツボに入ったようで、「茶道はやらなかったの?」などツッコミを入れていました(茶道は「先生が来られなかったのでやらなかった」とのこと)。

この日披露された「いつかできるから今日できる」は昨年10月にリリースされた楽曲ですが、年末のあらゆる歌番組で「インフルエンサー」がパフォーマンスされていたこともあってか少し影の薄い存在になってしまったように思います。

その「インフルエンサー」も誰もが知っている楽曲かと言えば必ずしもそうではない状況も踏まえると、やはり今年の彼女たちの最大の課題は「皆が口ずさめる国民的なヒット曲を出す」こととなりそうです。

[前編]はここまで。[後編]では期せずしてグローバル化したMステの様子などについてお届けしたいと思います。

TEXT BY レジー(音楽ブロガー/ライター)

 

【2018年1月12日放送分 「MUSIC STATION 2時間SP」出演アーティスト】
Little Glee Monster「Jupiter」「だから、ひとりじゃない」
NEWS「LPS」
WANIMA「シグナル」
乃木坂46「いつかできるから今日できる」
コブクロ「君という名の翼」
GENERATIONS from EXILE TRIBE「ALRIGHT! ALRIGHT!」「AGEHA」

【2018年1月26日放送分 出演アーティスト】
E-girls「あいしてると言ってよかった」
Hey! Say! JUMP「マエヲムケ」
フランツ・フェルディナンド「Always Ascending」
AKB48「予想外のストーリー」
JUJU「東京」
清水翔太「My Boo」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人