TERU(GLAY)、福島県復興支援によるサッカーのエキシビジョンマッチで大活躍!「持ってますね!」

2017.08.29

GAKU-MCが中心となって、2011年より続けているサッカーの「エキシビジョンマッチ」と『アカリトライブ』が8月27日に開催され、GLAYのTERUが出演した。

当日のピッチには13時からのキックオフに向け、ウォーミングアップを行う日本のサッカー界を代表するレジェンドたちが勢揃い。

ウォーミングアップを行う前のTERUからは「緊張するな……」のひと言。それもそのはずで、大勢の観客や同じチームでプレーする面々が日本を背負ってきた名プレイヤーたちとなれば当然である。

そしてウォーミングアップを終え、ついに選手入場。TERUの名前が呼ばれるとスタジアムからは大歓声が起きた。

スターティングメンバーとして出場したTERUは、福島県選抜の高校生から2点を取るなど大活躍。後半も途中出場し、アグレッシブなプレーを見せた。

過去3回行われたこの大会で、アーティストが1試合に2点を入れたのは初ということもあり、周りの選手たちからも「持ってますね!」などと声を掛けられていた。

そして18時からはGAKU-MC、HAN-KUN、そしてTERUによるスペシャルライブが開催された。

最初にGAKU-MCが自身のライブでステージを盛り上げ、次にはHAN-KUNによるライブでさらに会場は大盛況。

TERUの出番になると、GAKU-MCとサポートメンバーによる演奏が開始され、1曲目には先月リリースしたアルバム『SUMMERDELICS』から「the other end of the globe」で観客の心をしっかり掴みつつ、会場を盛り上げた。

そして、2曲目にGLAYの代表曲の一曲「HOWEVER」の前奏が流れると会場からは悲鳴にも似た歓声が上がり、また最後の歌詞では「やわらかな風が吹く 福島で」と福島を歌詞に入れTERUの遊び心に会場は魅了された。

そしてラストナンバーには「疾走れ!ミライ」を選択。間奏では、GAKU-MCのオリジナルのラップパートが入ったこの日だけの特別バージョンで披露し、TERUはステージを後にした。

最後にGAKU-MCのライブパートが再度行われ、アンコールではアーティスト全員揃って「希望のアカリ」を披露して、2017年の『アカリトライブ』は幕を閉じた。

公演終了後、TERUは「またこういったイベントに参加して復興支援を続けていきたいと」と語っていた。


リリース情報

2017.07.12 ON SALE
ALBUM『SUMMERDELICS』

2017.09.20 ON SALE
ALBUM『BELOVED Anthology』


ライブ情報

GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”
09/23(土・祝)新潟・朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
09/24(日)新潟・朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
09/30(土)大阪・大阪城ホール
10/01(日)大阪・大阪城ホール
10/07(土)宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
10/08(日)宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
10/21(土)広島・広島グリーンアリーナ
10/22(日)広島・広島グリーンアリーナ
10/25(水)東京・日本武道館
10/27(金)東京・日本武道館
10/28(土)東京・日本武道館
11/03(金・祝)北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
11/04(土)北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
11/11(土)神奈川・横浜アリーナ
11/12(日)神奈川・横浜アリーナ
11/15(水)大阪・大阪城ホール
11/16(木)大阪・大阪城ホール
11/25(土)福岡・マリンメッセ福岡
11/26(日)福岡・マリンメッセ福岡
12/09(土)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
12/10(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
12/16(土)愛知・日本ガイシホール
12/17(日)愛知・日本ガイシホール

GLAY ARENA TOUR 2017 “HAKODATE WINTERDELICS”
12/23(土・祝)北海道・函館アリーナ
12/24(日)北海道・函館アリーナ


『GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS』特設サイト
http://glay.jp/summerdelics

GLAY OFFICIAL WEBSITE
http://www.glay.co.jp/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人