“バブリーダンス”で話題沸騰! あの登美丘高校ダンス部が、映画『グレイテスト・ショーマン』と感動のコラボ

夢と愛に生きた伝説のエンターテイナーの、映画史上最高にロマンチックな一途な愛と、ドラマチックな人生を描いた感動のミュージカルエンタテイメント『グレイテスト・ショーマン』が、2月16日に日本公開される。

そしてこのたび、アメリカ時間1月7日に行われた第75回ゴールデングローブ賞で「主題歌賞」を獲得した「This Is Me」を核とした、映画『グレイテスト・ショーマン』の日本での本格プロモ―ションが始動。

その第1弾を担うのは、今日本で最も熱い注目を集める大阪府立登美丘高校ダンス部の総勢72名の女子高生。昨年9月にYouTubeで「バブリーダンス」の動画が公開されるや否や話題沸騰し、1月15日までに再生回数38,73万9,117回を記録した登美丘高校ダンス部。YouTubeのトップトレンド動画にも選ばれ、国内外を問わず問い合わせが殺到し、昨年末の『日本レコード大賞』では荻野目洋子と、『紅白歌合戦』では郷ひろみとの共演を果たした。

その登美丘高校ダンス部が、年末年始をはさんで取り組んだのが『グレイテスト・ショーマン』の主題歌「This Is Me」のプロモーションビデオ。約1ヵ月の特訓を経て完成した映像がついに公開となった。

つねにオンリーワンを目指し、ほかの高校ダンス部とはまったく異なった表現を目指してきた登美丘高校ダンス部は、ありのままの自分らしく生きることを謳い上げた『グレイテスト・ショーマン』、そして「This Is Me」のメッセージに深く共感し、配給の20世紀フォックス映画のオファーを快諾。

ダンス部をコーチとして率いるakaneさんは、「ハリウッド映画のPR大使に選ばれたことは驚きでしかなかった。自分たちの頑張る姿が映画と重なるという説明を受け、ちゃんと自分たちのことを見てくれているということもうれしかった。生徒たちも自分たちが踊る曲の『This Is Me』を聴いて、うれしすぎたのか、ほとんどの子が泣いていました」と語っている。

あくまで学業を優先する登美丘高校ダンス部。撮影は冬休み中の1月6日に行われた。72名のダンス部員と撮影スタッフが集まったのは、隣県の和歌山市。市立和歌山高校を借りての撮影となった。

まだ夜も明けきらぬ早朝6時30分にダンス部全員が現場入り。移動車やドローンも駆使した12時間に及ぶ撮影は、渡り廊下、教室、屋上、グランド、体育館と校内をくまなく使って行われた。撮影の手応えをakaneさんはこう語る。

「これまでは“面白い”パフォーマンスをやってきましたが、今回は登美丘高校ダンス部としてあらたなテイストのダンスになりました。主役を演じた生徒の表情がだんだん明るくなっていくところに注目してください。それは彼女の力だけでなく、周りの生徒たちの協力もあってそうなりました。本気の大人の撮影スタッフの皆さんに力を引き出してもらい、感謝しています。良い経験をさせていただきました」

第2、第3の『グレイテスト・ショーマン』の大型プロモーションにも期待だ。

【映画『グレイテスト・ショーマン』について】
映画『グレイテスト・ショーマン』は、『レ・ミゼラブル』の歌声で世界中を魅了したアカデミー賞ノミネートのヒュー・ジャックマンが主人公・P.T.バーナムを演じ、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞を受賞したベンジ・パセックとジャスティン・ポールが音楽を手がける話題作。

その他キャストには、アカデミー賞ノミネートのミシェル・ウィリアムズ、ゼンデイヤ、ザック・エフロン、レベッカ・ファーガソン、そしてキアラ・セトル。日本の人気漫画『NARUTO -ナルト-』のハリウッド実写映画化でも監督を務める新鋭、マイケル・グレイシーがメガホンを取った。

外見や地位がどうであれ、ありのままの自分らしく生きようとする気持ちがあなたを輝かせる。バーナムがショーを通して観客に投げかけたメッセージを反映させたバラエティ豊かな9曲の楽曲がストーリーを彩り、歌やダンスの実力にも定評があるハリウッドを代表する豪華スターが集結した本作。『ラ・ラ・ランド』以降、ハリウッドのミュージカルブームが再燃するなか、映画史に残る、ゴージャスなオリジナルミュージカルの幕が、今上がる!


映画情報

『グレイテスト・ショーマン』
2月16日(金)全国ロードショー
監督:マイケル・グレイシー
出演:ヒュー・ジャックマン、ミシェル・ウィリアムズ、ザック・エフロン、ゼンデイヤ、キアラ・セトルイ
配給:20世紀フォックス映画
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation


『グレイテスト・ショーマン』作品サイト
http://www.foxmovies-jp.com/greatest-showman/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人