“映画しまじろう”最新作で、AKB48樋渡結依、SKE48鎌田菜月、NGT48村雲颯香が声優初挑戦

2018.01.25

ベネッセコーポレーション『こどもちゃれんじ』の人気キャラクター“しまじろう”が活躍する、映画しまじろう『まほうのしまの だいぼうけん』が3月9日より全国公開される。

しまじろうの映画としては、第1弾『しまじろうとフフのだいぼうけん〜すくえ!七色の花〜』(2013年)から数えて6作目となるが、今回の映画は『こどもちゃれんじ』30周年を記念した、初の全編フルアニメーション作品となる。

今回の舞台は、魔法の島。春がこなくなってしまった魔法の島で、しまじろうたちが春を取り戻すため、力を合わせて大冒険を繰り広げる。みみりん、とりっぴい、にゃっきいといった仲間たちはもちろん、今回はしまじろうの映画としては初めて、お母さんの“さくら”も一緒に冒険に! 親子で一緒に楽しめる作品となっている。

その記念すべき作品に、このたびAKB48グループのメンバーによる声の出演が決定した。

東京・秋葉原のAKB48から樋渡結依(ひわたし ゆい)、名古屋・栄のSKE48から鎌田菜月(かまた なつき)、新潟のNGT48から村雲颯香(むらくも ふうか)の3名が、声優に初挑戦する。

3人が演じるのは、魔法の島の可愛い小さな魔法使い。3人とも幼いころに『こどもちゃれんじ』を受講しており、しまじろうとの楽しい思い出もいっぱい。『こどもちゃれんじ』の卒業生を代表して、30周年記念映画の声優に大抜擢された。

また、声優・歌手と多方面で活躍している水瀬(みなせ)いのりもしまじろう映画に初参加が決定。しまじろうが魔法の島で出会った見習い魔法使いの女の子・アウラを演じる。

先日解禁となった予告映像ではアウラの声を聞くことができるので、かわいくてパワフルなアウラにも注目だ。

(C)AKS

■AKB48 樋渡結依 コメント
小さい頃にしまじろうのCMに出演させていただいたこともあって、今回の映画出演はとてもうれしかったです。タイミングを合わせて台詞を言うのが難しかったけど、楽しくできました。こどもの頃に観ていた大好きなしまじろうたちの映画に、一緒に出られていることがなんだか不思議で、でもすごくワクワクしました。心が優しくなるお話で、最後はちょっと泣きそうになったくらいあたたかい気持ちになれます。ほしのステッキを使ってしまじろうを応援したり、一緒に歌を歌ったり、親子で楽しんでほしいです!

■SKE48 鎌田菜月 コメント
しまじろうのパペットと一緒にお風呂に入っていたくらい、小さい頃からしまじろうは大好きな存在でした。ずっと憧れだったしまじろうの世界に自分が入れるなんて、信じられないぐらいうれしくて…。そのぶん、緊張もありましたが、いつかやってみたかった声優のお仕事なので、楽しかったです。私は怒るシーンが多い可愛い小さな魔法使いの役を演じたんですが、自分はふだん怒ることがあまりないので少し難しかったですね(笑)。大切な人、家族と一緒に観てほしいです。映画の世界に入り込んで楽しんでください!

■NGT48 村雲颯香 コメント
子供の頃は、いつも姉と2人でしまじろうのパペットで遊んだり、何度もビデオを見たりしていたんです。とりっぴいが大好きでした! 声優は初めての経験ですごく緊張しました。声だけで表現するのが難しくて、歌を歌うシーンも初めはドキドキでしたが、最後は楽しく笑顔で歌えました。私が演じたかわいい小さな魔法使いは、見た目はもちろん、しゃべり方もとてもかわいらしいので、注目してほしいです。映画を観たみんなが真似してくれたらうれしいですね♪ ぜひ映画館でしまじろうたちと一緒に大冒険して、笑顔になってください!

■水瀬いのり コメント
自分が子どものときに観ていたしまじろうに、まさか参加することができるなんて夢のような出来事に感激でした! アウラはがんばりやさんで優しい女の子です! まだまだ魔法も上手に使えないところもありますが、あきらめない姿にきっと心を動かされるはずです! しまじろうたちの温かい物語に、たくさんたくさんいやされてください! ティンガリンガブー!!


映画情報

映画しまじろう『まほうのしまの だいぼうけん』
3月9日(金)より全国ロードショー
声の出演:南 央美、高橋美紀、山崎たくみ、杉本沙織、稲葉 実、井上喜久子
水瀬いのり、樋渡結依(AKB48)、鎌田菜月(SKE48)、村雲颯香(NGT48)ほか
監督:川又 浩、ヒロ高島
原作:ベネッセコーポレーション
配給:東宝映像事業部
製作:ベネッセコーポレーション、テレビせとうち、電通
(C)Benesse Corporation 2018


映画しまじろう『まほうのしまの だいぼうけん』作品サイト
http://shimajiro.jp/movie


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人