「こら!」エビ中・小林歌穂、6人体制になって初のイベントでファンを叱責。その理由とは?

私立恵比寿中学がパーソナリティを務める文化放送『私立恵比寿中学 放送部』の公開収録イベントが、1月14日、東京・よみうりランド 日テレらんらんホールにて開催。約1,000人のファンを前にラジオ収録が行われた。

『私立恵比寿中学 放送部』が公開収録を行うのは、今回で4回目。オープニングは真山りか、安本彩花、星名美怜がよみうりランドのマスコットキャラクター、ランドッグ(グッドくん・ラッキーちゃん)と息ぴったりの歌を披露した。

出演メンバーは公開収録では初となる私立恵比寿中学全員が集合。グループ6人体制になって初めてのイベント出演となった。

オープニングトークでは、公開収録前にメンバー全員でよみうりランドで遊んできた話を展開。ジェットコースターが苦手な柏木ひなた以外のメンバーが、よみうりランドの大型ジェットコースター“バンデット”に乗って楽しみ、その間柏木はマネージャーとふたりでゴーカートに乗っていたというエピソードを披露。エビ中らしい、ゆるゆるとしたトークから普段の中の良さが伺えた。

『放送部』ではおなじみのコーナー「エビ俳句」では、エビ中メンバーが「2018年の抱負」をテーマに俳句を詠み、安本が「十八年 それいけ6人 空を飛べ」と、6人でスタートした2018年の決意を発表。

公開収録で大好評の、会場にいるファン参加型のコーナー「クイズ!1000人に聞きました!」では、小林歌穂の「1月から始まった主演ドラマ『また来てマチ子の、もう恋はたくさんよ』を観ている人は立ってください!」という質問に、まだ観ていないお客さんがちらほら着席し始めると「こら!」と叱る場面もあった。

また、『エビ中放送部』の名物コーナーのひとつ、メンバーが様々な楽曲をカバーするコーナーより、2017年に披露したなかでとくにインパクトの強かった曲だけを集めたベスト盤を振り返る「あの歌声喫茶をもう一度!」。色とりどりなメンバーのカバー曲を振り返り、会場のお客さんの希望がいちばん多かった楽曲がその場で生披露された。

アドリブドラマコーナー「私立恵比寿中学 演劇部」では、よみうりランドにジャイアンツ球場もあるということから、演劇部でおなじみの作品『ツバメの星』を送った。野球というテーマからは想定外のアシカ2匹の登場や、メンバー対抗の野球対決が繰り広げられ会場は大いに盛り上がった。

聴きどころたっぷりの公開収録の模様は、1月26日からオンエアされる。お楽しみに。


番組情報

『私立恵比寿中学放送部』
<放送局および放送時間>
文化放送:毎週金曜21:30~
青森放送:毎週土曜19:00~
秋田放送:毎週日曜21:30~
北日本放送:毎週日曜20:30~
福井放送:毎週土曜21:00~
高知放送:毎週日曜23:30~
熊本放送:毎週木曜21:00~


リリース情報

2018.01.03 ON SALE
Blu-ray『エビ中 夏のファミリー遠足 略してファミえん in モリコロパーク 2017』

2018.01.11 ON SALE
DIGITAL SINGLE「日記」


『私立恵比寿中学放送部』番組サイト
http://www.joqr.co.jp/ebichu/

私立恵比寿中学 OFFICIAL WEBSITE
https://www.shiritsuebichu.jp/official/pc/


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人