CHEMISTRY、再始動後初シングルを11月にリリース。話題を呼んだ「ユメノツヅキ」も待望の音源化

2017.08.23

2017年にグループとしての活動を再開したCHEMISTRYが、再始動後初となるシングル「Windy / ユメノツヅキ」を11月15日に発売することが発表された。

表題曲の1曲「Windy」は、MBS・TBS・BS-TBSのアニメイズム枠で放送中のアニメ『将国のアルタイル』の10月期エンディングテーマに起用されることが決定している。

プロデュースと歌詞は、CHEMISTRYの“生みの親”である松尾 潔が担当。主人公の少年が出会いや別れ、過酷な戦いや裏切りに対峙しながら成長する姿を描くアニメの世界観にも寄り添いつつ、16年のキャリアを経て、一人ひとりがときに葛藤しながら大人の男性として進化し続けるCHEMISTRYから、同世代に向けた人生観が歌われたミドルチューンとなっている。

もう1曲の「ユメノツヅキ」は、初期CHEMISTRYを支えたクリエイター陣が15年を経て再集合して制作したナンバー。初期CHEMISTRYの楽曲タイトルが歌詞にちりばめられるなど、ファンを歓喜させて話題となった。今年2月に動画サイト限定でショートバージョンのリリックビデオが公開されていたが、今回がCD初収録となる。

本作は、初回生産限定盤(CD+DVD)、通常盤(CD)、期間生産限定盤(CD/『将国のアルタイル』描き下ろしジャケット)の3形態にて発売。

初回盤の付属DVDには、再始動の幕開けとして今春、2日間にわたって行われ、1万人を動員した東京国際フォーラム公演(3月1日公演)の映像を収録。約2時間半におよんだライブの模様がノーカットで、堂珍嘉邦、川畑 要による副音声付きで収録される。

また、すでにアナウンスされている12月から行われる5年半ぶりのワンマンツアーのタイトルが『CHEMISTRY LIVE TOUR 2017-18「Windy」』となることも発表された。


リリース情報

2017.11.15 ON SALE
SINGLE「Windy / ユメノツヅキ」


ライブ情報

CHEMISTRY LIVE TOUR 2017-18 「Windy」
12/04(月)神奈川・川崎市スポーツ 文化総合センター
12/05(火)東京・中野サンプラザホール
12/17(日)静岡・裾野市民文化センター 大ホール
2018年
01/07(日)埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
01/08(月・祝)愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
01/13(土)福岡・福岡国際会議場 メインホール
01/15(月)京都・ロームシアター京都 メインホール
01/16(火)滋賀・滋賀県立文化産業交流会館
01/27(土)宮城・仙台銀行ホールイズミティ21(大ホール)
02/02(金)福島・郡山市民文化センター 大ホール
02/04(日)千葉・君津市民文化ホール 大ホール
02/24(土)島根・島根県芸術文化センター「グラントワ」 大ホール
02/25(日)広島・JMSアステールプラザ 大ホール
03/03(土)兵庫・たつの市総合文化会館 赤とんぼ文化ホール 大ホール
03/04(日)大阪・オリックス劇場


番組情報

『将国のアルタイル』
MBS/TBS:毎週金曜26:25~
BS-TBS:毎週土曜24:30~
新潟放送(BSN):毎週水曜26:20~
※放送日時は変更となる場合がございます。
Amazonプライム・ビデオ:MBS/TBS放送後独占配信中


『将国のアルタイル』公式サイト
http://project-altair.com

CHEMISTRY OFFICIAL WEBSITE
http://www.chemistry-official.net/


(C)カトウコトノ・講談社/将国のアルタイル製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人