「ドラマに出演するのは高校生以来」。花澤香菜、メ〜テレ『名古屋行き最終列車 2018』でボイメン小林豊と共演

1月29日に、メ~テレ(名古屋テレビ)にて放送される地域密着ドラマ『名古屋行き最終列車 2018』の第3話に、声優界でトップクラスの活躍をする花澤香菜がサプライズゲストとして出演する。

『名古屋行き最終列車 2018』は、名古屋鉄道を舞台にした人気ドラマ。今回、花澤は天然な明るさと強引さを持った、親しみやすい雰囲気の女の子、藤田未来役を演じ、人気アイドルグループ、BOYS AND MENの小林豊と共演する。

彼女の美しく澄んだ声は、実写ドラマでどう表現されるのか? お楽しみに。

なお、番組ホームページでは花澤香菜のインタビュー動画を公開中。こちらも要チェックだ。

■花澤香菜 インタビュー
Q:ドラマの出演オファーが届いたときの気持ちは?
劇場での舞台挨拶や、アーティスト活動のライブなどで、名古屋には何度も訪れています。私の幼なじみも名古屋で働いていて、すごく身近に感じている場所です。今回、メ~テレさんが制作するドラマに関われることに、ご縁を感じて、すごくうれしいです。ドラマに出演するのは高校生以来のことです。 そのときは、セリフが多い役ではなかったのでうれしく感じています。

Q:撮影現場の雰囲気はいかがですか?
すごく楽しいです。作品自体がコメディ調で、私の演じている藤田未来ちゃんという女の子のキャラクター性が面白くて、周りの撮影スタッフが笑いながら現場が進んでいって、すごく雰囲気がいいです。

Q:視聴者に どんなところを観てほしいですか?
電話のシーンでは、顔が見えないまま“ゆーちゃむ”さん(小林豊)と会話が続いていきます。そこのシーンは、声優の武器、言葉の情報量を詰めていこうと監督と話をしました。そういう作業を普段からしていますので、私の得意なところが出せるのかな、と思ったりします。電話のシーンは、普段、アニメで私の声を聞いてくださっている方は、おなじみだったりするかもしれないですけど、顔が出てきてからは新鮮だと思います。恥ずかしいですけど(笑)。名古屋に住んでいて、私を応援してくれている人たちに観てもらえることが、すごくうれしいです。

Q:撮影を終えた感想は?
ドラマ撮影はとっても新鮮でした。名古屋の土地で、私も実際に使っている駅の中での撮影や、一般のお宅に伺って撮影したことなど、すごく面白かったです。お芝居で表情を変えるときは、自分のセリフで変えなくちゃいけなくって、“ゆーちゃむ”さんがしゃべっているときに表情を変えても自分は画面に映らないですし。タイミングが難しくて、なんにも知らなかったなぁと思いました。特に“ゆーちゃむ”さんのドラマ初登場となる決めゼリフを誘発するシーンは必見です。楽しみにしていてください!

■小林豊 コメント
共演する花澤香菜さんとは同い年。花の平成元年生まれです。所作が美しく天然で、女の子らしい女の子。「いい声だな~、良く通る声だな~」って思いました。深夜の撮影では、眠くなってしまうといけないから、ビスケットだけ食べて我慢していたんですけど、花澤さんが「ゆー ちゃむさんが夜の撮影で頑張っているときに、私、ひつまぶしを、おなか一杯食べてましたよ」って、くすくす笑っていたので「嫌いだぁ!」って言っておきました(笑)。


番組情報

メ~テレ『開局55周年記念番組  メ~テレドラマ「名古屋行き最終列車2018」』
01/29(月)深夜00:20~00:50
放送エリア:東海地区ローカル(愛知・岐阜・三重)
出演者:小林豊(BOYS AND MEN) 花澤香菜 山西竜矢 六角精児
脚本:菊原共基
チーフプロデューサー:川本謙一
プロデューサー:神道俊浩
監督:平林克理
技術:恒川正次

【第3話あらすじ】
単独ライブを終えたボイメンの小林豊は、地元ということで、ひとり電車に乗って名古屋への帰途についていた。ファンからの手紙を楽しく読んでいると、プレゼントの袋に携帯電話が紛れ込んでいるのを発見する。落とし主の女性に、名古屋駅の忘れ物センターに届けてほしいと頼まれるのだが、小林は、何度も途中下車をしなくてはならない羽目になってしまう。果たして無事、携帯電話を名古屋駅に届けることができるのか!?


リリース情報

2018.02.07 ON SALE
花澤香菜
SINGLE「春に愛されるひとに わたしはなりたい」


ライブ情報

KANA HANAZAWA Concert 2018 “Spring will come soon”
02/10(土)東京・新宿文化センター


『名古屋行き最終列車 2018』番組サイト ※花澤香菜インタビュー動画はこちら
https://www.nagoyatv.com/nagoya_saishu2018/

花澤香菜 OFFICIAL WEBSITE
http://www.hanazawakana-music.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人