男装ユニット・Vipera、新曲はSEAMO提供のド下ネタソング。「責任はとりません」(SEAMO)

今年6月にミニアルバム『Vipera』でメジャーデビューした噂の男装パフォーマンスユニット、Vipera(ヴァイパー)が、来年2月にリリースするメジャー1stシングルの表題曲を、あのSEAMOが楽曲提供とプロデュースを担当していることが明らかになった。

メンバーがファンの胸を揉む“パイタッチ会”を始め、異ジャンルアーティストとのイベントを積極的に行うなど、従来の男装グループにはなかった笑いや汚れの要素も含めた独自のキャラクターなだけに、今回のSEAMOとのコラボも充分に納得のいくところだ。普通の男性が歌うとヤバすぎる歌詞も、男装女子の彼らだから許される内容となっているとのこと。

12月6日に先行配信を開始した同シングルのカップリング曲「Honey Valley ~この世のすべては、そのオッパイ~」が、人気配信サイト『ドワンゴジェーピー』の週間シングルチャート(12月6日〜12月12日集計)で1位を獲得するなど、日増しに人気が高まっているVipera。SEAMOプロデュースによる「俺またやっちまった」の解禁にも期待が高まる。

Vipera・優弥 コメント
真剣に楽しいことを! 全力でバカを! 男装の枠にとらわれない個性派集団の我らVipera! 今回はなんとあのSEAMOさんに力を貸していただき、いろんな方々に怒られそうな曲が出来上がりました!!! 1度聴いたら忘れられない一緒に踊りたくなる中毒性のあるメロディー&聴けば聴くほど危険!? な歌詞に、ぜひ惹き込まれてください!

SEAMO コメント
最近ありがたいことに、曲のプロデュース依頼がよく来ます。ただ、基本は売れ線なもの、キャッチーなもの、「マタアイマショウ」のような曲…とかまあそんな感じだったりが多いんです。
ただ、今回の「Vipera」の曲の依頼は、「下ネタで振り切って下さい」……。
我が耳を疑いました。この人たち、頭おかしいのかな? と(笑)。
れっきとしたメジャーアーティストからこんなオファーが来るとは、いい時代になったなとも思いました。
もうこれはバブルの再来ですね。
確かに私の中でシーモネーターは重要なキャリアですが、ネーター自身でも最近はインテリジェンスな方向に向きつつあるなか、直球ど真ん中で下世話な曲は中々書いてないですよ。
しかし、そんな斬新なオファーと頑強な下ネタを受け入れることができるアーティストであるという「Vipera」のために重い腰を上げて、ラジオTVオンエアーを完璧に無視して、今作を全身全霊で精魂込めて10分で書き上げました。
絶対通らないだろう、良識のあるメジャーレコード会社なら絶対に止めてくれるであろう曲を、むしろ通ったらラッキー! ぐらいのテンションでバカなふりをして提出したら…本当にCDになってしまいました。責任はとりませんよ?(笑)
男装アーティストとして飛ぶ鳥を落とす勢いのViperaに、そのファンたちにとって、長くとは言わないです。一瞬だけでも愛される曲になったらうれし~もです。よろシコお願いします!!!


リリース情報

2018.02.07 ON SALE
SINGLE「俺またやっちまった」


Vipera OFFICIAL WEBSITE
http://jackpot-pro.net/vipera


[初回限定盤/CD+DVD]

[通常盤/CD]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人