秦 基博、人気バラード「朝が来る前に」が話題の仏映画のイメージソングに!映画の本編フッテージを使用した新MVも解禁

秦 基博の楽曲「朝が来る前に」が、カテル・キレヴェレ監督の新作映画『あさがくるまえに』のオフィシャルイメージソングに決定した。

9月16日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開される映画『あさがくるまえに』は、前2作がカンヌ国際映画祭に正式出品された、フランスで今いちばんホットな女性監督・カテル・キレヴェレの最新作。

フランス国内で数々の文学賞に輝いたベストセラー小説を実写化したヒューマンドラマで、心臓移植という現実に直面した家族、恋人たち、医者たちの心の揺れや葛藤を、1日の物語として描写。

女性監督らしい繊細で情感豊かな映像と、医療の最前線のリアルな描写を通して、愛と喪失、そして再生の物語が綴られていく。

今回、オフィシャルイメージソングに起用された「朝が来る前に」は、秦が2009年1月にリリースした7thシングルの表題曲。

6月に発売され、ロングヒット中の『ALL TIME BEST ハタモトヒロ』にも収録されている、ファンの間でも人気の高いバラードナンバーだ。

テーマソング決定の情報解禁にあわせて、映画の本編フッテージを使用した「朝が来る前に」のあらたなミュージックビデオ「朝が来る前に -Avant l’aube -Reparer les vivants Ver.」が、オフィスオーガスタのオフィシャルYouTubeチャンネルで公開された。ミュージックビデオの監修はカテル・キレヴェレ、監督は須永秀明が務めた。
※「Reparer」の最初の「e」はアキュートアクセント付きが正式表記

なお、このミュージックビデオは、映画『あさがくるまえに』の公開初日となる9月16日から9月26日までの2週間、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田の最終回限定で上映される。

秦 基博 コメント
生と死。
僕らにとって、密接で、でもどこか遠いこのふたつのテーマが、監督の美しい視点によって切り取られ、観ているこの胸の中に、自然と染み込んできました。
改めて、「生きること」と「死ぬこと」を考える機会をくれる、そんな映画だと思いました。
自分の曲のタイトルとこの映画の邦題が同じという縁で、「あさがくるまえに」に出会えたことをうれしく思います。

カテル・キレヴェレ監督 コメント
今回のコラボは私にとってとても光栄なことです。
秦さんはたくさんの若者に影響力があります。
『あさがくるまえに』は、おそらくたくさんの若い人たちが関心を寄せる作品ではないと感じています。
若い人たちにたくさん見てもらいたいけど、それが困難なとき、どうすればいいのか。
私にとって、秦さんがこのコラボを受け入れてくれたことが、すなわち日本の若者に私の映画を観てもらう大きなチャンスになるかもしれません。
そういう意味でも、本当に秦さんに感謝いたします。


リリース情報

2017.06.14 ON SALE
ALBUM『All Time Best ハタモトヒロ』

2017.09.06 ON SALE
DIGITAL SINGLE「鱗(うろこ)‐岡崎体育Remix‐」


映画『あさがくるまえに』公式サイト
https://www.reallylikefilms.com/asakuru

秦 基博 OFFICIAL WEBSITE
http://www.office-augusta.com/hata/


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

M-ON! MUSICの最新情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人