深川麻衣、映画『パンバス』イベントでパン屋の1日店長に就任。「観終わったあと、パンが食べたくなると思います」

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』で主演を務める深川麻衣が、1日限定でパン屋の店長に就任する公開記念イベントが、1月30日にベーカリー&カフェ“ルパ”調布店にて開催。

同店舗にて、2月10日から、本作とのオリジナルコラボパンが期間限定で発売されることが先日発表されており、今回は、そのコラボから生まれた夢のイベントとなった。

このコラボパンは、深川演じる市井ふみと、三代目J Soul Brothersの⼭下健⼆郎演じる湯浅たもつが、劇中で⼀緒に作る「くまの形の可愛らしいパン」をイメージしたもの。ファンならずとも、そのビジュアルに思わず購買欲をかき立てられてしまうほどの愛くるしい代物となっている。

深川が、劇中で実際に着ていたパン屋の衣装で登場すると、朝早くから集まったファンから大きな歓声が。深川は、「映画のまち“調布”でイベントをさせていただけて、とてもうれしいです! 1日店長を務めさせていただきます、よろしくお願いいたします!」と意気込みをにこやかに語った。

久しぶりにパン屋の衣装を着た感想を深川は、「映画の中でもこの制服を着てパンを作らせていただきました。撮影ぶりに着たんですけど、気持ちが引き締まって、あのときのいろんな気持ちが甦ってきました」と懐かしそうに語り、「パン屋の朝の仕込みを、ていねいにスピーディにやるのが難しかったです。パンに卵黄を塗るシーンでは、実際にお店の方に教えていただき、撮影に臨みました。レジ打ちは、学生のときのバイト経験が役に立ってよかったです!」と撮影の思い出を噛みしめるように語った。

また、作品について聞かれた深川は、「独特の恋愛感を持つ女の子が、ある日偶然ハツコイの人と再会して、気持ちに変化が起きていくいうストーリーなんですが、ふたりの距離感をモヤっとしながらも、あたたかく描いた作品になっています。終わったあと、パンが食べたくなると思います!」と映画の魅力を集まったファンに伝えた。

さらに、劇中で“たもつ”とパンを作るシーンについて、「一見、和やかで楽しいシーンに見えますが、ふたりとも内側に複雑な気持ちを抱えている。実はすごく切ないシーンでもあって、映画の代名詞とも言えるシーンになっています。モヤキュンが隠れているシーンになっていると思います」と話し、「偶然たもつに言われた言葉がぐさっときて、チョコペンが歪むというトラブルがあったんですが、監督がそのまま使ってくださったので、よく見ると動揺してます(笑)」と撮影秘話も披露した。

そして、この日の目玉でもある事前抽選で当選したファンに、オリジナルパンを直接手渡しでプレゼントするコーナーでは、聖母と呼ばれる深川ならではの“神接客”で、集まったファンは大いに満足している様子だった。

最後に、「映画全体を通して、今泉監督ワールドが溢れていて、ぐさっとくる言葉がたくさんあるんですけど、言葉と言葉の間の時間も、とても大切な時間になっています。ぜひその間の何もない時間も想像して観ていただけたら、うれしいと思います」と語り、イベントを締めくくった。


映画『パンとバスと2度目のハツコイ』作品サイト
http://www.pan-bus.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人