年明けに公開された早弾き動画に世界が驚嘆! 12歳(もうすぐ13歳)の天才ギター少女、ついに海外ライブが決定

2018.01.19

わずか8歳で投稿した超絶技巧のプレイ動画が世界中で話題を呼び、昨年3月、12歳にしてEP 『Serendipity/セレンディピティ』で全世界119ヵ国デビュー。そんな驚異のギタリスト、Li-sa-Xの初めての海外ライブがアナウンスされた。

1月25日〜28日の期間、アメリカはアナハイムで行われる世界最大の楽器ショー『The NAMM Show 2018』への参加が決定。ショーには、この期間、全世界から数多くのアーティスト、ミュージシャンが訪れ、新製品のPRにひと役買うと同時に、様々なライブやイベントが開催される。

Li-sa-Xも、彼女に使用機材を提供しているイタリアのアンプメーカーDV MARK社のブースにてデモンストレーション演奏を行うほか、期間中に行われるいくつかのライブに出演することが決まっている。

1月25日の夜には、『The NAMM Show』会場近くのライブハウスで行われるインターバルズ(今年、日本でもデビューが決まっているカナダ出身のアーロン・マーシャル率いるギターインストバンド)のオープニングアクトとして出演。このライブには昨年、Polyphia/ポリフィアの日本ツアーのオープニングアクトとして初来日を果たした、その完全無欠なスタイルから神業と称される早弾きギタリスト、ジェイソン・リチャードソンらも出演するなど、今話題のギタリストたちが集結する。

なお、今年早々、Li-sa-Xはジェイソン・リチャードソンの楽曲の中でも最も難しいとされる曲「Hos Down」のカバー動画を公開。全世界から、

「彼女の年齢以上にギターを弾いてきたけど、足元にも及ばない…」
「すごい! オレ、もうギターをやめる」
「君は未来だ!」

といった驚きと称賛のコメントが多数寄せられており、早くも期待が高まっている。

また、1月27日にはPolyphiaとの共演、そしてこちらもLi-sa-Xにエンドースしているアメリカの楽器関連グッズメーカー、GRUV GEARが主催する『GRUV LIVE』への出演が決定している。

昨年3月に、『セレンディピティ』で全世界119ヵ国デビューを果たしたLi-sa-Xは、海外では、TV出演・デモンストレーション演奏を除けば、オーディエンスの前でライブを行うのは今回が初めて。海外のファンも動画サイトでしか観たことのなかった彼女のプレイを生で目撃することになる。

Li-sa-Xは、2018年にオリジナル曲を中心とした1stフルアルバムをリリース予定。現在は学校に通いながらニューアルバムのための楽曲作りの毎日だという。今、最も忙しい中学一年生のひとりと言えるかもしれない。


リリース情報

2017.03.08 ON SALE
ALBUM『セレンディピティ』


Li-sa-X オフィシャルYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/tonchin1000

Li-sa-X OFFICIAL Facebook
https://www.facebook.com/lisaxguitar

Li-sa-X Sony Music Official Site
http://www.sonymusic.co.jp/artist/li-sa-x/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人