Chara、50歳記念ライブに長男・HIMI、長女・SUMIREが登壇。そして椿鬼奴の登場に涙。「やられた〜」

Charaが1月12日・13日の2日間にわたり、マイナビBLITZ赤坂にて、自身の生誕50年を記念したスペシャルライブ『Shut Up and Kiss Me! Chara’s 50th Birthday Blitz』を開催した。

女性2人組のSHOW GIRLSによるセクシーなパフォーマンスに続いてステージに現れたCharaは、19歳で作り、デビューのきっかけとなった「Violet Blue」を最後の1フレーズのみ歌唱し、一瞬の早着替えを成功させ、エレポップ「Sweet」でライブをスタート。

95年にリリースしたデビューシングル「Heaven」や大ヒット曲「やさしい気持ち」、最新アルバム『Sympathy』のリード曲で、岸田 繁(くるり)が手がけた「Tiny Dancer」に加え、YEN TOWN BANDの「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜」「上海ベイベ」など、約3時間で全20曲を甘くエモーショナルに歌い紡ぎ、満員の観客を魅了した。

歴代のオーロラバンドメンバーが集結した12人編成のスペシャルバンドを従えたライブの中盤には「私にいちばん影響を与えてくれるアーティストが歌ってくれるっていうので呼んでます」と紹介された長男のHIMIが登場し、新鋭R&Bシンガー、ダニエル・シーザー「We Find Love」をカバー。さらに、Charaの50歳の誕生日の当日である13日公演では、長女のSUMIREがサプライズで登壇し、花束を贈呈。Charaが「世界一の幸せ者だ。いい日だね、今日」と呟きながらバースデーケーキの火を吹き消すと、場内からは温かい拍手が沸き起こった。

また、アンコールでは芸人の椿鬼奴がポップアップで現れ、「Charaで〜す」と言いながら「やさしい気持ち」をモノマネでハスキーに熱唱。彼女の出演をまったく知らされてなかったCharaは「やられた〜」と戸惑いながら、「ありがとう」と目に涙を浮かべ、「長女がお腹にいるときに作った出発の曲」だという「Tiny Tiny Tiny」でスペシャルライブを締めくくった。

家族、仲間、スタッフ、大勢のファンに祝福されたChara はこれまでの人生を振り返り、「私も恋をしなかったら、すーちゃんもHIMIくんも生まれなかったね。曲も生まれなかった。ありがとう、音楽」と感謝の気持ちを述べた。なお、この模様は3月、BSスカパー! で独占放送される。

そして、マイナビBLITZ赤坂にて2日間開催された『Shut Up and Kiss Me! 〜Chara’s 50th Birthday Blitz〜』を終え、50歳の誕生日を迎えたCharaは50歳イヤーの象徴となる“Shut Up and Kiss Me!”を掲げ、『Shut Up and Kiss Me! 〜Sweet Soul Sessions Tour〜』の開催が決定。バースデーライブの12人編成のAurora Bandとは打って変わり、シンプルな編成で魅せるライブで、全国6ヵ所をめぐる。チャラモバ会員限定で、最速チケット先行受付中。

PHOTO:(C)Tomokazu Yamada

『Shut Up and Kiss Me! Chara’s 50th Birthday Blitz』
<セットリスト>
SE (Violet Blue)
M1 Sweet
M2 恋は目を閉じて
M3 Junior Sweet
〜MC〜
M4 いや
M5 ミルク
M6 大切をきずくもの
〜MC〜
M7 We Find Love
M8 Heaven
M9 70%-夕暮れのうた
M10 Tiny Dncer
M11上海ベイベ
〜MC〜
M12 勝手にきた
M13 しましまのバンビ
M14 タイムマシーン
M15 Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜
M16 罪深く愛してよ
M17 やさしい気持ち

En.1 Happy Toy
En.2 あたしなんで抱きしめたいんだろう
En.3 Tiny Tiny Tiny


Chara OFFICIAL WEBSITE
https://charaweb.net


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人