TWICE、『紅白歌合戦』の舞台となったNHKホールに凱旋! 新曲のライブ初披露も。「皆さんどうでしたかー?」

1月29日、TWICEがNHKホール(東京・渋谷)にて『TWICE SHOWCASE LIVE TOUR 2018 “Candy Pop”』の東京公演を行った。昨年末に初出場を果たしたNHK『紅白歌合戦』のステージでもあるここNHKホールに、約1ヵ月ぶりに舞い戻った。

場内が暗転すると、会場内は一気にボルテージが最高潮! オープニングは、ポップな赤い衣装を来たメンバーが、SHOWCASEタイトルにある様々なキャンディやお菓子に囲まれたり、おしゃれで可愛いTWICEの魅力が詰まった映像からスタート。場内は割れんばかりの歓声となる。

JAPAN 1stシングルとして多々の輝かしい記録を打ち出した「One More Time」。続けて2015年、世界にTWICEの名を知らしめた「Like OOH-AHH Japanese ver.」ではモモの見せ場のダンスが会場を沸かせた、そしてエッジなダンスで最高のパフォーマンスを魅せる。

全員による「One in a Million!TWICEです」というTWICEのお決まりの挨拶からMCがスタート。「ONCEの皆さん、今日は『TWICE SHOWCASE LIVE TOUR 2018 “Candy Pop”』へようこそ!」と日本人メンバーのサナから挨拶。覚えてきた日本語で他のメンバーも次々にお客さんに挨拶。

この日は全国でライブビューイングや映像収録も行っていたため、東京だけではなく全国でTWICE旋風が巻き起こった。

「去年2017年はONCEと分かち合いたいうれしいことがたくさんありました! まずは日本デビューすることができたこと、東京体育館で初めてのショーケースを行ったこと! そして、JAPAN 1stシングル「One More Time」でオリコン1位を獲得できたこと! さらに! 大晦日には『紅白歌合戦』にも出場することができたこと!」と2017年本当に大快挙を成し遂げた思い出と、感謝をトークにのせた。

暗転後流れてきたVTRは、今回のツアーにて初解禁した「Candy Pop」のカップリング「BRAND NEW GIRL」のミュージックビデオ。夢を抱えてそれぞれの道にまっすぐに進む女の子の友情を歌った、卒業がテーマの楽曲はこの季節にぴったりの1曲となっている。

そして2月7日にリリースされる「Candy Pop」では、メンバーカラーと白のスパンコールが組み合わさった衣装に着替えたTWICEが、パフォーマンスを本ツアーにて初披露。キャンディをつかむような振り付けや、ポップでかわいらしいダンスが特徴。そして「SIGNAL -Japanese ver.-」がスタート。

「Candy Pop」について「ライブで初披露しました! 皆さんどうでしたかー?」とお客さんの反応を聞く。10代の女性ファンを中心に歓声があがった。ジヒョは「初めてのパフォーマンスだからドキドキしました」とコメント。トークでもTWICEの仲睦まじい姿が会場を魅了させる。

さらにラストスパートでは熱気が最高潮に達し、2017年のトレンドとしてTTポーズが社会現象ともなった「TT -Japanese ver.-」のパフォーマンスでは、会場内とライブビューイングのお客さんがTTポーズ。日本全国が一体となった。

そしてTWICEのファンソング「ONE IN A MILLION」、新曲「BRAND NEW GIRL」も披露。初ツアー、初披露と初ものづくしで盛りだくさんの内容となった。

デビューからの人気曲から初披露の曲まで、盛りだくさんのライブ。2018年もアニメとのコラボからスタートするなど、まだまだ話題だらけのTWICE。2018年はどんな仕掛けを見せてくれるのだろうか。

PHOTO BY 田中聖太郎写真事務所


リリース情報

2017.12.20 ON SALE
DVD&Blu-ray『TWICE DEBUT SHOWCASE “Touchdown in JAPAN”』

2018.01.12 ON SALE
DIGITAL SINGLE「Candy Pop」

2018.01.24 ON SALE
DIGITAL SINGLE「BRAND NEW GIRL」
※LINE MUSICにて独占先行配信

2018.02.07 ON SALE
SINGLE「Candy Pop」


番組情報

MUSIC ON! TV(エムオン!)M-ON! LIVE TWICE『TWICE SHOWCASE LIVE TOUR 2018 “Candy Pop”』
04/29(日) ※時間未定


TWICE OFFICIAL WEBSITE
http://www.twicejapan.com


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人