映画好きアーティストが、あのEXILE TRIBEを2017年ベストムービーに選んだ!?【2017年ベストムービー後編】

バンド界で一二を争う映画論客とも言われるBase Ball Bearの小出祐介が部長となり、ミュージシャン仲間と映画を観てひたすら語り合うプライベート課外活動連載。今回は特別編として、2018年元旦にJ-WAVEの年明け番組内で放送されたラジオ版『みんなの映画部』を記事化してお届けします!

特別活動 [後編] 「2017年ベストムービー」
参加部員:小出祐介(Base Ball Bear)、福岡晃子(チャットモンチー)、世武裕子、オカモトレイジ(OKAMOTO’S)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)


小出部長とチャットモンチー・福岡が選んだ2017年ベストムービーはこちら

 

レイジが愛してやまないEXILE TRIBEムービーをチョイス!

ハマ ではレイジさんいきましょうか。

レイジ 俺はね、内容やストーリーっていうより、「なんのためにこの映画が作られて、誰がどう喜ぶのか」という目的が明確な作品が好きなんです。これ、いったいなんのために作って誰が喜ぶんだろう? っていう映画、結構多いじゃないですか。たぶん監督の意図とプロデューサーの思惑なんかが食い違ったりして。

小出 作品性としても商業的にも、どっちも中途半端になっちゃうパターンだよね。

レイジ そうです、「誰トクなんだろ?」っていう。それは映画だけに限らず、たぶん音楽も含めて、いろいろな世界である話だと思うんですけど。その点やっぱり、本当にすべての目的が明確で良いなと思って、今年のベストにしたのはEXILE TRIBEの『HIGH&LOW THE MOVIE』シリーズです。

小出 明確ですね。ひとつのゴールに向かってるもんね。

レイジ もう本当に面白い。2017年はパート2と3の二作が公開されて。両方まとめてベストで良いんですけど、細かく言うなら2のほうが面白かった。キャラの立ち具合がすごく良いし、次も絶対観たい! という気持ちになりました。

小出 ドラマとして気になるようにしっかりできてるし、アクションもすごいしね。日本映画で画面いっぱいに、しかも画面の隅から隅までの人たちが全力で戦ってる画とかってあんまり観たことないじゃん。

全員 あはははは。

小出 しかも端から端まで出ている人たちが、誰も手を抜いていないのがわかるのよ。映画版もそうだけど、ドラマ版の『HIGH&LOW』からすごいから。テレビドラマなのに、なんでこんなに撮ってんの? ってくらい執拗にアクション撮ってる。これ何カメで撮ってんの? みたいな。

福岡 「誰のために」っていうのが明確ってことは、EXILEファンの子たちとか? それってレイジのためにもなるの?

レイジ なりましたね。俺もやっぱりそこに呑まれた。

福岡 そうなんや。みんな呑みこまれるんだ。

レイジ あっこさんも絶対好きだと思いますよ。

福岡 ほんと?

小出 絶対好きだよ、ヤンキーだから。

福岡 ヤンキーだからじゃねーよ(笑)。

全員 あはははは。

レイジ あっこさんに観てほしいなあ。一応もうシリーズは完結してますけど、それでもいつ続編出てくるかわからないから。

ハマ もし来年新作があったら、あっこびんは呑みこまれていくんじゃないですか?

福岡 呑みこまれたいわ。みんなで一緒に観に行こう!

レイジ 映画部で行きたいです。

ハマ こういうきっかけがないとね、自分の好きな傾向と毛色が違うものはなかなか選ばないですから。

小出 そうだよね。それに『HIGH&LOW』はみんなで観たほうが絶対面白いよ。

 

世武裕子に、制作の活力を与えた『ネオン・デーモン』

ハマ しかし映画部メンバーのベスト、バラバラで良いですね~。あとは世武さんと僕がまだ残ってますけど。それでは世武さんお願いします。

世武 私もベストは難しいな~って。2017年は後半がわりと自分の趣味丸出しで、「うわ、これ好きだわ」ってのが多かったんですよ。8月はポール・ヴァーホーヴェン監督の『エル ELLE』 、9月は黒沢清監督の『散歩する侵略者』、10月は行定勲監督の『ナラタージュ』、11月は大森立嗣監督の『光』。後半がめっちゃ良かったんですよ。でも1本って選ぶとなると、年のはじめに観た『ネオン・デーモン』です。

小出 実は世武さん、ず~っと言ってたんだよね、『ネオン・デーモン』大好きだって。

世武 この映画に関しては、理屈じゃない。映画としては正直欠陥あるっていうか、冷静につっこむとするならば「これ、どうなの?」みたいなところが結構あるんですよ。

ただね、監督がニコラス・ウィディング・レフンっていう『ドライヴ』って映画がヒットした人なんですけど、私、どうやらこの監督のことが根本的に大好きすぎるんです。

特に『ネオン・デーモン』はサントラも買ってるし、レコード聴いて家で踊り狂ってるわけですよ。ひとりで、最高すぎて。しかもその音楽に合わせて、自分で三茶とか歩きながらiPhoneでいろいろ撮影して編集して、ムービー作っちゃったりしてるわけですよ。

全員 (どよめいて)素晴らしい!

福岡 そのムービー観たい~。

小出 同人映画だよ。いいなあ。もう精神で大好きなんだね。

世武 そう、すべてを超えてる。私にとっての『ネオン・デーモン』は、良いとか悪いとか、そういうことじゃねえっていう。こいちゃんの『SING/シング』じゃないけど、こんな風に私は音楽をやっていきますよ! って思った。

レイジ すごく良い感想ですね。

世武 2017年はその『ネオン・デーモン』に始まり、最後に観た映画が大森監督の『光』なんですよ。映画部の活動抜きで。『光』も『ネオン・デーモン』にちょっと近い気持ちが湧いたな。

この一年は社会的に象徴する動きがないっていうか、表しにくいっていう話もよくわかるんだけど、個人的に観たなかだと、すごい小規模なんだけど、自分の心にめっちゃ来るやつが何本か観られたのが楽しかった。というか救われた。

ただ、商業的には成功しないでしょうね、って思いながら観たのよ。だって映画館で、マジで途中から、「は~」っていう声がめっちゃ聞こえたもん(笑)。お客さんのため息すごかった、隙間隙間に。音楽ガンガンガンガン流れて、パッと止まってるときとかに、「は~」っていう。

小出 観ながら疲れてんだ(笑)。

世武 でも、誰かの反応とは関係ないとこでやってるっていうのが、またエモくて。

レイジ わからない人は本当にわからなさそうですしね。

世武 そう。でも「じゃ観なくていいよ。もう知らん」って言い切るのは、なかなか難しいじゃないですか。だって、みんな生きていかなきゃダメだから。

全員 あはははは。

世武 とにかくすごいっすよ。

小出 素晴らしい感想ですよ。

レイジ ぶっちぎりすぎてる。

ハマ すごい伝わる。

福岡 映画部の上沼恵美子みたい(笑)。

小出 『怪傑せぶちゃんねる』(笑)。

ハマ でも「私もこうしてやっていく!」という風に思える作品に出会うってものすごく大事なことですし、めったにないですよね、生きていて。

世武 ここまでのはない、なかなか。

福岡 三茶の動画さ、世武ちゃんのミュージックビデオで使ってよ。

小出 そのサントラを聴きながら撮った映像に自分で音当てて、その音をリリースする。画から作る。そうしたら『ネオン・デーモン』の精神をトレースしたものができる。

世武 いいね。

レイジ たしかに、その作り方すごい。

小出 作品の作り方としては新しいかも。

ジョジョもスター・ウォーズも最高だったけど、ハマ・オカモトが選んだのは……

ハマ いやあ、世武さんのベストムービーの発表はすごくエキサイティングでした。ではわたくしですが、まず言っておきたいのは、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズは今年も最高だったね! ということ。

小出 最高でしたね。

ハマ 『ドクター・ストレンジ』から始まって、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』に『スパイダーマン:ホームカミング』、あと『マイティ・ソー バトルロイヤル』。全部ぬかりなく面白かったですし、2018年はこのまま『ブラックパンサー』が続きます。

全員 楽しみ~。

ハマ あとは僕、邦画はあまり劇場で観られなかったのですが、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』には単独潜入してまいりまして。

小出 三池崇史監督の。僕も観た、そのあと。

ハマ 僕が熱っぽくこいちゃんにも話して、なんていうか今まで生きてきて、なかった気持ちにさせられる、とても良いュアンスで観終えた実写映画だった。

小出 僕もハマもさ、『ジョジョ』に関してはTシャツを何枚も買うくらい好きなわけですよ。

ハマ ベボベはジャケになってますしね。

小出 そう。そのジャケにもなるぐらい好きな第4部が実写化されてるから、正直言うと、嫌いになる気満々で観に行ったの。そしたら、想像以上に好きになっちゃった。

全員 あははは。

小出 真剣佑くんとか。

ハマ 億泰ね。

小出 億泰がこんなに好きになる! とはみたいな。原作とは若干違うんだけど、この解釈好き。アニメにちょっと寄ってんのかな?

ハマ そうですね。アニメシリーズにすごく寄った作りだったなというのがファンとしての感想のひとつ。

小出 漫画というよりはアニメの実写化にニュアンスは近いのかもしれない。

ハマ スタンドと呼ばれる精神エネルギーが具現化した、守護霊のようなものが出てくるのですが、真剣佑さんがやった億泰というキャラが使うザ・ハンドというスタンドがびっくりするくらい良くて。ザ・ハンドの完成度はすごかったです!

小出 僕はそもそもザ・ハンドが好きなスタンド上位なの。だから、ザ・ハンドの実写ビジュアルにはすごい警戒していったんだけど。

ハマ 来るぞ来るぞ……って。

小出 そしたら、すごい良かったんだよね。

ハマ そういう意味では、僕らはすごい斜めに挑んでいるせいもありますが、その裏切りがすごく好転した作りで。

小出 そうなんですよ。良い意味で裏切られた。

世武 嫌いになる気満々で行く、っていうのが男子っぽいような(笑)。

ハマ 好きすぎて、嫌いになる気でいました。

福岡 で、撃ち返されたんだ。

小出 そうそう。

レイジ ふたりがそんなに褒めるのはすごいですね。

ハマ 単純に続編が出るならば、間違いなく観にいきたいなと思わされたうれしい一本でした。あと音楽ドキュメンタリーも1本挙げたいんです。『約束の地、メンフィス~テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー~』という、メンフィスの若手ミュージシャンと大御所ミュージシャンが往年の楽曲をセッションするっていうドキュメンタリー映画。

よくある「レジェンドとやれてすごい」というのを超えた本当のドキュメンタリーというか、先輩と後輩の交流をリアルに映し出している素晴らしい映画でした。

そして自分のDNA的に最高だったのは、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。

全員 あははは。

ハマ やっぱり言っておかないと(笑)。そして遅くなりましてすみません! ベストムービーの一本は『女神の見えざる手』です。

小出 あれは良かったね! 僕もベスト候補には入ってくるよ。

ハマ あれは久しぶりに何の前情報もなく映画館に観にいって、すごく引き込まれて、もう口が開いたままラストまで突っ切って、最後のオチを観終わって。あんなに震えて人に連絡したくなった映画はない! というくらい、たまらない気持ちにさせてくれた一本でした。

小出 洋画版&女性版『半沢直樹』だよね。

ハマ たしかに。本当に快作です。

レイジ なんとなく世武さんも好きそうですよね。

ハマ うん、世武さんに観てほしいです。

世武 今の話ちょっとだけ聞いても、それ観たいって思った。

レイジ とにかく“すげえ女”が出てくるっていう。

 ちょっと! たしかに“すげえ女”が出てくるけど、身もフタもなさすぎてぶち壊し(笑)。

レイジ ざっくり言いすぎました(笑)。

ハマ というわけで全員のベストムービーを発表しましたが、個人的には世武さんのプレゼンに拍手ですね。

世武 本当? 良かった。気持ちに口がついていってなかったけど(笑)。

ハマ 2018年は僕も『みんなの映画部』になるべく参加できるように頑張りたいと思います。部活を頑張るってよくわからないですが(笑)、改めまして今年もよろしくお願いします。

全員 よろしくお願いしまーす!

TEXT BY 森 直人(映画評論家/ライター)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人