ジューシィ・フルーツが、まさかの34年ぶりのアルバムをリリース

「ジェニーはご機嫌ななめ」などのヒット曲で知られる、日本を代表するニューウェイブバンド、ジューシィ・フルーツが、2018年2月14日のバレンタインデーに、ニューアルバムをリリースすることが明らかとなった。

ジューシィ・フルーツは近田春夫のバンドだったBEEFを前身として1980年に結成。デビュー曲「ジェニーはご機嫌ななめ」は、テクノ風アレンジと、リードボーカル、イリアのファルセットボイスで注目され、オリコン最高位5位、37万枚のヒットを記録した。

その後も「恋はベンチシート」など数々のヒット曲を生むが、1984年に惜しまれながら解散。その後、2013年からジューシィ・フルーツとして単発的にライブ活動を再開し、当時からのファンだけでなく、新しいファンも増えるなか、11月5日に赤坂グラフィティにて行われた単独ライブにて、来年2月14日にニューアルバムをリリースする事を発表した。

アルバムのリリースは、1984年のラストアルバム以来、実に34年ぶり。この日スペシャルゲストとして参加した近田春夫がこのアルバムに新曲を書き下ろすこともあわせて発表され、超満員となった会場は大歓声に包まれた。


リリース情報

2018.02.14 ON SALE
ジューシィ・フルーツ
ALBUM『タイトル未定』


ジューシィ・フルーツ OFFICIAL WEBSITE
http://juicyfruits.jp.net/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事を書いた人