“酸欠少女”さユり、ミカヅキの“その先”へ繋がる新曲「月と花束」MV公開

2.5次元パラレルシンガーソングライター“酸欠少女”さユりが、ニューシングル「月と花束」(アニメ『Fate/EXTRA Last Encore』エンディングテーマ)を2月28日にリリース。このたび、そのミュージックビデオ(short ver.#1)が、さユりのTwitterにて公開された。

「月と花束」は、デビューシングル「ミカヅキ」から自分の居場所を探し続け、その航海と軌跡を詰め込んだ“酸欠少女の存在証明”となる1stアルバム『ミカヅキの航海』の発売など、楽曲リリースやライブ活動を経て、多くの酸欠世代との共鳴=自分と他者との繋がりの中で辿り着いた、さユりの“今”と、アニメ『Fate/EXTRA Last Encore』のサーヴァント・セイバーの主人公ハクノへの想いと繋がりがシンクロした、さユり第2幕の始まりの歌。

この「月と花束」の精神世界を、酸欠少女さユり、中2さゆり、20歳さゆりの“3人の酸欠少女”、それぞれのパラレルな世界がシンクロし、その精神がすれ違いながらも交錯しひとつになっていく、“あらたな酸欠少女の物語”として描かれたのが今回のミュージックビデオだ。

永遠の後悔をループする「弱さを許せる優しさを持つ」中2さゆりと、進むために強くなろうと中2さゆりから分裂した20歳さゆりの、“ふたりのさゆり”の精神世界が、交錯とすれ違いを繰り返す表裏一体の世界。

そして、その狭間で弱さを受け入れながらも、見上げるミカヅキの世界から、目の前の世界=それでもの先に強さを持って進もうとする、“酸欠少女”さユりが、多くの“酸欠世代”との共鳴や他者との繋がりを経て辿り着いた“決意”と“今立つ世界”。

この深淵なるふたつの世界がパラレルに進行し交わるさまを、アニメーションとCGと実写が交錯する新機軸の映像美で描いた一大絵巻となっている。

その結末は? その先の物語は? あるひとつの答えが描かれたラストシーンとは……? “それでもの先のラストシーン”を描くミュージックビデオ フルバージョンは、ニューシングルの初回限定盤に収録される。

また、「月と花束」特設サイトにてスペシャル企画もスタートし、予約会イベントも開催中。詳細は「月と花束」特設サイト、またはオフィシャルサイトをチェックしよう。


リリース情報

2017.05.17 ON SALE
ALBUM『ミカヅキの航海』

2018.02.28 ON SALE
SINGLE「月と花束」


さユり OFFICIAL Twitter ※「月と花束」MV(short ver.#1)はこちら
https://twitter.com/taltalasuka

さユり「月と花束」特設サイト
http://tsukitohanataba.sayuri-web.com

さユり OFFICIAL WEBSITE
http://www.sayuri-web.com/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人