ウォルト・ディズニー・ジャパン最新作『リメンバー・ミー』シシド・カフカが歌う日本版予告編公開

ウォルト・ディズニー・ジャパンの新作映画『リメンバー・ミー』が、2018年3月16日より全国公開される。

“おもちゃの世界”や“モンスターの世界”など、これまで誰も観たことがな い世界を舞台に数々の感動的な物語を生み出してきたディズニー/ピクサー。

このたび、陽気でカラフルな“死者の国”を舞台にした大冒険を描く最新作『リメンバー・ミー』の日本版予告編が完成した。

ミュージシャンを夢見る少年ミゲル がカラフルな“死者の国”に迷い込み、そこで出会ったガイコツのヘクターとの 冒険が描かれる本作。予告編ではシシド・カフカが歌う日本版エンドソング「リ メンバー・ミー」が挿入され、感動的なストーリーをさらに盛り上げている(webではシシド・カフカの歌声初披露となる)。

本作は11月22日に全米公開され、初登場第1位の大ヒットスタートを記録。映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では96%(12月4日現在)という高い評価を獲得し、“ピクサーのあらたな傑作誕生!”と言われている。

物語の主人公は、ミュージシャンを夢見る少年ミゲル。しかしミゲルの家は先祖代々<音楽>を禁じられており、 ギターを弾くことも許されなかった。家族に反対され「誰も分かってくれない…ただ音楽をやりたいだけなのに」と葛藤する気持ちを抱えたミゲルは、ある日憧れだった伝説の歌手デラクルスが自分の“ひいひいおじいちゃん”だと思い込み大興奮! デラクルスの霊廟に忍び込み、飾られていたギターを弾くと、突然カラフルで美しい“死者の国”に迷い込んでしまうのだった。

ミゲルは死者の国でデラクルスを探し、日の出までに帰らないと“永遠に家族に忘れられてしまう”という最大のピンチに……。そんな彼に手を差し伸べたのは、陽気なガイコツのへクター。へクターにもまた、「最後に一目だけでも家族に会いたい」という切なる思いがあり、ミゲルに“ある願い”を託したいと考えていた。ふたりは無事にそれぞれの家族と再会することができるのか? やがてふたりがたどり着くミゲルの“家族の秘密”とは? すべての謎を解く鍵は、デラクルスが歌う名曲「リメンバー・ミー」に隠されていた……。

本作で重要な鍵を握る楽曲「リメンバー・ミー」は、時を越えて家族をつなぐ奇跡の歌であり、ミゲルが大好きな曲。曲は「優しく見守り包み込む。また抱きしめるまで。リメンバー・ミー」という歌詞の通り、“たとえ離れていても、忘れない。家族はいつも繋がっている”というメッセージが込められている。『トイ・ストーリー3』も手がけたリー・アンクリッチ監督は「本当にすばらしく、人の心を掴んで離さない歌なんだ。楽曲『リメンバー・ミー』が劇中でどの ように展開されるのかを見てもらえれば、みんなが大好きになると思うよ」と自信たっぷりだ。

そして、主人公ミゲルの日本語吹替版声優には、13歳にして歌とダンスの才能を開花させている石橋陽彩(いし ばしひいろ)が決定。石橋はテレビ番組「『sing! sing! sing!』世紀の歌声!生バトル日本一の歌王決定戦」のジュニア部門でグランプリを獲得、また『カラオケ★バトル』U-18などの数々のテレビ番組に出演し、彼の歌声は人々の心を感動させる“奇跡の歌声”と絶賛されている。

演技も歌もこなす石橋は「ミゲル役に選んでいただきとてもうれしいです。僕もミゲルと同じように歌うことが大好きなので、大好きな曲『リメンバー・ミー』をたくさんの人に聞 いてもらえるようにがんばりたいです」と意気込みを語っている。

大人も泣けると大きな感動を生んだ『トイ・ストーリ ー3』のスタッフが再集結した感動の本作に期待が高まる。映画『リメンバー・ミー』は2018年3月16日より全国公開。


映画情報

『リメンバー・ミー』
同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』

2018年3月16日(金)全国公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


リリース情報

2018.03.14 ON SALE
Various Artists
ALBUM『リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック』


映画『リメンバー・ミー』作品サイト
disney.jp/Remember-me

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人